115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−12月12日-01号

補助率が10分の8ということで、この模式図の説明でございますが、総事業費が282億円で右の2割はモノレール株式会社が負担する約56億円、それ以外の226億円について、8割が国庫181億円、2割が地方費ということで県、那覇市、浦添市で補助するという内容でございます。  以上が資料の説明でございます。  ご審議、よろしくお願いいたします。 ○委員長(前泊美紀)  これより質疑に入ります。  

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)-09月25日-01号

次に、8款2項1目、道路橋りょう総務費は、一般事務費や未買収道路用地取得事業などで、目の合計の支出済額は4,790万7,226円となっております。  次に、8款2項2目、道路維持費は、私道整備補助金道路維持管理事業、里道整備事業、自動二輪駐車場管理運営業委託であります。  各事業につきまして主な点をご説明いたします。  

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月24日-01号

調定済額226万5,204円に対しまして、収入額65万2,005円、不能欠損額45万9,249円、未収額115万3,950円、対調定収納率28.8%となっております。  続きまして下から4行目、市場使用料及び電気水道料相当損害金(滞納繰越分)につきましては、平成29年度決算時の市場使用料及び電気水道料相当損害金(現年度分)の未収額86万5,563円を調定すべきでしたが、未調定となっております。

那覇市議会 2019-06-07 令和 01年(2019年) 6月定例会-06月07日-目次

久 枝 議員 ……………………………………………………………… 203  ・中 村 圭 介 議員 ……………………………………………………………… 209  ・下 地 敏 男 議員 ……………………………………………………………… 214  ・大 山 孝 夫 議員 ……………………………………………………………… 218  ・上 原 安 夫 議員 ……………………………………………………………… 226

那覇市議会 2019-03-06 平成 31年(2019年) 3月 6日総務常任委員会(総務分科会)−03月06日-01号

続きまして、03職員手当等が226万の減となっております。これは、前年度当初に市民防災室が防災危機管理課へ組織改正に伴う減額でございます。事業費は、88万5,000円の減で、1,448万3,000円となっております。  続きまして、6ページのほうをごらんいただけますでしょうか。  印刷複写事務事業でございます。こちらのほうは、庁内印刷に係る事業予算でございます。

那覇市議会 2019-02-18 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月18日-02号

◎島袋弘樹 消防局長総務部参事監   中核市における平均の救急隊配置数は12.8隊で、平均出動件数は1万9,226件となっております。  那覇市は1万9,718件、平成29年度中ですが、以上です。 ○翁長俊英 議長   湧川朝渉議員。 ◆湧川朝渉 議員   再質問を行いたいと思います。  私は、現状のように全国でも第2位にある救急隊の出動件数、これを早急に改善しなければならない。

那覇市議会 2019-02-12 平成 31年(2019年) 2月定例会-02月12日-目次

・新 垣 淑 豊 議員 …………………………………………………………… 194 〇会議時間の延長 ……………………………………………………………………… 202  ・古 堅 茂 治 議員 …………………………………………………………… 202  ・湧 川 朝 渉 議員 …………………………………………………………… 216 〇散 会…………………………………………………………………………………… 226

那覇市議会 2018-12-17 平成 30年(2018年)12月17日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−12月17日-01号

これにより一般財源の負担額が1,226万9,000円となり、先ほどの基準を下回った、財政課の基準を下回ったことで、歳入のほうでは全額補正減とさせていただいたものであります。  続きまして、2段目、07款01項02目商工業振興費、26なは産業支援センター機能強化事業(駐車場整備)、整備事業であります。  

那覇市議会 2018-09-25 平成 30年(2018年) 9月25日総務常任委員会(総務分科会)−09月25日-01号

予算現額は3,226万2,000円に対し、調定額が2,344万1,000円であります。収入済額も調定額と同様でございます。  本補助金は不発弾処理に要した土のうや防護壁などの設置費用に対する国、県からの補助金でございます。  なお、平成29年度中における不発弾処理件数は、陸上で9件、海上で1件、計10件となっております。補助率は95%となっております。  

那覇市議会 2018-09-19 平成 30年(2018年) 9月19日建設常任委員会(建設分科会)−09月19日-01号

2目の合計、予算現額2億4,482万1,000円、支出済額2億3,460万7,226円、繰越額768万3,320円、不用額253万454円。不用額は実績による不用であります。  以降、主なものを説明させていただきます。  11節需用費、予算現額8,895万5,312円、支出済額8,266万5,948円、繰越額602万5,320円、不用額26万4,044円。

那覇市議会 2018-03-09 平成 30年(2018年) 3月 9日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月09日-01号

次に、第4款衛生費第1目保健衛生総務費の3番、一般事務費として1,226万5,000円を計上しております。  次に、第4款衛生費第4目母子保健費の5番、母子保健相談指導事業として親子健康手帳交付に伴う諸費用、専門職の報酬費、健康相談・教室等に要する費用に1,667万9,000円であります。  

那覇市議会 2018-03-08 平成 30年(2018年) 3月 8日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月08日-01号

◎クリーン推進課主査(伊佐真勝)  2月現在で、紙が12万6,900キロ回収、アルミが7,648回収、スチールが1,678回収、合計13万6,226キロ回収しています。  これに対して奨励金をお支払いしているんですけども、2月現在では、単価を掛けると、204万2,190円が2月までの実績になっております。

那覇市議会 2018-03-08 平成 30年(2018年) 3月 8日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−03月08日-01号

福祉政策課歳入合計は1,226万2,000円で、昨年度と比較しまして2,398万4,000円の減となっております。  減の理由といたしまして、昨年度は地域福祉基金の繰入金2,890万9,000円がございましたが、平成30年度は繰入金がございません。その他増分もございますが、繰入金がないことが主な理由となっております。  次に、科目について増減の大きいものについてご説明いたします。  

那覇市議会 2018-02-20 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月20日-03号

沖縄県によりますと、市長が就任された平成26年度の1人当たりの県民所得は約213万円、今年度は約226万円となっており、約13万円の増加の見込みとの発表がなされているものでございます。 ○翁長俊英 議長   徳盛仁市民文化部長。 ◎徳盛仁 市民文化部長   吉嶺努議員代表質問の1番目、施政方針についてのうち(3)から(6)について順次お答えします。  

那覇市議会 2017-12-15 平成 29年(2017年)12月15日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−12月15日-01号

まず、第3款民生費第1項社会福祉費の事業25、一時生活支援事業に係る費用について226万2,000円を増額補正いたします。  この事業は、ホームレスなど住居のない生活困窮者に対して、一定期間宿泊場所や衣食の提供を行い、日常生活の支援や社会的自立への支援、就労支援などを行うもので、委託により事業を実施しております。  

那覇市議会 2017-09-25 平成 29年(2017年) 9月25日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月25日-01号

この事業も、鏡原中学校校舎改築に伴い、備品購入費の226万7,911円を29年度に繰り越しました。  13ページに戻りまして、№8、小・要準等児童就学援助費は経済的理由で就学困難な児童保護者に、学用品費、給食費、修学旅行費などの経費の一部を援助する事業、並びに特別支援学級に在籍する児童生徒へ就学のために必要な経費の一部を補助し、特別支援教育の普及奨励を図る事業です。

那覇市議会 2017-09-22 平成 29年(2017年) 9月22日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月22日-01号

予算現額772万1,000円に対しまして、支出済額701万2,226円で、執行率は90.8%であります。これは、車載用大型ビジョンを各イベントで活用する事業でございますが、例えばクルーズ船が入港したときには、この大型ビジョンに多言語の歓迎の文字を出したりとか、もしくは、カメラがございますので、そのカメラでおりてくる皆さんの顔を撮って、その映像を流すとか、そういう形で活用させていただいております。

那覇市議会 2017-09-19 平成 29年(2017年) 9月19日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月19日-01号

総事業費支出額が226万3,941円となっております。  14目の01文化振興基金積立は利息分の5万9,908円を積み立てております。  最後に、20目の那覇市市民会館の建設基金積立金につきましても、利息分の453万4,445円を積み立てております。  平成28年度の文化振興課の歳出合計は、3億2,392万6,932円でございます。