110件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-11-28 令和 01年(2019年)11月定例会−11月28日-01号

第3款民生費は、12億1,206万2,000円の増額補正で、生活保護費等の増額等によるものであります。  第4款衛生費は、5,168万円の増額補正で、小児慢性特定疾病医療費事業等の増額によるものであります。  第9款消防費は、1,541万7,000円の増額補正で、那覇市コンビニAED設置支援事業等の増額によるものであります。  

那覇市議会 2019-11-28 令和 01年(2019年)11月定例会-11月28日-目次

千 尋 議員 ……………………………………………………………… 174  ・大 山 孝 夫 議員 ……………………………………………………………… 186  ・吉 嶺   努 議員 ……………………………………………………………… 195  ・小波津   潮 議員 ……………………………………………………………… 202  ・上 里 直 司 議員 ……………………………………………………………… 206

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月25日-01号

歳入の1行目、第1款後期高齢者医療保険料は26億8,994万9,284円で、前年度より1億3,041万7,206円の増額となっております。増加した要因としましては、国保加入者とは逆に、後期高齢者医療加入者が約700人増えたことなどが反映したものと考えられます。  次に8行目、第3款繰入金は6億6,454万6,894円で、前年度より1,064万5,465円の増額となっております。

那覇市議会 2019-09-20 令和 01年(2019年) 9月20日予算決算常任委員会−09月20日-01号

予算編成上、歳入予算歳出予算を同額にする必要があるため、この科目で調整し、補正後の額が11億8,206万1,000円となり、一般会計からの政策的繰り入れが別で10億円あるので、合わせて約22億円が現時点での単年度赤字額となっている、との説明がありました。  委員から、赤字額の今後の見通しについて、質疑ありました。  

那覇市議会 2019-09-17 令和 01年(2019年) 9月17日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月17日-01号

補正後の額が11億8,206万1,000円となり、一般会計からの政策的繰入が別で10億円ありますので、その額を合わせた約22億円が現時点での単年度赤字額となっております。  次に下の太枠、歳出予算についてご説明いたします。33行目、一般会計繰出金で229万7,000円の増額がございます。

那覇市議会 2019-06-13 令和 01年(2019年) 6月定例会−06月13日-02号

また、全駐車台数については、改定前は6,151台、改定後は7,206台となっており、約17%、1,055台増えております。  このことから、公園利用者以外の駐車を抑制することで、公園利用者の駐車環境が改善されたものと考えております。  公園利用者からは、公園を利用しやすくなったとの意見も多数あり、サービス向上につながっているものと考えております。以上です。 ○翁長俊英 議長   下地敏男議員

那覇市議会 2018-09-19 平成 30年(2018年) 9月19日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月19日-01号

ここで差額1,206万9,742円となっています。  差額が生じたことについて説明いたします。  国民年金事務交付金は人件費、物件費、協力連携費と細かく分かれており、国が決めた算定額、これは国民年金保険者数をもとに、地域指数などの調整係数を掛けて算定した額となります。  それと実際に市町村において支出した現に要した額を比較して、少ないほうの額が交付される交付金でございます。  

那覇市議会 2018-09-19 平成 30年(2018年) 9月19日総務常任委員会(総務分科会)−09月19日-01号

予算現額2,206万円、執行済額1,799万4,984円。執行率81.6%。  マイナンバー制度に対応するための基幹系システムの改修費が主な内容となっております。  委託料の執行率が71.2%となっているのは、マイナンバー制度に規定する情報連携に必要な既存システムデータ標準レイアウト改版に対応させるための改修に係る費用の執行残によるものです。  

那覇市議会 2018-06-15 平成 30年(2018年) 6月15日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−06月15日-01号

しかし実際に32都道府県206カ所では、日常生活用具として認められているというのもあるので、やはり実際に認めている全国の市区町村がどういう状況なのかというのもぜひ調べていただければありがたいなと思います。いかがですか。 ○委員長(多和田栄子)  松元課長

那覇市議会 2017-10-04 平成 29年(2017年) 9月定例会-10月04日-付録

  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │7│古 堅 茂 治  │1 浸水解消策│(1) 6月19日の206

那覇市議会 2017-09-22 平成 29年(2017年) 9月22日建設常任委員会-09月22日-01号

翌年度繰越額は8億3,206万6,280円となっておりますが、繰り越しの主な内容は、国の経済対策による補助金の追加内示を受けて、12月補正での予算確保に伴い適正な工期を必要としたため、繰り越しとなったものであります。  不用額が3,486万8,610円生じておりますが、主な内容は、建設改良費であります工事請負費及び職員給与費の執行残によるものであります。  

那覇市議会 2017-09-19 平成 29年(2017年) 9月19日総務常任委員会(総務分科会)−09月19日-01号

事業番号67、コンビニ交付導入事業、予算現額3,206万円、執行済額3,205万8,612円、執行率100%。マイナンバーカードを利用して、住民票の写し、印鑑登録証明書及び所得証明書等の証明書がコンビニエンスストアで取得できるコンビニ交付サービス平成28年10月から開始しました。コンビニ交付システムの構築に係る初期導入費及び使用料が主な内容となっております。  

那覇市議会 2017-09-15 平成 29年(2017年) 9月15日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月15日-01号

施設の経年劣化に伴う壁の剥離や手すりの外れ、多目的トイレの引戸修繕等に伴う費用を需用費として65万8,000円を増額し、次にサーバールームの廃止に伴うサーバー室内の廃棄物処理費用などとして委託料182万9,000円を増額、入居室の電子錠の経年劣化に係る交換費用等、備品購入費として206万1,000円を増額し、合計454万8,000円を増額補正するものであります。  

那覇市議会 2017-02-28 平成 29年(2017年) 2月28日総務常任委員会(総務分科会)-02月28日-01号

事業番号67コンビニ交付導入事業355万円を減額し、補正後予算額を3,206万4,000円といたします。13節の委託料が348万5,000円減額されております。突発的な回収等に対応するための追加回収費用を計上しておりましたが、執行残が見込まれる金額を補正でするものです。訂正いたします。補正後予算額が3,206万円です。失礼しました。  事業番号68は、金額が小さいので割愛いたします。  

那覇市議会 2016-10-12 平成 28年(2016年)10月12日建設常任委員会(建設分科会)-10月12日-01号

8款4項1目都市計画総務費、予算現額7億7,714万2,000円、支出済額4億1,908万4,980円、翌年度繰越額が3億5,599万1,000円、不用額206万6,020円、これは01から22までの事業を実施しておりますが、12総合公共交通推進事業や15沖縄都市モノレールインフラ外整備事業が主なものとなっております。  

那覇市議会 2016-09-29 平成 28年(2016年) 9月29日予算決算常任委員会−09月29日-01号

予算額213億206万4,000円、決算額210億854万4,000円、執行率は98.6%となっております。  以上が平成28年度那覇市一般会計補正予算(第4号)及び平成27年度那覇市一般会計歳入歳出決算における福祉部関係の主な概要でございます。  よろしくご審査くださいますよう、お願い申し上げます。 ○委員長(下地敏男)  大城弘明健康部長