144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

首里城火災では、消防局各課及び消防署の非番及び週休の職員を非常招集しており、本火災に対応した消防職員の総動員数は204人であります。  本火災は13時30分に鎮火に至りましたが、その後も残火処理や警戒活動等に従事したため、職員の活動時間は約16時間にも及んでおります。  火災発生当日における時間外勤務手当の合計額は、391万2,269円となっています。  

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月27日-01号

本市の平成30年度の実績といたしましては、申請1,204件に対し、14日以内が395件で32.8%、15日から30日までが731件で60.7%、31日以上は78件で6.5%となっております。  今後も、法定期限内の決定に鋭意努めてまいりたいと思っております。  次に、3つ目の就学援助の拡充のための手続の簡素化、支給項目及び額の増につきましては、教育委員会学務課長から説明いたします。

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月24日-01号

調定済額226万5,204円に対しまして、収入額65万2,005円、不能欠損額45万9,249円、未収額115万3,950円、対調定収納率28.8%となっております。  続きまして下から4行目、市場使用料及び電気水道料相当損害金(滞納繰越分)につきましては、平成29年度決算時の市場使用料及び電気水道料相当損害金(現年度分)の未収額86万5,563円を調定すべきでしたが、未調定となっております。

那覇市議会 2019-09-18 令和 01年(2019年) 9月18日総務分科会−09月18日-01号

その210件のうち、204件は戸籍相続人を確定して送付しました。その残り6件の中の5件は、他市町村に照会して回答待ち。残り1件が戸籍も追ったんですが、つながりが途絶えて今は追えない状況です。  額としては、8億4,793万円のうち7億3,884万1,511円が償還済みで、残っている額が1億825万1,489円となっております。 ○委員長(上里直司)  野原委員。

那覇市議会 2019-09-09 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月09日-03号

2019年度の税制改正では、給与収入が年204万円以下の人の住民税が2021年度から非課税になることが決定しました。  これに加え、19年度の臨時の予算措置として今年度に限り1万7,500円を児童扶養手当に上乗せをして支給する事業が、ことし5月から那覇市でも取り組まれております。  そこで、(2)未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時・特別給付金支給事業の概要及び対象と申請状況について伺います。  

那覇市議会 2019-03-06 平成 31年(2019年) 3月 6日建設常任委員会(建設分科会)-03月06日-01号

那覇空港周辺の住宅騒音防止工事、これは防音工事と更新工事がありますけれども、その助成を行う事業で、平成27年の5月に追加指定された騒音対策区域1,204世帯ありますけども、そこにおける対象住宅の防音工事と既存区域の防音機能の維持のための機器更新を行うものです。平成31年度は防音工事を87戸、更新工事を33台と予定しており、補助金額は1億6,363万2,000円を計上しております。  

那覇市議会 2019-02-27 平成 31年(2019年) 2月27日建設常任委員会(建設分科会)-02月27日-01号

環境保全課長(佐久本整)  27年に始まって1,204戸ということですけども、おおよそ4年間で割りながら進めてきましたけども、29年から希望調査を入れています。その中でおおよそ100戸近くが希望しないというのがあったりします。そのほかにも空き家であると。空き家であると工事ができませんので、そういったのが要因になっていてこういった数字になっております。 ○委員長(上原快佐)  糸数委員。

那覇市議会 2019-02-26 平成 31年(2019年) 2月定例会-02月26日-08号

その内訳といたしましては入居室使用料1,875万5,904円、駐車場使用204万6,000円。  昨年、那覇市IT創造館内に設立した沖縄ITイノベーション戦略センターに係る行政財産目的使用料576万4,815円となっております。  当該施設使用収入は、那覇市ITインキュベート施設運営事業費3,869万6,000円における財源の約7割を占めております。  

那覇市議会 2018-12-12 平成 30年(2018年)12月定例会-12月12日-05号

◎玉城義彦 都市みらい部長   モノレール交通広場には現在、赤嶺駅54台、小禄駅94台、おもろまち駅204台など、本市及び県管理の13駅において、予定を含めて700台の駐輪場を整備しております。なお、モノレール延長事業に伴い新設するモノレール石嶺駅では98台の駐輪場の整備を予定しております。  また、那覇バスターミナルにおいては70台の駐輪場を整備しております。

那覇市議会 2018-10-03 平成 30年(2018年)10月 3日予算決算常任委員会−10月03日-01号

次に、防音工事において、全体で1,204戸の物件があり、昨年度の259戸を合わせた全体で727戸が実施済みである。なお、空き家等については工事の対象外で164戸ある。この164戸と実施済件数727戸の合計が891戸となり、全体の74%となる。残り26%について希望調査を行っており、今後希望するが106戸の約8%、希望しないが84戸の7%、それ以外は未回答、または検討中である。

那覇市議会 2018-09-10 平成 30年(2018年) 9月定例会−09月10日-03号

◎屋比久猛義 教育委員会生涯学習部長   通学路となる道路沿いにある学校ブロック塀については、小学校の延長が1,177メートル中学校の延長が566メートル幼稚園の延長が225メートル認定こども園の延長が204メートルであり、道路沿いにある学校施設等のブロック塀の総延長は2,172メートルとなっております。 ○翁長俊英 議長   當間安則議員

那覇市議会 2018-03-08 平成 30年(2018年) 3月 8日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月08日-01号

これに対して奨励金をお支払いしているんですけども、2月現在では、単価を掛けると、204万2,190円が2月までの実績になっております。ほぼ量的には去年と同じぐらいの数字なんですけども、当初予算は多めに予算要求したので、2月に減額をしているという状況です。 ◆委員(奥間亮)  4万円。年間。 ◎クリーン推進課主査(伊佐真勝)  累計は13万6,226キロです。