運営者 Bitlet 姉妹サービス
56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-02-23 那覇市議会 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月23日-06号 内閣官房長官、自民党本部幹事長を歴任されました元衆議院議員、野中広務先生が去る1月26日に他界されました。心から哀悼の誠を捧げたいと存じます。  1997年に沖縄の基地問題に絡む米軍用地特別措置法改正案の衆院本会議採決におきまして、野中先生が述べたことは、「この法律が沖縄県民を軍靴で踏みにじるような結果にならないように大政翼賛会的のようにならないように若い方々にお願いしたい。」と発言されました。 もっと読む
2017-03-09 名護市議会 平成29年第186回名護市定例会-03月09日−05号 そのときに…皆さんもある記憶にあると思いますけれども、野中広務委員長です。この本会議での委員会報告の最後に、こんなことを話しています。「この法律がこれからの沖縄県民の上に、軍靴で踏みにじるような結果にならないことを、そして私たちのような古い苦しい時代を生きてきた人間は、再び国会の審議が、どうぞ、大政翼賛会のような形にならないように若い皆さんにお願いをして、私の報告を終わります」と言っています。 もっと読む
2017-03-09 名護市議会 平成29年第186回名護市定例会-03月09日−05号 そのときに…皆さんもある記憶にあると思いますけれども、野中広務委員長です。この本会議での委員会報告の最後に、こんなことを話しています。「この法律がこれからの沖縄県民の上に、軍靴で踏みにじるような結果にならないことを、そして私たちのような古い苦しい時代を生きてきた人間は、再び国会の審議が、どうぞ、大政翼賛会のような形にならないように若い皆さんにお願いをして、私の報告を終わります」と言っています。 もっと読む
2015-07-15 読谷村議会 平成27年第441回読谷村議会臨時会会議録-07月15日−01号 去る先週の日曜日、7月5日の朝6時の時事放談、野中広務元自民党幹事長、それから古賀誠元自民党幹事長、古賀先生は先日まで日本遺族会の会長もしておりました。お二人の時事放談、たまたま私、見る機会がございまして、昨今の事象についてのお話をしております。その中で野中先生が申したのが、沖縄サミットに触れまして、そのときに時の森総理が自分の郷土に帰ったときに、沖縄の2つの新聞はけしからんという表現をしたと。 もっと読む
2015-03-20 那覇市議会 平成 27年(2015年) 2月定例会-03月20日-付録 野中広務元官房長│ │ │       │       │  官は、「沖縄に対する差別が繰り返し行われ│ │ │       │       │  るのかと残念でならない。絶対に許すことは│ │ │       │       │  できないことだ。長年にわたり基地を支えて│ │ │       │       │  きた県民の痛みが分からない政治だ。 もっと読む
2015-02-24 那覇市議会 平成 27年(2015年) 2月定例会-02月24日-04号 また、去る15日放送のTBSの朝の番組に出演した元内閣官房長官、元自民党幹事長の野中広務先生は、安倍首相の今国会における施政方針演説について、次のように述べておりました。「私が中学生の頃、昭和16年に東条英機首相が大政翼賛会の国会演説のラジオ放送を耳にしたときの感じと変わらない」「重要な部分に触れないで、非常に勇ましい感じで発言された」と述べていました。   もっと読む
2015-02-20 那覇市議会 平成 27年(2015年) 2月定例会-02月20日-02号 野中広務元官房長官は、「沖縄に対する差別が繰り返し行われているのかと残念でならない。絶対に許すことはできないことだ。長年にわたり基地を支えてきた県民の痛みがわからない政治だ。強く憤慨している」と、15日放送のテレビ番組で厳しく批判しています。公職にある翁長知事を冷遇する安倍自公政権の対応について市長の見解を伺います。   もっと読む
2014-06-13 糸満市議会 平成26年第2回糸満市議会定例会会議録-06月13日−03号 元自民党の加藤紘一氏や野中広務氏、古賀誠元幹事長とかも含めて、この集団的自衛権の問題に関しては勝手に解釈をしていくということについては、立憲主義の否定に当たるのだということで批判をしているわけです。少なくともこの集団的自衛権行使については立憲主義の否定だと市長は思いませんか、どうでしょうか、もう一度伺います。 ◎市長(上原裕常君) 再質問にお答えいたします。   もっと読む
2014-06-13 糸満市議会 平成26年第2回糸満市議会定例会会議録-06月13日−03号 元自民党の加藤紘一氏や野中広務氏、古賀誠元幹事長とかも含めて、この集団的自衛権の問題に関しては勝手に解釈をしていくということについては、立憲主義の否定に当たるのだということで批判をしているわけです。少なくともこの集団的自衛権行使については立憲主義の否定だと市長は思いませんか、どうでしょうか、もう一度伺います。 ◎市長(上原裕常君) 再質問にお答えいたします。   もっと読む
2014-06-13 豊見城市議会 平成26年第3回豊見城市議会定例会会議録-06月13日−04号 改憲論者の小林節慶応大名誉教授や第一次安倍内閣で官房副長官補を務めた元防衛官僚の柳沢協二氏、加藤紘一氏や野中広務氏など、歴代の自民党幹事長や歴代の内閣法制局長官なども反対の論陣をテレビや新聞で表明しています。市長は、憲法の平和主義を骨抜きにする集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈の変更に賛同するのか、反対なのか、見解を伺います。   もっと読む
2013-12-12 名護市議会 平成25年第173回名護市定例会-12月12日−05号 成立した特定秘密保護法案に対して、これまた自民党の長老である野中広務氏、古賀元幹事長などから苦言が呈され、彼らをして今の自民党は昔の自民党とは変わったと嘆き、そのような言葉が今、上がってきております。安倍内閣は今、アメリカ追随の軍事国家に向けて独裁体制を築くことを考えていたのではないかと思われます。安倍内閣の成立時に安倍首相の奥さんが、次のようなことを言っていました。 もっと読む
2013-12-10 名護市議会 平成25年第173回名護市定例会-12月10日−03号 それから米軍用地特別措置法の改正、そのときには野中広務元官房長官、そのとき長官をやっていたかどうかはちょっと覚えてはいないんですけれども、その野中さんがお話しした言葉に、沖縄県民を軍靴で踏みにじるような結果にならないように、再び大政翼賛会のような形にならないようにということを野中さんがお話をしていますけれども、現実の政府の動きはそれを思い起こさせるような状況になっているというのも、大変心配であります もっと読む
2013-12-10 名護市議会 平成25年第173回名護市定例会-12月10日−03号 それから米軍用地特別措置法の改正、そのときには野中広務元官房長官、そのとき長官をやっていたかどうかはちょっと覚えてはいないんですけれども、その野中さんがお話しした言葉に、沖縄県民を軍靴で踏みにじるような結果にならないように、再び大政翼賛会のような形にならないようにということを野中さんがお話をしていますけれども、現実の政府の動きはそれを思い起こさせるような状況になっているというのも、大変心配であります もっと読む
2013-08-12 名護市議会 平成25年第255回名護市臨時会-08月12日−01号 要するに今、オスプレイの配備について自由民主党の幹事長だった野中広務さん、絶対にさせてはならないと強く新聞でもおっしゃいました。たとえ自由民主党であっても、こういう、本当に市民の生命、財産が危険にさらされている問題については、はっきりと言うべきなんです。ましてや名護市議会議員でしょう。そういったことからすれば、イデオロギーで対応するんじゃなくて、原点に戻ってやってほしい。 もっと読む
2013-03-28 豊見城市議会 平成25年第2回豊見城市議会定例会会議録-03月28日−05号 まず、紹介したいのは、自民党の幹事長経験がある野中広務元官房長官が、16日の午後、長崎の原爆資料館で、「今、日本を憂う」との講演で1時間40分、熱弁をふるっております。憲法96条の憲法改正要件を緩め、さらに自衛隊を国防軍にすることをねらう安倍改憲構想や米軍機オスプレイが四国上空を飛行している現状に触れ、「今の日本のあり方が私には本当に恐ろしい。マスコミもこの動きに追随しているのではないか。 もっと読む
2012-12-12 豊見城市議会 平成24年第6回豊見城市議会定例会会議録-12月12日−04号 県民に対して後世、特別のご配慮をしてくださいますよう」という電文でございますが、やはり戦後それを受けて、これまで歴代の総理、大臣、名前を挙げますと、山中貞則先生、橋本龍太郎先生、小渕恵三先生、野中広務先生、ほかにもいますけれども、この名前を読み上げました、その中でご健在は野中広務先生であります。 もっと読む
2011-09-14 嘉手納町議会 平成23年  9月 定例会(第41回)-09月14日−02号 橋本・小渕時代には、梶山静六氏、野中広務氏と戦争を体験してこられて、沖縄に熱い思いを持っておられた政治家が当時の自民党、そして政府の中枢の中にいらっしゃいまして、その方々の鶴の一声で沖縄県には多額の予算がついてきたと思います。もちろん嘉手納町の再開発事業も、その一つだったと思います。 もっと読む
2011-06-20 那覇市議会 平成 23年(2011年) 6月定例会−06月20日-03号 当時の有馬文部大臣、野中広務官房長官は、式典において起立する自由、起立しない自由、歌う自由、歌わない自由があると公言しています。2004年の園遊会では「強制にならないのが望ましい」という天皇発言もありました。大阪府で府教委も異論を唱え、自民・民主・公明などの反対を押し切って、君が代起立条例が可決されましたが、那覇市立小中学校において。 もっと読む
2010-03-23 宮古島市議会 平成22年  3月 定例会(第2回)-03月23日−08号 また、国営地下ダム第2期工事についてでございますが、鳩山由紀夫政権下になって土地改良予算に何か目がつけられているというのかね、小沢一郎幹事長が全国土地改良事業団連合会会長、野中広務元自民党幹事長をやり玉に上げているのかなと言われる節も見受けられております。 もっと読む
2010-03-23 宮古島市議会 平成22年  3月 定例会(第2回)-03月23日−08号 また、国営地下ダム第2期工事についてでございますが、鳩山由紀夫政権下になって土地改良予算に何か目がつけられているというのかね、小沢一郎幹事長が全国土地改良事業団連合会会長、野中広務元自民党幹事長をやり玉に上げているのかなと言われる節も見受けられております。 もっと読む