運営者 Bitlet 姉妹サービス
9274件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月26日-09号 当局から、調理室は調理器具が備えられた施設になっているため、調理以外での利用は把握していないが、観光協会からの提案で、外国人の観光客向けに、例えば公設市場で食材を購入して調理室で沖縄独特の調理ができないかというアイディアをいただいており、次の指定管理者と今後の調整となっている。   もっと読む
2018-12-26 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月26日-付録 に│(1) 本市が管理している識名園では、観光客が│ │ │       │ ついて   │  訪れても土産物店など、買い物を楽しむ場が│ │ │       │       │  ない。 もっと読む
2018-12-21 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月21日予算決算常任委員会−12月21日-01号 当局の説明を受け、委員から、予備費から充用した主な事業について質疑があり、当局から、2018年度では主に不発弾関連の処理で2,700万円余り、また、ことし上旬、台湾からの観光客の方を発端として全県的に広がった麻しんの予防接種に対応する経費で860万円余り、その他緊急修繕など715万円余りが大きな経費となっているとの説明がありました。  次に、企画財務部資産税課関係分について申し上げます。   もっと読む
2018-12-21 沖縄市議会 第399回 沖縄市議会定例会-12月21日−08号 それは沖縄における基地の悲しい歴史的背景や、戦後復興から現在の観光立県に至るまでのさまざまな経緯を鑑みるに、そこには基地問題を含む複雑な県民感情が確かに存在しているからであります。真に民意を問うというのであれば、正々堂々と県民の複雑な感情も反映できるよう選択肢の幅を広げるべきでありました。   もっと読む
2018-12-20 沖縄市議会 第399回 沖縄市議会定例会-12月20日−07号 最近は沖縄県の入域観光客数も大分増加しておりまして、そういう中で、いわゆるリピーターというのですか、初めて来た方は、リゾート地に行ったり、首里城ですとか、美ら海水族館に行かれるとは思うのですが、2回目以降の方はよりディープなところを求めて観光に来るわけです。 もっと読む
2018-12-18 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月18日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−12月18日-01号 さらに、文化芸術の力を生かし、中心市街地の活性化を図るとともに、観光や経済のみならず、教育や福祉分野も含め、いろいろな分野への波及効果も期待できるものと考えております。   もっと読む
2018-12-18 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月18日教育福祉常任委員会−12月18日-01号 ◎都市計画課長(島袋正吾)  11、高齢者の日常生活を支える交通網の整備についてですが、那覇市都市計画におきましては、平成31年度に交通、まちづくり、観光、福祉など、本市全体を見渡した面的な公共交通ネットワークを一体的に形づくる地域公共交通網形成計画を策定する予定であります。   もっと読む
2018-12-17 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月17日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−12月17日-01号 今ちょっと考えているところはですね、例えば調理室を、調理する方だけにそのまま貸し出すような受け身型のような扱い方ではあったんですけども、今般、今アイデアで出ているのが、例えば外国人の観光客向けに沖縄の料理を、例えば公設市場で食材を買ってきて調理室で調理をして、ゴーヤーチャンプルーをつくるとか、そういう沖縄独特の調理をできないかというのを今、観光協会からも案をいただいているところです。   もっと読む
2018-12-17 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月17日-08号 ─────────────────── 〇欠席議員(1人)  小波津   潮 議員 ──────────────────── 〇説明のため出席した者の職、氏名  城 間 幹 子  市長  久 高 將 光  副市長  知 念   覚  副市長  上 地 英 之  政策統括調整監  渡 口 勇 人  総務部長  仲 本 達 彦  企画財務部長  徳 盛   仁  市民文化部長  名嘉元   裕  経済観光部長 もっと読む
2018-12-17 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月17日総務常任委員会(総務分科会)−12月17日-01号 次に、事業30高度救命処置シミュレータ整備事業ですが、救急救命士の特定行為の処置拡大に伴い、救急隊員の手技、質を担保し、市民、観光客等が安全安心なまちづくりを目的に、必要不可欠な高度救命処置シミュレータ訓練人形が配置されていない神原分署に設置するため、不足分の368万6,000円を増額補正するものでございます。  以上が救急課所管分の説明となります。 もっと読む
2018-12-14 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月14日−05号 農業委員会事務局長呉屋邦広産業観光課主幹玉那覇敦也上下水道課長宮城 哲会計課長兼 会計管理者與那嶺 武文化課長新城 武教育総務課主幹飯島正仁生涯学習課長呉屋寛文   ○議長(大城好弘)   おはようございます。 もっと読む
2018-12-14 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月14日-07号 次に、2.観光行政について。  沖縄県が観光収入、観光客数ともに過去最高を更新中であります。県は2021年度までに観光客数1,200万人、観光収入1兆1,000億円を目指しております。現状はあくまでも通過点にすぎないという見方であります。そこで質問いたします。  (1)観光振興策の現状と当面の重点目標を伺います。  (2)インバウンド戦略の現状と課題を伺います。   もっと読む
2018-12-13 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月13日-06号 ○翁長俊英 議長   名嘉元裕経済観光部長。 ◎名嘉元裕 経済観光部長   お答えします。  現在の第一牧志公設市場の2階に設置しているトイレにつきましては、公設市場周囲の商店街において公衆用トイレが不足していることから、公設市場への来訪者のみならず、多くの観光客や車椅子の方々などが利用する公衆用トイレとして提供しております。   もっと読む
2018-12-13 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月13日−04号 例えば、観光振興策で一括交付金の可能性はないのかどうか、お伺いをいたします。  B展望休憩室(食堂、喫茶店)、それから展示場(文化財等)等の施設整備の可能性はないのかどうかついてお伺いいたします。  最後の(3)保栄茂非農用地内の農道整備についてでございます。   もっと読む
2018-12-12 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月12日-05号 ○翁長俊英 議長   名嘉元裕経済観光部長。 ◎名嘉元裕 経済観光部長   不法に投棄されている大型看板を初めとする広告物の対応につきまして、観光行政の観点からお答えいたします。  めんそーれ那覇市観光振興条例に掲げる良好な観光環境の維持を目的とし、国際通りや沖映通りにおける看板等の違法な設置行為など条例で定める迷惑行為防止のため、迷惑行為等防止是正指導員が巡回指導を行っております。   もっと読む
2018-12-12 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月12日−03号 (5)観光防災について。  都市公園等、地域住民、観光客等が避難可能な場所において、観光防災の観点からライフラインを施設に整備する必要があるが、見解を伺います。 ◎総務課長(安谷屋元)  おはようございます。お答えいたします。  災害時の避難施設は、命を守るため避難する公園やグラウンド等の指定緊急避難場所と被災後、生活のかわりとなる学校や公民館等の指定避難所がございます。 もっと読む
2018-12-12 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 農業委員会事務局長呉屋邦広産業観光課主幹玉那覇敦也文化課長新城 武教育総務課主幹飯島正仁   ○議長(大城好弘)   これから本日の会議を開きます。 もっと読む
2018-12-11 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号 ○議長(大城好弘)   産業観光課長。 ◎産業観光課長(呉屋邦広)   お答えいたします。  45歳未満となっております。 ○議長(大城好弘)   18番前里光信議員。 ◆18番(前里光信議員)   若い人たちがしっかりとやっていく。 もっと読む
2018-12-11 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月11日-04号 ○翁長俊英 議長   名嘉元裕経済観光部長。 ◎名嘉元裕 経済観光部長   市内漁協や県漁連に確認いたしましたところ、現時点において大きな影響はないものとお話を伺いました。   もっと読む
2018-12-11 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月11日−02号 観光税で新たな財源づくりについてでありますが、本市では瀬長島や豊崎の観光施設開発により年々観光客数が増加し、昨年度、瀬長島の来島者が約288万人となり、首里城公園地区に匹敵するほどになっております。今後、豊崎観光関連用地に大型ホテルや大型商業施設、水族館などが2020年度以降に順次開業予定で、今後も観光客数が増加すると思われます。 もっと読む