運営者 Bitlet 姉妹サービス
935件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月11日−02号 基地は全国民が等しく、その負担軽減に努めるべきであり、そのことから辺野古への新基地建設は絶対につくらせない、つくってはならないという考えで人の痛みが分かる人間。それは教育や福祉といった、市政を行う上で大変必要なことだと考えております。そして何よりも、故翁長雄志前知事の意思も受け継いでおりますので、建白書の実現を目指しながら、豊見城市からも行動を進めていきたいと考えております。 もっと読む
2018-10-16 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-10月16日−04号 ◆17番(城間真弓)  今回の事件は、子を持つ母としても、被害者の恐怖、そして心の痛みを思うと想像を絶するものがあります。ここ読谷村においても、基地との共存がある以上、このような事件が再び起きる可能性は高いと言えます。これからもこの沖縄の不条理な状況を踏まえた上で、これ以上の基地機能強化を村政として許す事なく、平和の村としてのモデルとなるように全力を挙げてもらいたいと思います。   もっと読む
2018-06-25 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月25日−07号 裏には米軍基地受け入れの「痛み」がある。再編交付金が市民の生活を助ける役割を果たし続けたとき、支援継続と同時にさらなる「痛み」を迫られることはないだろうか。一番怖いのは再編交付金を受給している感覚を失うことだと思った。麻痺が「痛み」を気付かなくさせる。嗅覚を失った4日間でにおいの感覚は変わらなかった。 もっと読む
2018-06-15 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月15日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−06月15日-01号 修理していないものも、これ以上痛みが進行していかないようにそのまま箱に入れて、現在保存をしております。  以上です。 ○委員長(平良識子)  大山孝夫委員。 ◆委員(大山孝夫)  ぜひとも大切に、二度と同じものはないと思いますので。  あともう一個、これデジタル保存とかはしてるんですかね。 ○委員長(平良識子)  外間主幹。 もっと読む
2018-06-13 浦添市議会 平成30年  6月 定例会(第185回)-06月13日−05号 現在は、教室終了後のアンケートを実施することで、主観的な健康状態などの改善を中心に確認し、「息切れをしなくなった」、「肩・腰・膝などの痛みが軽減した」、「体が柔軟になった」、「階段の上り下りが楽になった」など、体調面や運動機能が向上したとの声が得られており、介護予防に一定の効果があると評価しております。 もっと読む
2018-06-13 西原町議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月13日−04号 それで本当の痛みを分かち合って西原町をつくっていくんだという気持ちを持ってもらって、ぜひ取り組んでいただきたい。以上です。ありがとうございました。 ○議長(新川喜男)   順次、発言を許します。  13番平良正行議員。 ◆13番(平良正行議員)   皆さん、こんにちは。13番議員、平良が今から質問をしたいと思います。 もっと読む
2018-06-11 西原町議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月11日−02号 そういう面では、議会においても、議会改革という言葉がありますので、単に町民のみならず、行政のみならず、議会も痛みを分ける、議員定数も大胆に切り込みをするという覚悟を持って、行政と議会が一体となっていく。そのことがまちづくり基本条例の行政、議会、そして事業所、町民が一体となった協働のまちづくりが推進できると思っていますので、そういう視点でひとつ御理解をいただければと思っております。 もっと読む
2018-03-27 八重瀬町議会 平成30年  3月 定例会(第3回)-03月27日−05号 ちょっと痛みを感じてほしいと思いつつ、町長は自分の所得に対して1.5倍、5カ月分の保険料が高いと思いますか。 ○議長(上原勝彦)   健康保険課長。 ◎健康保険課長(大田厚)   今のご質問なんですが、これは高いと思いますかとか、そういうことではなくて、今の900万円というのは、これは税を調整していったときに、どうしても端数が生じます。 もっと読む
2018-03-26 与那原町議会 平成30年3月第1回定例会-03月26日−03号 平和は、沖縄戦を経験し、多大な被害と心の痛みを味わった沖縄県民においては大変重要であり、平和について学ぶ平和教育は学校教育の中でも重要なテーマであると考えております。感性が豊かな子どもの時期に命の尊さと平和の大切さを感じ取らせる取り組みは、平和な世界を目指す社会人に育つためにもとても大切な教育だと考えています。そこで平和教育は、学校教育においても児童生徒の発達段階に応じて行ってきています。 もっと読む
2018-03-22 宮古島市議会 平成30年  3月 定例会(第3回)-03月22日−07号 ◎生活環境部長(下地信男君)   子宮頸がん予防ワクチン接種患者への助成につきまして、子宮頸がん予防ワクチン接種後の症状に対する医療費等助成事業は、予防ワクチン接種後に持続的な痛みやしびれなどの症状により日常生活に支障が生じている者に対して適切な医療が受けられるよう支援することを目的として、医療費、医療手当、渡航費及び宿泊費を助成しております。 もっと読む
2018-03-20 西原町議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月20日−07号 そういうようなことがありますが、そうした中で、やはり身の丈に合った財政運営はこれから国保の累積赤字の解消に向けてはどうしても必要だという認識を持っておりますので、この件につきましては、やはり痛みを伴う改革にもつながると思いますが、町民の理解と協力をいただきながら厳しい財政状況を何としてでも突破していきたい、このように思っている次第であります。 ○議長(新川喜男)   12番儀間信子議員。 もっと読む
2018-03-15 那覇市議会 平成 30年(2018年) 3月15日予算決算常任委員会-03月15日-01号 なお、工事着工後からこの素屋根設置までは請負い会社において同様の対応を行うこととなっておりまして、雨漏りによる施設の痛みが進行しないよう、適切に対処してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○委員長(喜舎場盛三)  大浜安史委員。 ◆委員(大浜安史)  ありがとうございました。  閉館されても、直営のほうで定期巡回して雨天時には対応するということでありましたので安心をしました。   もっと読む
2018-03-02 西原町議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月02日−01号 やはり一緒に痛みを分け合う、こういう気持ちが今大事だと、このように思っております。 ○議長(新川喜男)   17番与那嶺義雄議員。 ◆17番(与那嶺義雄議員)   そういう答弁をなさるのであれば、私もあえて聞きたい。近隣市町村に比べて財政需要が旺盛であるとか、一括交付金の使い勝手がいろいろ困難であるとか、町長就任前、10年前から財政は厳しかったとか、それが理由になるのですか。 もっと読む
2018-03-01 那覇市議会 平成 30年(2018年) 3月 1日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−03月01日-01号 次に19番、奥武山野球場内野スタンド椅子補修事業については、平成22年にオープンした野球場でございますが、一昨年あたりから内野席で痛みの激しい椅子があらわれていることから、それを順次取りかえるための経費の増額となっております。  以上で、30年度市民スポーツ課予算の概要説明を終わります。審査ほどよろしくお願いします。 ○委員長(多和田栄子)  これより質疑に入ります。  上原委員。 もっと読む
2018-02-21 うるま市議会 平成30年2月第121回定例会-02月21日−01号 なお、相手方車両の運転手は事故後、首などに痛みを覚え診察を受けましたが、異常はありませんでした。また、事故によるけが人はございませんでした。常日ごろから全庁的に安全運転マニュアルの一斉唱和を実施するなど、注意喚起をしているところではございますが、今回このように注意義務を怠り、大変申しわけなくおわび申し上げます。 もっと読む
2017-12-25 那覇市議会 平成 29年(2017年)12月定例会-12月25日-付録 運動場には54人の児童が体育の授業中で、ヘリの窓は児童らの約10メートル地点に落ち、児童一人が風圧で飛んできた物が左肘にあたり痛みを訴えている。一歩間違えれば多くの児童を直撃する大惨事になる可能性があっただけに、児童や県民の受けた衝撃は大きく、強い不安と恐怖に慄いている。  去る10月11日に同型機が東村高江に不時着し炎上大破する事故が起きたばかりである。 もっと読む
2017-12-21 南城市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月21日−07号 職員と痛みをともにしてきた背景があり、今回は人事院勧告が間に合わず、通常とは違う形だが特に問題はないと思う。議員だけを上げるということではなく、職員も含めて人事院勧告で上がるということで住民への説明はできると考えるとの意見がありました。  本案に対する討論はなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決することに決定しました。   もっと読む
2017-12-18 那覇市議会 平成 29年(2017年)12月定例会−12月18日-08号 運動場には54人の児童が体育の授業中で、ヘリの窓は児童らの約10メートル地点に落ち、児童一人が風圧で飛んできた物が左肘にあたり痛みを訴えている。一歩間違えれば多くの児童を直撃する大惨事になる可能性があっただけに、児童や県民の受けた衝撃は大きく、強い不安と恐怖を抱いている。  去る10月11日に同型機が東村高江に不時着し炎上大破する事故が起きたばかりである。 もっと読む
2017-12-15 糸満市議会 平成29年第6回糸満市議会定例会会議録-12月15日−03号 まず、所見でございますが、ふだん私は整骨院と呼ばれているところで腰痛、膝の痛み等病んでいるところを改善することをなりわいとしておりますが、これからは糸満市の病んでいるところではないですね、課題になっている点、特に真栄里から南、ヘーカタ地域の道路、排水問題、空き家対策等、そして教育、雇用の改善に市当局と協力して全力で取り組んでまいりたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 もっと読む
2017-12-15 西原町議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月15日−05号 発生時は体育の授業中で児童54人が運動場におり、十数メートルの距離にいた男子児童の左ひじに風圧で飛んできた物が当たり、痛みを訴えたとのことである。  12月7日午前10時20分ごろにも、同型機であるCH53E大型輸送ヘリからとみられる落下物が、緑ヶ丘保育園の園舎の屋根に直撃するという事故があったばかりである。 もっと読む