運営者 Bitlet 姉妹サービス
2274件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月26日-付録 見解を問う   │ │ │       │       │                      │ │ │       │6 消防力の充│ 「消防力の整備指針研究会」の解説書は、「整 │ │ │       │ 実について │備指針の目的」は、全国と同じ水準の施設及び人│ │ │       │       │員の配置数を、市町村の判断にのみ委ねた場合、│ │ │       │        もっと読む
2018-12-12 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月12日-05号 27年に策定していますけれども、この中でこの港湾区域、これはウォーターフロントゾーンといいまして、都市型のウォーターフロントの整備と水辺の活用というのがうたわれています。この観光基本計画というのは、都市マスタープランと整合性が保たれています。 もっと読む
2018-12-11 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月11日-04号 1.消防行政について。消防局が導入する小型ドローン(無人航空機)はどのような機能と役割を持つものかお伺いいたします。 ○金城眞徳 副議長   島袋弘樹消防局長兼総務部参事監。 ◎島袋弘樹 消防局長兼総務部参事監   消防局では平成31年4月運用開始予定の高機能消防指令システムの整備と併せ、無人航空機、通称ドローン2機を導入いたします。   もっと読む
2018-12-10 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月10日-03号 一日でも早く進めるためには、那覇港湾施設移設に関する協議会の開催に向けて、まずは那覇港管理組合の構成団体調整会議において、技術的な面を含め、課題や意見の相違を整理し、方向性を導き出す必要があると考えております。  今後とも、那覇港管理組合を初め関係機関と連携を図りながら、那覇港湾施設移設に関する協議会において協議を進めてまいりたいと考えております。 ○翁長俊英 議長   大嶺亮二議員。 もっと読む
2018-10-16 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月16日−06号 現在具体的な取り組みとしましては、宿泊施設等の立地が可能となる中城湾港港湾計画の変更手続を、平成30年2月に行っております。また、開発事業者の意向確認のため、内外の投資開発業者と意見交換を行っており、数社が関心を示していると伺っております。 もっと読む
2018-10-04 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-10月04日-付録                       │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 子ども政策│ 幼児教育・保育の無償化について      │ │ │       │ について  │ 国の動向について、見解と対応を問う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │5 消防行政 もっと読む
2018-09-25 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月25日総務常任委員会(総務分科会)−09月25日-01号 平成29年度は、跡地利用計画策定に向け、港湾計画などの関連する計画、中南部エリアとの関係性、他の駐留軍用地跡地利用の動向、軍港周辺開発動向などを開発条件として整理をするとともに、次世代の会の活動、情報誌の発行などを実施いたしました。  予算現額1,636万9,000円に対し、支出済額1,569万726円となっております。   もっと読む
2018-09-20 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月20日−08号 記1.事件名(1)平成29年陳情第3号 国民の権利と安心・安全をまもる公務・公共サービスの拡充を求める陳情(2)平成29年陳情第10号 所得税法56条を廃止するよう国に意見書の提出を求める陳情書2.調査事項(1)総合計画及び調整について(2)組織及び機構について(3)財政運営及び税について(4)情報公開と広報活動について(5)防災及び消防体制の充実強化について(6)港湾行政について(7)契約及び入札制度 もっと読む
2018-09-19 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月19日総務常任委員会(総務分科会)−09月19日-01号  上 原 立 也 消防局総務課長  山 城  達  消防局予防課長  新 城 敏 行 消防局警防課長  知 念 鉄 雄 消防局救急課長  屋嘉比  勝  消防局指令情報課長  渡 口  学  消防局西消防署第3警備長  上 地  晃  消防局中央消防署第3警備長兼指揮隊長  幸 地  貴  企画財務部副部長  新 垣 淑 博 企画財務部参事兼財政課長  白 玉 律 子 財政課副参事  下 地  斉 もっと読む
2018-09-14 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月14日-07号 政策統括調整監  渡 口 勇 人  総務部長  仲 本 達 彦  企画財務部長  徳 盛   仁  市民文化部長  名嘉元   裕  経済観光部長  玉 寄 隆 雄  環境部長  長 嶺 達 也  福祉部長  新 里 博 一  健康部長  末 吉 正 幸  こどもみらい部長  玉 城 義 彦  都市みらい部長  城 間   悟  まちなみ共創部長  上 原 はつみ  会計管理者  島 袋 弘 樹  消防局長兼総務部参事監 もっと読む
2018-09-13 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月13日−06号 各機関からの事故調査報告につきましては、消防からは今、作業中に発生した熱傷事案という見解を受けております。そして労働基準監督署は委託会社と市に対して、文書の送付予定ということです。そしてあと警察は現在、捜査継続中とのことで、まだ見解は得られておりません。以上です。 ○島尻忠明議長 真栄城玄誠議員。 もっと読む
2018-09-13 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月13日-06号 東日本大震災においては、震災発生直後に緊急支援や応急給水活動等を行うため、消防職員14人、上下水道局職員9人、また保健師を7人派遣しました。  翌年、平成24年度からは、中長期的な職員派遣を実施しており、宮城県塩釜市に7月から9月の3カ月間、行政職職員1人を派遣し、宮城県多賀城市には、平成24年度から技術系職員1人を毎年、継続して派遣しております。   もっと読む
2018-09-12 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月12日-05号 曙地域で広々とした公園がないだけに、市民の生活圏にある港湾管理の緑地が市民にとっても憩える空間であるべきではないでしょうか。遊具の改善、広場や遊歩道の草刈りなど、管理をきちんとするよう申し入れるべきです。市の認識について伺います。 ○翁長俊英 議長   玉城義彦都市みらい部長。 もっと読む
2018-09-10 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会−09月10日-03号 ○翁長俊英 議長   島袋弘樹消防局長兼総務部参事監。 ◎島袋弘樹 消防局長兼総務部参事監   ハイサイ。湧川朝渉議員の代表質問の5番目、消防行政についてお答えいたします。  本市では、消防ポンプ自動車が出動から放水開始まで6分30秒以内に到達できない地域を解消するため、消防署所の適正配置を計画的に進めてまいりました。   もっと読む
2018-09-07 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月07日-02号 答弁でありましたけれども、災害時には消防や防災危機管理課の職員など市の職員が防災対応に当たることになりますけれども、大規模災害のときには行政だけではやはり対応できないことが想定されます。  そのため、被害を軽減するためには地域の横のつながりというのを強化する必要があると思います。   もっと読む
2018-06-25 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月定例会-06月25日-付録                       │ │ │       │        │                      │ │ │       │3 財政運営につ│ 那覇市の財政状況について伺う       │ │ │       │ いて     │                      │ │ │       │        │                      │ │ │       │4 消防行政 もっと読む
2018-06-22 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月22日−06号 旅客ターミナルの整備につきましては、クルーズ船の中城湾港新港地区への寄港推進を図るため、国へ支援要請を行っておりますが、沖縄市と連携しながら港湾管理者で整備主体でもあります沖縄県に対して、引き続き整備の要請を行ってまいりたいと考えております。 ○議長(大屋政善) 宮城 一寿議員。 もっと読む
2018-06-21 豊見城市議会 平成30年第2回豊見城市議会定例会会議録-06月21日−04号 消防の広域化については、一般的には消防力の強化による住民サービスの向上や消防に関する行財政運営の効率化と基盤の強化が期待されるものでありますが、広域を構成する消防本部の枠組みによって、それぞれの消防にとってのメリット・デメリットが異なってきます。消防力の充実した消防本部からすれば、消防力が十分ではない消防本部との広域化にはメリットが見出しにくいというのが実際のところであります。 もっと読む
2018-06-20 浦添市議会 平成30年  6月 定例会(第185回)-06月20日−08号 記1.事件名(1)平成29年陳情第3号 国民の権利と安心・安全をまもる公務・公共サービスの拡充を求める陳情(2)平成29年陳情第10号 所得税法56条を廃止するよう国に意見書の提出を求める陳情書2.調査事項(1)総合計画及び調整について(2)組織及び機構について(3)財政運営及び税について(4)情報公開と広報活動について(5)防災及び消防体制の充実強化について(6)港湾行政について(7)契約及び入札制度 もっと読む
2018-06-19 豊見城市議会 平成30年第2回豊見城市議会定例会会議録-06月19日−02号 消防の広域化は、一般的には消防力の強化による住民サービスの向上や消防に関する行政運営の効率化と基盤の強化が期待されるものであります。ご質問の南部圏域には、本市、糸満市、島尻消防組合及び東部消防組合の4消防本部がありますが、管轄する面積、人口、財政状況等さまざまであり、また消防職員の充足率や消防車両等の整備状況にも格差があります。 もっと読む