運営者 Bitlet 姉妹サービス
1871件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月26日-付録 保育士確保の取り組み状│ │ │       │       │  況を伺う                │ │ │       │       │(3) 放課後児童クラブの整備について    │ │ │       │       │   放課後児童クラブの需要が伸びているが、│ │ │       │       │  これまでの小学校内への児童クラブの設置状│ │ │       │        もっと読む
2018-12-20 沖縄市議会 第399回 沖縄市議会定例会-12月20日−07号 ハンプ等の設置につきましては、車両の速度を減速する効果がある一方で、周辺への騒音や救急車を含めた通過車両への負担、周辺道路の通過交通の増加等が予測されるため、地域や関係機関の御理解と御協力が必要不可欠となってまいります。 もっと読む
2018-12-12 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月12日-05号 また一方で、行政需要は大変旺盛でございまして、特に学校教育現場の事業につきましては、学校数も多いと、また施設数、棟数もかなりの数にのぼる。それらが順次建て替えと修繕の機会を迎えるというような事情もございます。  そのような中で財源にも限りがあると。 もっと読む
2018-12-11 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号 ◆18番(前里光信議員)   安全安心なまちづくりというのは消防に限った事ではないし、道路網とかほかにもいろんな生活環境に配慮しなければならない部分がありますが、なかんずく急に病気になったときにも救急車を要請するとかということも、結果的には消防行政とかかわってきているということがあって、消防の議会では私も長い話は聞いていませんけれども、1回聞いた状況では免震だと、24時間動いている建物だから免震はふさわしくないだろうとか もっと読む
2018-12-10 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月10日-03号 那覇市立病院は、地域住民に救急医療及び高度医療を初めとした医療を提供するとともに、地域の医療機関及び市と連携して、住民の健康の維持及び増進に寄与することを目的とし、那覇市民に安心・安全な医療を提供することが市立病院としての意義であると認識しております。  主な機能といたしましては、救急告示病院として、24時間365日救急医療を提供するとともに、小児救急では24時間小児科専門医が常駐しております。 もっと読む
2018-12-07 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月07日-02号 昨日国会において成立した改正水道法の趣旨につきましては、人口減少に伴う水需要の減少、水道施設の老朽化、深刻化する人材不足などの水道の直面する課題に対し、水道の基盤の強化を図るための措置を講ずるものとなっております。   もっと読む
2018-12-06 宮古島市議会 平成30年 12月 定例会(第8回)-12月06日−02号 ということは、旧城辺町時代に水難事故が発生しまして、救急車を要請した経緯があります。ですから、駐車場の指定だけども、実際的には浜まで行くんです、海の中にね。ですから、今宮古島で一番問題になっているのは水難事故であろうと、このように考えております。 もっと読む
2018-10-16 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-10月16日−04号 それから仮に学校でできても、私需要は、要するに保護者のニーズは酌むことはできないと思っているわけです、先ほどのアンケートの数字から言ってもですね。学校でやるとしても40人あるいは30人であるわけですから、そういったもので私は先ほど言った公民館の活用ということでございます。もちろんこれは、私、きょうでこの問題を精査しようとは思っておりませんので、テーマを投げておきます。 もっと読む
2018-09-30 読谷村議会 平成30年第473回定例会一般質問通告書-一般質問通告書 │    ┃┃   │       │4.救急病院の設置について              │    ┃┃   │       │ ①第462回定例会で本件について、一般質問をした後の│    ┃┃   │       │  動きはどうなったか。               │    ┃┃   │       │ ②今後の動きの予定は。                もっと読む
2018-09-20 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月20日−03号 また、関係機関からの要望もありましたが、安易に救急外来を受診すると、緊急を要する重症患者の治療に支障を来してしまうことが挙げられます。子ども医療費窓口無料化、いわゆる現物給付制度を持続可能な制度にするため、受給者に対し適正受診についての啓蒙活動にも取り組んでまいりたいと考えております。 ◆2番(新垣繁人議員) -再質問-  答弁ありがとうございます。   もっと読む
2018-09-20 宮古島市議会 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月20日−07号 基準財政収入額を基準財政需要額で除した数値の過去3カ年間の平均値であります。基準財政需要額は、各地方公共団体において妥当な水準において行政を行い、施設を維持するための財政需要を算定するものです。また、財政基準収入額は各地方公共団体の標準的な状態において徴収が見込まれる税収入を一定の方法によって算出したものとなります。 もっと読む
2018-09-19 宮古島市議会 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月19日−06号 ちなみにこれまで合併してから、宮古島市になってから試験採用をとっておりますけど、これまでは一般入試、救急救命士、障害者枠、保健師、看護師、保母、学芸員等々の職種でそれぞれ枠を持って採用しております。今後は、職員数が削減する中、求める人材確保ができるよう、採用方法についても研究してまいりたいと思っております。 ◆新里匠君    ありがとうございます。 もっと読む
2018-09-19 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月19日総務常任委員会(総務分科会)−09月19日-01号 その際、本市救急車での搬送に要する費用につきましては、救急応援協定に基づき、救急患者が発生した市町村が負担する旨定められていることによる負担金収入でございます。  次に、6細節琉球大学医学生救急車同乗謝礼金は、琉球大学医学部の学生が医学教育の一環として、初期の救急医療を体験させるため救急車同乗実習を行っており、救急用自動車同乗実習に関する協定書に基づく謝礼金収入でございます。   もっと読む
2018-09-18 宮古島市議会 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月18日−05号 なので、その中で優先順位を決めまして、それで現場で調査を行って、整備期間を決めていくということでございますけれども、観光需要等々を見まして、しっかりと早目に整備していきたいというふうに考えております。 もっと読む
2018-09-13 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月13日−06号 この職員は救急病院へ搬送され、入院治療を行っておりましたが、先月末に退院し、現在は通院治療中であります。水蒸気爆発は溶融炉二次燃焼室のダストが落下したことが原因と見られ、ダストの塊が成長するのを防ぐため、定期的な除去が行えるよう設備の増設をプラントメーカーとも協議をしているところであります。この事故を受けて、運転維持管理委託業者とも事故の再発防止、安全対策について検討してまいりました。 もっと読む
2018-09-11 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月11日-04号 動物行政などの需要に鑑み、獣医師の必要性が高まると考えますけれども、当局の見解をお伺いします。 ○翁長俊英 議長   玉寄隆雄環境部長。 ◎玉寄隆雄 環境部長   中核市移行後、沖縄県から動物の愛護及び管理に関する法律や狂犬病予防法に基づく環境衛生行政が移譲され、環境衛生課において定数獣医師1人、非常勤獣医師1人が配置されております。   もっと読む
2018-09-11 宮古島市議会 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月11日−03号 ◆我如古三雄君    次に、宮古地域の観光客増で救急業務の需要の高まりを初め、消防業務が現にふえております。また、今後も増加していくものと考えられます。以上を踏まえて伺いますが、市民の生命、財産を迅速に守ることは、市民に安心、安全を与える観点からも極めて重要であると考えます。事件、事故に即応できる消防職員の人員体制は確立されているのか伺いたいと思います。 もっと読む
2018-09-10 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会−09月10日-03号 また、毎年増加傾向にある救急出動に対応するため、平成31年1月から、市内中心部にある中央消防署神原分署に新たな救急隊を1隊配置し、市民サービスの向上に努めてまいります。  消防職員数につきましては、平成30年4月1日現在で278人となっており、前年度と比較いたしまして7人増となっております。   もっと読む
2018-09-07 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月07日-02号 なお、自主防災組織を結成した団体へは、市民の防災意識の向上と自主防災活動を促進することを目的として発電機、救急工具セット等の防災資機材等々を交付しております。 ○翁長俊英 議長   金城眞徳議員。 ◆金城眞徳 議員   近ごろ頻発する自然災害、それに対応できるように市民の防災意識を高めて結成団体が増えるように今後も頑張ってください。  それから4番目の質問をいたします。   もっと読む
2018-09-07 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月07日−02号 なお、本署が牧港・内間両出張所の配置要員に比べて多いことにつきましては、増加傾向にある救急事案への対応のための牧港・内間両出張所のカバーも含めた救急車を2台配備していることと、あわせて火災救助等における特殊車両の運用をよりスムーズに展開すること等によるものであります。また、各出張所の施設整備につきましては、内間出張所が平成11年、牧港出張所が昭和55年に建てられ、現在に至っております。 もっと読む