運営者 Bitlet 姉妹サービス
2343件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月26日-付録 方が、生涯を通じて多様可能 │ │ │       │ い福祉計画に│性に挑み、自立した暮らしができるよう支援して│ │ │       │ ついて   │いくとともに、生きがいを持っていきいきと地域│ │ │       │       │で暮らせるよう、社会参加の充実に向けた取組み│ │ │       │       │を行うこと」を目標として定めた「は障がい者│ │ │       │        もっと読む
2018-12-20 沖縄市議会 第399回 沖縄市議会定例会-12月20日−07号 先ほどから指摘しているように、子供は自分の症状をうまく説明できないので、化学物質過敏症あるかどうかを判断することも難しいとされているようです。養護教諭、先生方にも香害、化学物質過敏症について周知して、不登校の子も含め、化学物質過敏症の可能性も疑いながら、子供たちの変化を見守るよう指導を促すことは可能か、お伺いします。 ○小浜守勝議長 指導部長兼教育研究所長。 もっと読む
2018-12-18 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月18日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−12月18日-01号 ということが可能のかどうかっていうことを今、聞いてみたわけんですね。  今の設計の話は当然、今、聞いているだけでも、恐らくそのことを想定してないんですよね。それお答えいただけますか。 ○委員長(平良識子)  新垣和彦課長。 もっと読む
2018-12-14 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月14日-07号 ◎玉城義彦 都市みらい部長   まず、民間活力を生かした公園活性化事業は、都市公園法の改正を踏まえ、市内公園において、公園運営における民間活力導入の可能性を検討し、実効性のある方策を整備する事業ございます。  今年度の事業内容としましては、業務委託を行い、公園の現状や課題等を把握した上で、民間事業者のご意見や参入意欲を把握するための市場調査等を実施し、条件の整理を行う予定ございます。 もっと読む
2018-12-13 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月13日-06号 また、沖縄21世紀ビジョン基本計画における基本施策として、産業振興を担う人材の育成の観点から、沖縄の持続経済発展に向け、リーディング産業や地場産業などを成長・高度化させる人材や、海外へのビジネス展開を含む新市場・新分野への進出に取り組む人材、さらには起業家精神を持った人材など、多様産業人材の育成を産官学連携のもと戦略的に推進することとしており、施策展開として、新産業の創出や産業のグローバル化を もっと読む
2018-12-13 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月13日−04号 そういった中で、もちろん高校卒業までの医療費の無料化も喫緊の課題ありますので、このあたりはしっかりと精査をした上で、財源の確保がやはり必要になってきます。また、単発的はなくて継続的に持続性のある事業として取り組んでいかなくてはなりませんので、このあたりは各部局との調整をしながら対応をしていきたいと思っております。 もっと読む
2018-12-11 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号 全国で言うと宅地の13%ということありますので。でもこれも一応民泊の可能性がありますし、ひとり世帯とか、子供たちがみんな巣立って夫婦だけの世帯が、たしか前の質問によると二千ちょっとずつあったと思うのです。 もっと読む
2018-12-11 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月11日-04号 教育委員会といたしましても、持続可能社会の構築に向けた環境保全の普及啓発を進めるため、平成16年度から環境教育推進校表彰を継続して実施するなど、各学校における環境教育の充実に向けた取り組みを支援してまいりたいと考えております。 ○翁長俊英 議長   上原仙子議員。 ◆上原仙子 議員   ありがとうございます。  次に、(2)環境部としての取り組み状況について伺います。 もっと読む
2018-12-11 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月11日−02号 そして、この時期に関しましては、遅くても2021年度までに定めたいとのことあります。また、使途につきましては、持続可能観光地づくりや観光客の利便性及び満足度の向上などに活用するもの、基本的考えがまとめられております。 もっと読む
2018-12-10 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月10日-03号 さらに、地域がん診療連携拠点病院として厚生労働省の指定を受け、高度質の高い医療の提供を行うことや、地域医療支援病院の承認を受け、地域医療を担う中核病院の役割を果たしております。  以上のように、那覇市立病院は公的医療機関としての役割を担っており、今後とも重要市民サービスを持続するために市立病院を存続していく必要があることから、現在地での建て替えに向けた取り組みを進めております。   もっと読む
2018-12-04 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月04日−01号 総額については、どれだけ入ってきたかは今、出せるかどうか検討中ということのですが、特別交付税はまだまだ伸ばさなければならない。ほかの市に比べて著しく豊見城市の交付額が低い現状にありますので、ここを1億、2億伸ばす可能性があれば最善の努力をしなければなりません。その上で議会へもこういう内容で要請をしていることが明らかにならなければ、我々がチェックし、そして提言することができません。 もっと読む
2018-10-18 八重瀬町議会 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月18日−05号 台風は天災、自然災害ですから、被害を避けることはできませんが、事前に必要対策を取ることができれば、被害を軽減することは可能です。住民の生命と安全を守ることは、自治体の優先すべき業務あり、責任あります。  そのよう立場から今回の台風24号による被害状況と、今後の対策について質問いたします。   もっと読む
2018-10-17 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-10月17日−05号 の合言葉で村民が主役となった観光ツールあり、読谷村の魅力ある事業あります。またスポーツコンベンション事業はボトム期の読谷観光を下支えする効果があると考えます。今後も観光協会等の関係団体と協力し、着地型の観光・持続性のある観光を目指してまいります。 もっと読む
2018-10-16 西原町議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月16日−06号 それから小波津川河川につきましても、可能限り、早い時期の整備を進めて、早目に小波津川の氾濫、冠水が起こらないよう取り組みをしていただくようにということ、今後とも県に働きかけていきたいと思います。  それからモノレールにつきましても、先日来、このモノレールの延伸、これはMICEにとっては必要不可欠公共交通ということになりますので、これも強力に進めていきたい。 もっと読む
2018-10-16 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-10月16日−04号 このように踏み込ん提言ができるようになったのも、私的にはこういった学童クラブについて、次の施策の可能性が出てきたなという一つの原因として、待機児童問題が大幅に改善の方向に向かっていると。 もっと読む
2018-09-28 読谷村議会 平成30年第478回読谷村議会定例会会議録-09月28日−01号 読谷村議会は二元代表のもと、村民の代表機関として、住民自治及び団体自治の原則にのっとり民主主義の発展、村福祉の向上及び平和社会の実現に向け、村長等の執行部とも持続緊張を保持し、独立対等の立場において政策決定並びに事務の執行についての監視及び評価を行うとともに、政策立案提言を行うものあります。 もっと読む
2018-09-20 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月20日−03号 豊政会、德元次人ございます。通告に従い、一般質問を行いたいと思います。  (1)少年野球チームの全国準優勝について。  根差部ベースナインがすばらしい快挙を成し遂げたことに行政としての協力支援は必須。何か考えているのか、またどのようことが可能のかお伺いいたします。  あとは自席で行います。 ○議長(大城吉徳)  当局の答弁を許します。 ◎教育部長(濱里和宣)  おはようございます。 もっと読む
2018-09-19 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月19日−02号 このよう状況の中、国保制度の構造的問題解決を図るため、持続可能医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律が平成27年に制定され、同法に基づきまして、平成30年度から都道府県が市町村とともに国保の保険者となり、国保財政の運営主体とする大きな制度改正を行っております。また、市町村においては、これまでと同様に、地域住民の窓口として事務事業を引き続き担うものとされております。 もっと読む
2018-09-12 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月12日−05号 1当山小学校分離新設校の早期実現について、学校の候補地決定が目前あったにもかかわらず、市長から小中一貫校の可能性を検討することについて提案があり、そのため審議会を延期するということが6月議会で明らかになりました。地域の願いある分離新設を早期に実現すべきです。進捗をお伺いいたします。 もっと読む
2018-09-07 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月07日-02号 本計画は、児童生徒1人1人が大切にされ、よさや可能性を伸ばす学級経営、確か学力の向上、基本的生活習慣の形成、学力向上マネジメントの推進の4つの取り組みが中心となっております。  また、変化の激しい情報化社会に対応できる児童生徒を育成するために、ICT機器の充実も必要と感じております。  さらに、学校施設等の整備は、多様学習形態に対応し、よりよい学習環境に配慮して取り組まれております。   もっと読む