1534件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

糸満市議会 2018-12-17 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月17日−06号

その後、平成17年4月に建物の権利を株式会社コスモガス工業に売却、そのとき市と株式会社コスモガス工業とで土地の賃貸借契約を平成25年3月末までの期間で締結しております。平成19年5月にボウリング場の火災が発生し、その跡地利用として結婚式場や介護サービス事業などの事業計画が提案されますが、実現には至りませんでした。

那覇市議会 2018-12-17 平成 30年(2018年)12月17日建設常任委員会-12月17日-01号

後はもう皆さん、卸売団地のほうに本拠地がございますので、浦添市にあるところが3業者。沖縄日野出さんが今、東浜のほうに移転していますので、与那原町のほうに本店がございます。 ○副委員長(前泊美紀)  仲松寛委員。 ◆委員(仲松寛)  やはり県内で出てくるごみですからね、市内で出てくるごみなので、やっぱり地元業者が優先というところが大事だと思いますしね。  

うるま市議会 2018-12-17 平成30年12月第129回定例会-12月17日−08号

また去る12月1日には、市営東山団地の集会所を活用し、新たな子供の居場所あじまー家を開設しました。このあじまー家におきましても学習支援、生活支援にあわせて、食事の提供を行っております。 ○議長(幸地政和) 下門 勝議員。 ◆19番(下門勝議員) 今、なぜ居場所づくりとして学習支援や子ども食堂が必要となっているのか、その辺の期待する効果なども含めてお伺いいたします。

うるま市議会 2018-12-14 平成30年12月第129回定例会-12月14日−07号

子どもの居場所づくり事業については、去る12月1日に新たに市営東山団地の集会所を活用した居場所を開設しました。次に、子どもの貧困対策推進交付金事業は、就学援助の拡充を図る事業、学用品リサイクル事業を実施するとともに、臨時・嘱託職員を配置しております。関連する事業として、生活困窮者自立支援事業により、学習支援事業を実施しております。

那覇市議会 2018-12-14 平成 30年(2018年)12月定例会−12月14日-07号

駐車場の向こう側というのは、県営団地です。子どもたちが大勢おります。ですので非常に住民に近い公園。  きょうは漫湖公園のことだけ取り上げようと思ってませんので、次の写真です。        (モニター使用)  園路を行くと、遊歩道を歩くと、ちょっと休みたいなと思ってもベンチの周辺が全部草ぼうぼうなんです。これをもっと行くと、どうぞ。        (モニター使用)  こんな状態です。

豊見城市議会 2018-12-13 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月13日−04号

それでは続きまして、(5)豊見城団地商店街通りの防犯灯LED化について。  現在の進捗状況を伺います。 ◎市民部長(比嘉徹夫)  お答えいたします。  豊見城団地通り会が管理する防犯灯をLED灯へ交換する事業につきましては、自治会等まちづくり支援補助金の特別支援補助金が活用可能となります。

うるま市議会 2018-12-12 平成30年12月第129回定例会-12月12日−05号

次に、委員より「市営住宅等修繕及び保守管理委託料の修繕場所と内容について」質疑があり、当局から「石川東山団地の1号棟から6号棟にパイプスペースがあるが、その給水管に老朽化がみられ、その取りかえを予定している。7号棟から12号棟については、現予算で対応しているが、一度で全て実施するためには、予算が不足するため補正予算を計上した」との答弁がありました。  

西原町議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号

そして企業の工業用地への対応にしっかり応えていく、このことが大事だと思っています。こうしたことを通して、東海岸地域の新たな活性化を図っていく。これは西原町のみならず、与那原町、中城村、北中城村、その辺の東海岸地域、あるいはまた沖縄市からうるま市までつなぐ大きな東海岸地域の活性化につながると思っていますので、今後とも県と連携しながら、この施策の展開を進めていきたい。このように考えています。

西原町議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月07日−01号

使用者をふやすというのが大変重要な課題なのですが、そういう意味では町内には集合団地が結構あります。県の関係とか民間とかが開発した、そういうのを皆さん、どういうところを見ていますか。最近の話では平園団地、県の公社が設置した。向こうだって一挙に引けば、物すごい使用料が入る。似たようなのが、棚原の明星団地のあの区画です。そういう箇所があると思うのです。

八重瀬町議会 2018-10-17 平成30年  9月 定例会(第8回)-10月17日−04号

例えば、屋宜原団地があります。あそこも浄化槽も古くなって課題があるんですけれども、ずっとそれも引きずってきたんですが、今回、補助事業を探して50%補助でできるというのがありましたので、屋宜原団地の問題は、この事業で解決していこうということでいま取り組んでいる方向に向かっています。  

西原町議会 2018-10-15 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月15日−05号

第4投票区が呉屋、西原台団地、掛保久の合計11カ所となっております。現在集落内の設置等につきましては、多くが私有地であることやポスター掲示場の大きさに合った場所の確保ができるかなどの課題があるため、使用道路や公共施設などを中心に配置しております。  続きまして、1の(5)についてお答えいたします。

西原町議会 2018-10-11 平成30年  9月 定例会(第5回)-10月11日−04号

(2)県道155号線、これは小波津団地から池田に向かって、西原の塔から池田に向かっての丁字路です。そこはかなり危ないのではないかと池田の区民から苦情が来ているんです、苦情というか、要請が来ているわけです。小波津団地のほうからはちょっと見通しが悪いんです。西原の塔から池田に来るところは優先道路ということで、かなりのスピードで来ると。

糸満市議会 2018-09-26 平成30年第5回糸満市議会定例会会議録-09月26日−07号

△本件は、糸満工業団地協同組合から提出されたものであります。  内容としましては、一つ、市発注の公共事業においては、地元企業優先と資材等を地元企業の製品を活用していただきたい。一つ、学校給食等の食材に、地元企業を優先活用していただきたい。一つ、印刷物等について、糸満工業団地内企業で対応できるようにしていただきたい。

糸満市議会 2018-09-19 平成30年第5回糸満市議会定例会会議録-09月19日−06号

あと1つ、ちょっと対応しなければいけないのが、現在糸満市には実習生、研修生ですか、ということで、多くの農業、漁業関係者、あるいは西崎工業団地等にもいろんな外国人の方がお見えになっております。その辺の市民との交流というのが必ずしも十分でない。やはり言葉の問題があると思いますので、その辺についてもまだどうするかの方向性はないんですが、今後の大きな課題としてあるのではないかと思っています。

うるま市議会 2018-09-11 平成30年9月第126回定例会-09月11日−09号

次に公共建築物の整備では10事業52億9,000万円で、その主な事業といたしましては、赤道小学校及び赤道幼稚園、宮森小学校、城前小学校、勝連小学校などの学校施設整備、長田団地建替事業、さらには宮城島コミュニティ防災センターや与勝消防署庁舎建設事業、旧比嘉小学校での防災避難施設整備事業となっております。 ○議長(大屋政善) 中村 正人議員。

豊見城市議会 2018-09-01 平成30年第3回(9月)定例会一般報告-一般報告

向組合長ほか                  │          ┃┃  │    ├────────────────────────┼──────────┨┃  │    │来訪 株式会社サザンプラント 常務取締役ほか  │市長室       ┃┃  │    ├────────────────────────┼──────────┨┃ 23 │7月6日│2018年県産品優先使用に関する要請(県工業連合会

沖縄市議会 2018-06-27 第396回 沖縄市議会定例会-06月27日−04号

(仮称)モータースポーツ多目的広場の候補地の選定につきましては、基本構想において準工業地域、農業振興地域、白地地域、提供施設区域内を設定し、平成29年度に当該地域から3カ所の候補地を抽出し、外部関係者を含む検討委員会において、周辺環境の影響度や整備コスト、事業の実現性などの視点から総合的に評価を行い、検討委員会での意見等も踏まえ、旧倉浜ごみ処理施設の跡地を最優先候補地として選定したところでございます