運営者 Bitlet 姉妹サービス
731件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月14日-07号 さまざまな官民協働が入ってきます。  実は、平成15年以前の直営のころはあまりそういうクレームはなかったんですよ。それは十分な人員と現業職もいっぱいいて、しっかりした予算がついていましたから、ただこれは官民連携、それからまたコスト削減の観点から業務委託がスタートして、それが数と面積も増えてきております。それに対して、この予算措置は十分なのかどうかということの見解を伺います。 もっと読む
2018-12-12 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月12日-05号 そのためには港単体では実現できない政策的なまちづくりの誘導と戦略的な観光面への展開を図っていくことが重要であり、このことは地域住民と那覇市、那覇港管理組合が連携してみなとまちづくりを行っていくことが大事な要素となる」と。明確に書かれております。  そのような計画、整合性は保たれているんですけれども、今まで連携が薄かったというのは素直に認めないといけないかなと思っています。 もっと読む
2018-12-12 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月12日−03号 また、公私連携型の導入により、法人による運営ノウハウを取り入れた教育、保育の提供を実施していくことになり、市と連携しながら質の向上を図っていくことになります。公私連携型と公立型を実施するに当たりましては、幼保連携型認定こども園の適正な運営について、これまで協議し、実施方法等、整合性を図りながら募集案内を作成し、周知の上、平成31年4月の園児募集を行ってきたところでございます。   もっと読む
2018-12-11 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月11日-04号 今後も認知症にかかわる専門職の質の向上や、家族と地域、専門職などの関係機関との連携構築に向けて、研修の充実に努めてまいりたいと考えております。 ○翁長俊英 議長   西中間久枝議員。 ◆西中間久枝 議員   取り組みを高く評価いたします。  認知症にかかわる専門職のスキルアップや、家族やほかの専門職などの関係機関との連携に向け、これからも研修の充実のために頑張ってください。   もっと読む
2018-12-11 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月11日−02号 今後も定期的に現場状況を確認し、必要に応じて対策を行い、学校側とも連携し、安心して使用してもらえるよう管理をしていきたいと考えております。 ◎都市計画課参事(具志堅清一)  おはようございます。仲田政美議員の(2)についてお答えいたします。   もっと読む
2018-12-07 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月07日-02号 3番目の玉城県政との連携について伺います。  今回の県知事選は、過去最多の39万票の得票でした。実に8万票の大差で玉城デニー知事が誕生したわけでございます。  玉城知事は、一貫して普天間飛行場の辺野古移設計画に反対の立場で立候補し、無党派層や一部企業、そしてオール沖縄の組織体制を維持し、盤石の支持を得て当選いたしました。   もっと読む
2018-10-04 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会-10月04日-付録 │       │  の人権を尊重する共生の施策を打ち出し、環│ │ │       │       │  境を整えていく必要がある        │ │ │       │       │   市の見解と現状及び課題を問う     │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 行財政改革│ 民間の資金とノウハウを活用した新たな官民もっと読む
2018-09-12 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月12日−05号 浦添市において若者や女性の就業機会の拡大、非正規労働者の正規化や待遇改善に向け官民一体となった取り組みが求められています。浦添市の雇用環境や就労状況などの実態と雇用拡大に向けた施策について。11労働者に人間らしく働ける賃金、雇用環境を保障し、公共サービスの質の確保、事業者の健全経営、地域経済の振興にもつながる公契約条例を制定することについてお伺いいたします。再質問は自席にて行います。 もっと読む
2018-09-11 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月11日−04号 官民協力で取り組める有意義な事業であると考えております。以上でございます。 ○島尻忠明議長 新垣有太議員。 ◆新垣有太議員 先ほどの子育て支援の事業内容として、交流とか、情報提供とか、また講演会の実施ですか、そういったものがメーンになると。 もっと読む
2018-09-10 那覇市議会 平成 30年(2018年) 9月定例会−09月10日-03号 本市では、那覇市地域防災計画に基づき、自然災害等が発生、または発生の恐れがある場合の応急対策を防災関係機関と連携して実施するとともに、平時からも関係部署等と連携してハードとソフトの両面でさまざまな取り組みを実施しております。   もっと読む
2018-07-05 沖縄市議会 第396回 沖縄市議会定例会-07月05日−07号 適正な受益者負担と他市町村との均衡を考慮した利用料金体系の見直しや、協賛広告募集等による官民連携などの収入増加策を検討し、持続可能な公共交通網の形成を図ってまいりたいと考えております。 ○普久原朝健議長 新屋 勝議員。 ◆新屋勝議員 公共交通については、高齢者や交通弱者など、移動手段を持たない方々にとっては大変重要であり、関心、期待の高いものと考えております。 もっと読む
2018-06-26 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月26日−08号 また名護市の市街地にもクルーズ船から誘客を、商工会や観光協会と連携し、地域との交流など楽しんでもらえるような仕組みづくも検討したいと考えております。続いて事項6、要旨(1)についてお答えします。 もっと読む
2018-06-25 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月25日−07号 そのためにも公共施設における官民連携の推進が重要になることから関係各課が連携を密にし、民間事業者の資金やノウハウを活用した効率的かつ効果的な公共サービスの提供ができればと考えております。 ○議長(大屋政善) 下門 勝議員。 ◆23番(下門勝議員) これにて8項目についての私の一般質問を終わりたいと思います。ありがとうございました。 ○議長(大屋政善) 暫時休憩します。    もっと読む
2018-06-20 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月20日−04号 策定に当たりましては、外部有識者を初め、国、県、警察、サイクリング協会や観光物産協会からなる策定協議会より御意見をいただきながら進めており、区域については勝連半島、海中道路、島嶼地域といった本市の東部地域となっておりますが、今後は市内全域に拡大するとともに、近隣市町村を含めた広域的な自転車利用及び関連計画との連携についても検討していきたいと考えております。   もっと読む
2018-06-20 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月20日−04号 今後の住環境の整備については、名護市都市計画マスタープランをもとに地域要望を踏まえて、マスタープランの見直しの検討、区画整理事業、あるいは民間宅地開発などの手法及び基礎調査の実施を含めた検討などについて地域とも連携しながら取り組んでまいりたいと考えております。 ○宮城弘子議長 宮城安秀議員。 ◆宮城安秀議員 ありがとうございました。 もっと読む
2018-06-19 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月19日−03号 財政支援につきましては、建設業の働き方改革に伴う国の施策を見据えながら、本市の財政担当部署とも連携し、対応していきたいと考えております。 ○議長(大屋政善) 仲本 辰雄議員。 ◆1番(仲本辰雄議員) ぜひお願いをしたいと思います。 もっと読む
2018-06-12 西原町議会 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月12日−03号 そういう面でそのタイミングを見図りながら、我々地元、特にサンライズ推進協議会が中心となって、今後県と連携しながら、協調しながら進めていく。このことが大事だと思っています。 ○議長(新川喜男)   時間です。 ◆16番(喜納昌盛議員)   もう少しやりたかったけれども、9月にチャンスがあればやります。終わります。 ○議長(新川喜男)   一般質問を続けます。  順次発言を許します。   もっと読む
2018-06-11 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月11日-04号 だからこそ、しっかり連携をとるという話でありましたので、その連携ができるのは、城間市長の経験とそしてリーダーシップに私はかかっていると思います。  例えば、いつまでにという計画、今言うのは難しくても、目標として全校実施に向けてやっていくんだ、そういった決意は、まずございますか。城間市長。 ○翁長俊英 議長   城間幹子市長。 もっと読む
2018-03-26 宮古島市議会 平成30年  3月 定例会(第3回)-03月26日−09号 今回米国抜きで新協定に最終合意した環太平洋経済連携協定、TPP11が発動されており、宮古地域農業においては、牛肉及び豚肉への影響は懸念されております。このことから、今後の動向を注視し、県及び関係機関と連携を図りながら対応してまいります。なお、サトウキビについては、国がその方策を講じるとしていることから、特に大きな影響はないものと考えております。 もっと読む
2018-03-23 宮古島市議会 平成30年  3月 定例会(第3回)-03月23日−08号 支援員の支援の内容でございますが、相談の対応とですね、あとスクールソーシャルワーカーと連携をしながら支援を行っている状況でございます。例えば学力不振による利用者の状況とかですね、休みがちな学習のおくれを心配していることとか、親の収入が安定せず、教育費の捻出が困難であるとか、さまざまな相談が来ておりますので、その相談に応じてですね、各課連携しながら取り組んでいる状況でございます。    もっと読む