12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

八重瀬町議会 2007-09-27 平成19年  9月 定例会(第4回)-09月27日−03号

常に巨大な市場の開拓をされ、新しい文化が生まれ、自由なる労働力として非常に期待をされていると、堺屋太一という評論家がこれから日本は、黄金の10年を迎えると、言っております。  この方々が日本の経済復興の原動力になるであろうという、大変期待を寄せております。  それでは次に移ります。

北谷町議会 2006-12-20 平成18年 12月 定例会(第316回)-12月20日−03号

団塊世代は、昭和22年から昭和24年までの3年間に生まれた現在、57歳から59歳までの世代として定義され、元経済企画庁長官堺屋太一氏が名付け親と聞いております。当該世代人口総務省統計局の推計では、平成16年10月1日現在で、約680万人とされ、全人口の約5.33パーセントとなっており、他の世代に比べ、突出した人口割合となっております。  

糸満市議会 2006-03-23 平成18年第2回糸満市議会定例会会議録-03月23日−07号

団塊の世代は作家の堺屋太一氏が小説の題名で命名したと言われております。第1次ベビーブームとなった1947年、昭和22年から1949年、昭和24年ごろに出生した世代であります。総務省によると団塊の世代は全国で680万人と推定され、他の世代に比べ突出して多い世代だと言われております。

西原町議会 2003-06-24 平成15年  6月 定例会(第3回)-06月24日−02号

一カ月後、三カ月後、どうなるかわからない、出口のない泥沼の日本経済堺屋太一経済企画庁長官も指摘しておりますけれども、今の小泉構造改革、これが進めば進むほど亡国への道を進むことになると、日本はなると言っております。この亡国経済路線から脱却する経済企業経営を築く道を探し出さなければなりません。そのためにはどうしても日本経済情報政策の図書や文献が必要です。  

宜野湾市議会 2002-12-11 平成14年 12月 定例会(第295回)-12月11日−03号

1988年7月から2000年12月まで、小渕内閣、森内閣において経済企画庁長官を務めた堺屋太一氏の著書、「時代が変わった」がよく読まれているそうであります。本員も一読をさせてもらったのですが、タイトルの示すとおり、これまでつくり上げてきた知識や価値が崩壊し始め、別の新時代がやってきていることを予感させるような内容で、新しい感覚を持った若者の知恵を生かす時代が到来をしているように思われます。

那覇市議会 2000-12-19 平成 12年(2000年)12月定例会-12月19日-07号

ことしの7月19日に発行されました二千円札の図柄が、表が「守礼門」で裏が「源氏物語」及びその作者である紫式部というところから、宇治市と那覇市での二千円札発行を機に、交流を開始しようということで、発行日に両市の交流事業として、守礼門の前で宇治市からの市長はじめ各界の代表者、それから那覇市からも市長、市議会議員の皆さんや各界の皆さんなど約200人、そして堺屋太一経済企画庁長官の出席の下で、首里文化祭実行委員会

那覇市議会 2000-03-24 平成 12年(2000年) 2月定例会-03月24日-付録

空前の景│ │ │       │        │ 気拡大を続けるアメリカも、その例に漏れず、経済再建を│ │ │       │        │ 先行させた結果、財政が赤字から黒字に転じた     │ │ │       │        │  堺屋太一経済企画庁長官は、2000年度後半に景気を本格│ │ │       │        │ 的な回復軌道に乗せ、2001年度には新しい日本経済

那覇市議会 2000-03-02 平成 12年(2000年) 2月定例会-03月02日-03号

堺屋太一経済企画庁長官は、2000年度後半に景気を本格的な回復軌道に乗せ、2001年度には新しい日本経済の成長の時代を築くとの見通しを示しております。このビジョンを現実化するには、中小企業が元気を取り戻し、新しいベンチャー企業が生まれるかどうかもカギになります。その意味でも、公明党の主張が反映され、国の中小企業活性化策として、全国300カ所に中小企業支援センターの設置が決まりました。

那覇市議会 1998-09-18 平成 10年(1998年) 9月定例会-09月18日-08号

現在の消費不況問題について、現経済企画庁長官堺屋太一氏は、「あるべき明日、日本・いま決断のとき」という書物で、今度の参議院選挙の結果について触れながら、自民党をこれほどの大惨敗に陥れた原因は何か。言うまでもなく経済の不況である。特に昨年4月、消費税の引き上げや、特別減税の停止など7兆円、医療費負担の増加を含めると9兆円の増税を行った失政の責任は重いと述べております。  

  • 1