2210件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月19日−04号

ことし、6月の大阪府北部地震でブロック塀の倒壊による死亡事故が起きたことから、全国的に危険箇所についての調査が行われております。石垣市教育委員会もその結果を踏まえ、速やかに対応すべき箇所について、9月定例会で議決を得た補正予算により工事を発注しており、年度内の完成を目指しているところです。今後もブロック塀については、安全性を注意深く確認の上、改修を進めていきたいと考えております。  以上です。

糸満市議会 2018-12-18 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月18日−07号

小項目1、ことしは7月の西日本豪雨を皮切りに日本全土で大きな災害が多数発生している。地域の防災リーダーとして防災士の必要性が問われてきている。これまでは、防災士の資格を取得するためには、県外での研修を受講しなければならなく、資格取得の費用(6万3,000円)のほかに旅費もかかるため人口当たりの資格取得者数は全国で最下位であるとの報道がある。

石垣市議会 2018-12-18 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月18日−03号

大規模災害が発生した場合には、石垣島に配置される警備部隊等が迅速に対応に当たることとしております。  近年、日本各地で大規模な災害が発生し、自衛隊はその対応に迅速・的確に当たっております。本市においてもそのような事態が発生した場合には、自衛隊による応急活動が行われると考えられます。  

那覇市議会 2018-12-17 平成 30年(2018年)12月17日教育福祉常任委員会−12月17日-01号

○副委員長(粟國彰)  じゃあ、今のところは余りそう、いろいろ検討するという話あるんだけど、この皆さんが言っているこの剥離というのは聞いたんだけど、だから、ほかにもクラックはいっぱいついてるのが、発生している箇所あるのかと、皆さん、点検したことありますか。  クラックが発生しているんだから、点検ぐらいやらんといけんでしょう。 ○委員長(多和田栄子)  岸本図書館長。

宮古島市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第8回)-12月17日−06号

特徴としましては、駐車場内で車を駐車する際の別の駐車車両に衝突したり、あるいは道路においては縁石や街路樹、電柱などに衝突する事故が多数発生しております。また、國仲昌二議員ご指摘のとおり、交差点での出会い頭の事故も多く、車両同士の交通事故の約57.9%が出会い頭の事故となっております。

うるま市議会 2018-12-17 平成30年12月第129回定例会-12月17日−08号

さとうきび増産基金ですね、これセーフティーネット基金なのですが、近年の台風、干ばつ、病害虫発生などの自然災害が多発し、不作が続いていることを踏まえ、平成27年度から突発的な自然災害に対応するためのセーフティーネット型の基金へと変更され、台風、干ばつ、病害虫発生等の自然災害からの回復に向けた取り組みを支援する国の事業でございます。

名護市議会 2018-12-17 平成30年第193回名護市定例会-12月17日−07号

現在の定数である572人となった経緯がございますが、近年は、計画策定時と比べて、社会情勢も大きく変化しており、その当時では想定し得なかった行政需要の発生によって、次々と生じた新たな業務に対応すべく、臨時・嘱託職員が増加している状況にあります。

那覇市議会 2018-12-14 平成 30年(2018年)12月定例会−12月14日-07号

また、咬傷事故件数は、平成28年度2件、平成29年度は0件、平成30年度11月末現在1件発生しておりますが、うどぅん山公園周辺での発生は確認されておりません。 ○翁長俊英 議長   中村圭介議員。 ◆中村圭介 議員   やはり、まだまだ近くにハブはたくさんいるんですよね。  

名護市議会 2018-12-13 平成30年第193回名護市定例会-12月13日−05号

したがって、台風等で想定外の出場が発生した場合には、担当部局と調整の上、補正予算で対応しているところであります。 ○大城秀樹議長 島袋力議員。 ◆島袋力議員 答弁ありがとうございます。二次質問として、まずアを質問させていただきます。市の職員の定数について答弁していただきました。再度、充足率、県よりも下回っている名護市。全国では沖縄県が下のほうと聞きました。

那覇市議会 2018-12-13 平成 30年(2018年)12月定例会-12月13日-06号

厚生労働省の研究事業によりますと、疑いを含めた産後うつ病の発生率は10%から15%であり、誰にでも起こり得る病気でございます。  また、出産後間もない時期の精神的な不安定さは、母と子の愛着形成を阻害し、育児困難感から児童虐待にもつながりかねないことが明らかにされております。  

宜野座村議会 2018-12-13 平成30年第9回定例会-12月13日−02号

実は今回防災の件の一般質問をさせてもらったのは、私は漢那区出身でして、平成28年ですか、当時の漢那区長、仲本 仁さんがどうしても漢那区は低地であるということで、災害があった場合、特に地震後の津波というのをどうしても今後は考えないといけないということで、平成28年度当区漢那区の行政委員、当時の総務課長の下里課長、担当の松田さんも含めて、東北のほうへ視察研修に行ってきました。

那覇市議会 2018-12-12 平成 30年(2018年)12月定例会-12月12日-05号

本年度6月には一度終息宣言を行った麻しんが11月には再度患者発生の一報がなされておりますし、また風しん患者も発生しているということですが、現在、その対応についてお伺いをさせていただきます。 ○翁長俊英 議長   新里博一健康部長。 ◎新里博一 健康部長   お答えします。  

宜野座村議会 2018-12-12 平成30年第9回定例会-12月12日−01号

多目的スポーツ施設整備事業につきましては、台風等天候の影響による工期のおくれはあったものの、その他に関しての問題等は発生しておらず、施設は12月7日に完成しております。また、現在工事中の外構工事及び旧トレーニング室解体工事については、外構工事が12月25日の完了を予定し、旧トレーニング室解体工事は、12月28日の完了を予定しており、年内の施設完成に向け、実施しています。