運営者 Bitlet 姉妹サービス
11131件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-26 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月26日-09号 当局の説明を受け、委員から、自動火災報知設備誘導灯は、主電源が使用できなくなっても大丈夫なのかとの質疑があり、当局から、自動火災報知設備の中に電池があり、火災時に十分な充電がされていれば問題がないと考えている、との説明がありました。  以上、本委員会における審査の概要をご報告申し上げましたが、結論として全会一致により議案第123号については、原案のとおり可決すべきものと決しました。   もっと読む
2018-12-26 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月26日-付録 見解を問う    │ │ │       │       │                      │ │ │       │2 県知事選挙│(1) 名護市辺野古の米軍新基地建設問題が最大│ │ │       │ の結果と辺野│  の争点となった9月30日執行の県知事選では│ │ │       │ 古新基地問題│  、急逝した翁長知事の遺志を継ぎ、新基地反│ │ │       │ について もっと読む
2018-12-21 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月21日予算決算常任委員会−12月21日-01号 説明を受け、委員から、施設には利用者がふえた場合の受け入れの余地があるのかとの質疑があり、当局から、この事業での利用は1部屋で数人の定員があり稼働率もさほど高くないため、施設全体の受け入れは問題ないとの答弁がありました。   もっと読む
2018-12-21 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月21日総務常任委員会(総務分科会)−12月21日-01号 ◆委員(清水磨男)  先ほどこの休憩前にも言いましたけれども、今、内容として会派で持ち帰りたい、審議をしたいとは言うけれども、どの点について問題なのかという点とか、どこが論点になっているかが一切表明もされないまま、さらに、これも休憩前に確認しましたが、全会一致を旨とする議運のこのやり方と違うということも、実際ここにはいない会派もいらっしゃるわけですから、ということも確認した上で、前回の委員会では賛同 もっと読む
2018-12-19 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月19日−05号 私が聞きたいのは、県民投票をするが、辺野古問題、普天間飛行場問題ということについては、前翁長県知事は裁判では敗訴しているということでありますけれども、しかし、敗訴したのにまた県議会が県条例としてこれを県民投票に持ち込んできているということは、三権分立のものからして少し遅かったのではないかと思います。 もっと読む
2018-12-18 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月18日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−12月18日-01号 ◆委員(奥間亮)  この予算の問題として問題提起としてこの陳情者が提起しているのであれば、今心配してるその工事とめたら違約金がどうなるとか、そういったものは要するに、例えば豊島区役所なんかは、PFIでつくって建設費用ほぼゼロという話もありますし、ほかの全国の自治体でもPFIでつくって、ランニングはまた別の施設でカバーできるとかって、そういうふうに考えれば128億浮くかもしれない。   もっと読む
2018-12-18 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月18日教育福祉常任委員会−12月18日-01号 それで、今、これ、当初の予算320万から、325万から110万、見込みとしてのあれで、足りないんじゃないかということなんですけども、予算が足りないというのが取り上げられていますけれども、この車両の数だったりとか、運転手の数等々というのは問題はないのでしょうか。 ○委員長(多和田栄子)  山口課長。 もっと読む
2018-12-18 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月18日総務常任委員会(総務分科会)−12月18日-01号 ところがこの5年以内の問題、最初、いわゆる仲井眞前知事が埋め立て承認したのは2013年12月27日でした。その前の内閣府の協議会で仲井眞知事が県の要望書を出して、その中に5年以内運用停止、12月17日ですか。 もっと読む
2018-12-17 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月17日教育福祉常任委員会−12月17日-01号 ◆委員(當間安則)  これ、ですからお金の問題というのと、人材的な問題というのがありまして、例えば専門員にもっとお金をあげればクリアするのか、いやいや、もう手一杯だと、それ以上やると今度、過重労働になるという問題があって、本当、人材不足じゃないわけですか。ですから、やはり人材不足というのがわかれば、そこら辺にまた力を入れないといけないし。 もっと読む
2018-12-17 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月17日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−12月17日-01号 ◆委員(野原嘉孝)  一地域の問題という形で那覇市内ではあるんですけどね、大きく県全体に、相当かかわってくる大きな問題という形で捉えているんですけども、そういう考え方でいるのかという、わかりました。  しかし、ちょっと協力という部分で、もっと引き出すような形で、もうちょっと頑張っていただきたいと。僕らも、ちょっといろいろ工夫して提案していきたいと思います。  以上です。 もっと読む
2018-12-17 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月17日総務常任委員会(総務分科会)−12月17日-01号 ◎消防局予防課長(山城達)  この非常電源、分電盤の常用電源を持つものは、自動火災報知施設の受電盤の中に電池がありまして、その電池の充電のためでありまして、火災時に十分な充電がされていれば問題がないというふうに考えております。 ○委員長(我如古一郎)  大浜委員。 ◆委員(大浜安史)  今、説明で理解できましたので、しっかりまた、改正でありますんで、いいことでありますから。  わかりました。 もっと読む
2018-12-17 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月17日建設常任委員会-12月17日-01号 ◆委員(久高友弘)  じゃあ要するに、軟弱地盤から、これ設計だけの問題だからね。この補正の場合には。問題はないからもう終わっているわけだ。 ○副委員長(前泊美紀)  徳嶺克志課長。 ◎クリーン推進課長(徳嶺克志)  設計は終わっております。 ◆委員(久高友弘)  問題ないんだな、設計においては。 もっと読む
2018-12-14 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月14日−05号 ある決まった専門分野の職業につくために必要な知識、技能、問題解決能力などを理論的に学びます。また、長期の企業内実習、インターンシップをはじめ、実践的な科目も多数用意されております。専門職大学以外に、2年生、3年生の専門職短期大学、従来の大学、短期大学の中に学科を置く専門職学科の制度をつくった大学ということになります。   もっと読む
2018-12-14 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会−12月14日-07号 家庭の貧困に起因していろんな問題が起きているというのはわかっていますが、親に対する支援と子どもに対する支援があるとして、子どもに対する支援策を必要としているのは、経済的な問題を抱えた家庭の子どもだけではないということが、昨今の取り組みでわかってきたことではないかというふうに思っております。  また、問題は単独ではなく、複数抱えている子どもが大半であろうかと思います。 もっと読む
2018-12-13 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月13日-06号 ◆坂井浩二 議員   ぜひ、しっかりとこのいじめの問題を本当にしっかりと対処していただきたいと思います。   もっと読む
2018-12-13 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月13日−04号 まず(3)の非農用地についてでございますけれども、先ほど高良課長から答弁いただきましたけれども、この件は保栄茂集落においては、22年間も土地改良事業に非農用地を設定してやって、皆さんご承知かと思うのですけれども糸満市の下流にある排水問題がありまして、開発行為ができないと。これは拡張しないといけないということで今日まで来ているわけです。 もっと読む
2018-12-12 那覇市議会 平成 30年(2018年)12月定例会-12月12日-05号 そもそも行政として、波の上うみそら公園の具体的な整備計画やにぎわいづくりの目標数値がないこと自体が私は非常に問題だと思いますが、那覇市の見解を問います。 ○翁長俊英 議長   玉城義彦都市みらい部長。 もっと読む
2018-12-12 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月12日−03号 1号認定の専業主婦等のこと、2号、3号の共働き等の親の問題で本来、園児に意識させる必要はないと思っておりますが、ここのところが少し問題になるのかなと思っております。  政府が保育無償化に向けて準備しているというこのタイミングで、預かり保育料300円、これは朝の時間帯です。 もっと読む
2018-12-12 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月12日−04号 しかしながら、その中において用地補償交渉の問題、大型物件等の問題等で、どうしても単年度では解決できない問題等が出てきたということがありまして、当初は担当部署もこれは厳しいというお話でしたが、やはり調整をする中で、これは道路事業でも実際に繰り越し事業等採択をしている。できないということはないのではないかということで、今そういう方向性で市町村の声を拾うような状況があります。 もっと読む
2018-12-11 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号 ◆12番(喜納昌盛議員)   この国保税の問題、もちろん加入者の方々の問題もあるし、高齢化、あるいは団塊の世代が後期高齢にまた移って行くという段階もあるし、いろんな要素が絡んでくるものだから、実際問題、単純に保険税率を上げれば本当に解消できるのかどうかというのが不安であるわけです。 もっと読む