441件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2027-12-13 12月13日-06号

3.11のとき、それまで原発事故も絶対に安全だと言われていました。どうなったでしょうか。想定外だったというのは通用しないのです。もし、爆発したとき、総務部長、今のご発言、被害を受けた方々の前で堂々と言えるでしょうか。 ○議長平良秀之君) これは質問では……。             〔何事かいう者あり〕 ○議長平良秀之君) 内原議員質問をされてください。

与那原町議会 2021-09-27 09月27日-05号

後者は、例えば福島原発汚水の問題、そして地球温暖化並びに一千兆余の国の借金。昔私たちが小さいころにまちぐゎーがありましたが、ほとんどの家庭が貧しく、まちぐゎーに行くときは大体こんな調子でした。さがらちうてぃきみそーりと、後からみーくゎーさびーくとぅ、要するにちきとーちみそーりと、そういうことで買い物をしておりました。いつの間にかまちぐゎーにこんな張り紙がありました。ツケお断りと。

糸満市議会 2020-03-16 03月16日-05号

また、津波福島第一原発事故による避難者が、今なお4万773名に上り、亡くなられた方々に哀悼の誠をささげるとともに、避難生活方々が一日も早く故郷に帰られること、さらに被災地復旧復興を願うものであります。そして私ごとではございますが、今回の一般質問初日に、本員が平成23年6月定例会一般質問で行い、そして事業導入が実現した救急医療情報キットについての質問がなされました。

名護市議会 2020-03-04 03月12日-05号

安倍総理大臣原発事故放射能汚染アンダーコントロール、コントロールできていると世界に宣言しました。しかし、いまだ放射能汚染水は流出し続け、それを貯蔵するタンクも満杯になり、このままだと海洋放出も免れない状況です。それでも日本政府原子力政策を続けています。このままでは世界の信頼を失うでしょう。

名護市議会 2020-03-04 03月11日-04号

私の一般質問の後に議会でも黙祷(もくとう)する予定になっておりますが、この問題については、今日、なおまだ避難者もおられるということで、原発問題が尾を引いているというのを感じたと思います。その点については、私自身いろいろ見解を持っていますが、今回は時間の関係上、追悼の意だけを表明いたしまして、早速ですが通告に従いまして一般質問に入りたいと思います。

北谷町議会 2019-09-25 09月25日-05号

◆10番(高安克成議員)  そこでやっぱり懸念している部分があって、皆さんも御存じのように、2011年3月の東京電力福島原発事故をめぐって旧経営陣には業務上過失致死傷害罪で強制起訴された裁判東京地裁無罪判決を出しました。 裁判で争われたのは「具体的に予見できたか」、「対策を講じていれば事故を防ぐことはできたか」の2点でありました。 

豊見城市議会 2019-09-10 09月10日-01号

そういう中で例えばどこどこの埋め立て反対をする署名活動新聞広告に名前が載っていたりとか、それが一つ二つではないような状況であったり、退職の教員の皆さん福島原発現場に連れて行って活動をするとか、そういうことをもし豊見城市教育行政においてやるようなことがあれば、これはちょっとまずいのではないかなという疑問がって、今僕らはいろいろな質疑をさせていただいているところでございます。 

石垣市議会 2019-03-14 03月14日-06号

一番大きな問題は、あるはずがない事故が起こった、あの原発ですよ。あれは想定されていましたか。想定されていないわけで、ずっと我々国民はそれを信じてきたけども、今、大変な、この前、8周年ですか、こんな問題を起こしたのは何かというと今の議論ですよ、だから。なぜ、そういうことに対して、私が心配することに対して心配されないんですか、市長。 ○議長平良秀之君) 市長中山義隆君。

うるま市議会 2019-03-11 03月11日-08号

水や食料などの配布場所の案内や支援金交付原発事故賠償金に関する情報といった生活情報のほか、各地域での復興イベントを紹介するなど、重要な役割を担ってきました。沖縄メディアリポートにもあったように、他府県とは異なる地域性があります。全国一律の災害対策ではなく、我がうるま市に合った対策を考慮していただきたいと念願しております。 

名護市議会 2019-03-01 03月11日-06号

私も、この原発事故があった2011年3月11日から2カ月ほど後に、宮城県石巻市と原発のある女川町、それから福島相馬市と南相馬市に行きました。南相馬市に行ったら、原発の近くに30キロ地点というのがあって、そこは通行止めであることを見ました。その間、この地域を見て茫然(ぼうぜん)とした気持ちに襲われたというのが第一印象であります。

石垣市議会 2018-12-18 12月18日-03号

しかし、市町村合併原発の問題など、また、今回の島を二分する住民同士が対立するような大きな問題が派生した場合は、また、なおかつ権力者である首長が、相反する者の意見に対して聞く耳を持たない現状が起こった場合は、主権者である地域住民がみずからが判断し、直接民主主義として解決を行うものだろうというふうに思っております。 

石垣市議会 2018-12-17 12月17日-02号

◆15番(宮良操君) 他府県での原発問題についても、その自治体が反対したので町長はそれを尊重して、国のエネルギー対策という国の重要施策について、地方自治がちゃんとしかっと判断をしている市町村だってあるわけですよ。ですから、私たちは、憲法でも国と地方自治は平等だとうたわれているわけですから、どこの立ち位置をするかというのが今一番求められている。しかも、直接住民から。初めてですよ。

与那原町議会 2018-12-12 12月12日-02号

何年でしたか、平成8年でしたか、原発建設の巻町で、新潟の巻町でやった住民投票では、原発建設反対のほうが賛成を上回って、町長原発の受け入れを断念したという結果になりましたので、政治的な影響力というのはかなり出てはくるということでは、この県民投票は、私は重要な投票民主主義の根幹にかかわるものだと思いますので、ぜひ私たちは頑張っていきたいと思っております。

西原町議会 2018-10-15 10月15日-05号

安倍政権が強行しようとしています憲法第9条改悪、消費税10%への増税、原発稼働などは、どれをとっても国民多数が反対しています。9月30日に行われました知事選挙での翁長知事の遺志を引き継ぐ玉城デニーさんの勝利は、沖縄基地闘争の新たな展望を切り開きました。国政5野党1会派がそろってオール沖縄に連帯して戦ったことは重要な前進です。

石垣市議会 2018-10-15 10月15日-05号

◆13番(内原英聡君) 2011年に福島原発が爆発しました。そのときもやはりそれまではなかったと皆さん言います。想定外だったと。万が一、未来のことを考えるのが政治の仕事だと私は思っています。そこで、今までになかったからないというこの楽観論こそ大変危険だということを指摘したい。 もう一つなんですけれど、石垣市は、例えばこの弾薬庫が爆発した際のことも把握していないと。

与那原町議会 2018-09-27 09月27日-04号

ある方の見解を述べておりましたが、保守とは経済、暮らしを、革新は平和、基地撤去、そういうふうにおっしゃっておりましたが、例えば原発、全国原発50何基かありますが、これを認めるか認めないのか、保守なのか革新なのかという、そういう俗称というんですかね、それは保守革新とは言えないと思うんです。それから翁長さんは自称、私は日米安保条約を認めている保守だと、はっきり述べているわけなんです。

南城市議会 2018-06-19 06月19日-06号

さらに、原発推進の中で、交付金もあるし、株主や原発を推進する利益の企業体という責任が問われているのがある。モラルが失われているのではないかということがあるが、その辺答えられるかとの質疑があり、市長より、国の電力、特に都内の電力福島原発から来ていたというのは、事故が起こってから初めて認識したわけである。