運営者 Bitlet 姉妹サービス
1499件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-12 豊見城市議会 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月12日−03号 認定こども園に変わることで、複数年保育で充実した保育内容になると期待している保護者、そして私たちもいるわけですけれども、今後、政府がやっている保育無償化が決まっていながら、このタイミングで入園した人が認定こども園に行くことで、保育料が今までの公立の学校幼稚園と言われている部分とは保育料が全然違って上がってしまうということになります。 もっと読む
2018-09-19 豊見城市議会 平成30年第3回豊見城市議会定例会会議録-09月19日−02号 市としましては、いずれも喫緊の課題であることは十分認識しておりますが、特に保育士の確保については、今年度新たに宿舎借り上げ事業をスタートさせたところ、8施設で15人の新規保育士の確保が行われ、77人の受け入れ増強につながったところでございます。 もっと読む
2018-09-11 浦添市議会 平成30年  9月 定例会(第186回)-09月11日−04号 法人保育園と認定こども園の31園で、公定価格上の保育士必要数は592人、常勤換算した保育士数は651人となっています。小規模保育事業所と事業所内保育事業所の19園で、公定価格上の保育士必要数は130人、常勤換算した保育士数は151人となっております。公立保育所3園で、公定価格上の保育士必要数は59人、常勤換算した保育士数は74人となっております。 もっと読む
2018-06-26 うるま市議会 平成30年6月第124回定例会-06月26日−08号 本市の待機児童は那覇市に次いで2番目に多いと聞いていますが、行政のほうでは現在、無認可保育園から認可保育園に向けていろいろな対策を考え、小規模保育事業、企業主導型保育事業、地域型保育事業など、いろいろな仕組みで待機児童の解消に向けて努力しているのには敬意を表しますが、急激な変化の社会保障制度に伴い一方では保育士不足が問題となっている。本市としてはどのように保育士の確保を考えているのか。 もっと読む
2018-06-20 豊見城市議会 平成30年第2回豊見城市議会定例会会議録-06月20日−03号 それでは(1)保育行政について。  すべての子どもたちに均等な保育環境を推進する観点から、以下の点をお伺いいたします。  @政府は幼児教育・保育の無償化をめぐり、認可外保育施設の利用料について3歳から5歳児では、月額3万7,000円を上限に補助することを決定しているとのことですが、それは沖縄県、ひいては本市に在する認可外保育施設にも適用されるのか見解をお伺いいたします。 もっと読む
2018-06-20 名護市議会 平成30年第191回名護市定例会-06月20日−04号 1974年には沖縄県が条例により、6月23日を慰霊の日と定め、その後1991年に沖縄県及び沖縄県内の市町村が地方自治法第4条第2項第3号に基づき、各休日条例により慰霊の日をそれぞれの機関の休日と定めたことによって、再び正式な休日となった。 もっと読む
2018-06-12 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月12日-05号 ゲートキーパー養成研修会は、平成25年度からこれまでに、保育士144人、自治会役員、児童・民生委員155人、小中学校生徒指導担当教諭86人、保健ボランティア34人、専門学校生徒124人に対して実施しており、これまでに543人が受講しております。   もっと読む
2018-06-08 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月08日-03号 今後の対策といたしましては、施設整備はある程度のめどがついたことから、保育士確保が待機児童対策として喫緊の課題であると考えております。  保育士確保については、離職防止と潜在保育士の発掘が重要であり、さらに処遇改善の状況や保育士職の魅力をPRすることも大切だと考えております。   もっと読む
2018-03-28 与那原町議会 平成30年3月第1回定例会-03月28日−04号 まず、仕事をしていない方がお仕事を探すための一時保育に特化した場所というのは…。 〔コ田将仁 議員「まだBに行っていない」の声あり〕 ◎子育て支援課長(宮平律子)  失礼しました。こちらのほうですね、先ほど御質問のありました仕事を探して保育所に入れたい方の配慮についてでございますが、こちらのほうですね、認可保育園というものは保育の必要な児童に保育を供給するというのが目的でございます。 もっと読む
2018-03-26 南城市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月26日−06号 初めに、民生費負担金について、保育料現年法人分というのは保育料かとの質疑があり、担当課より、そのとおりとの答弁がありました。  次に、何園分になるかとの質疑があり、担当課より、小規模保育園を合わせた23園のうち、3園が認定こども園に移行する予定であるため、保育料は3園を除いた数となっているとの答弁がありました。   もっと読む
2018-03-19 那覇市議会 平成 30年(2018年) 2月定例会-03月19日-付録 │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │6│湧 川 朝 渉 │1 那覇市子ど│ 施政方針・予算方針について        │ │ │(日本共産党)│ も・子育て支│(1) 中間見直しを行う目的と概要について問う│ │ │       │ 援事業計画に│(2) 保育 もっと読む
2018-03-19 南城市議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月19日−03号 29年度については3チームの合宿を受け入れて、平日、休日を含む延べ31日間で1,835人という実績となっております。  次にイベントの開催実績についてお答えいたします。  本市のサッカーキャンプの誘致は、平成25年度から本格的に受け入れを行ってきております。   もっと読む
2018-03-15 糸満市議会 平成30年第2回糸満市議会定例会会議録-03月15日−04号 民間委託については、必要とする専門職の確保や民間の持つ技術面の活用及び夜間、休日のサービス拡充など、柔軟な対応が可能であると考え、民活の導入を予定しているところです。 ◎建設部長(徳里仁君) おはようございます。御質問、件名4、西崎総合体育館のトレーニング施設器具について。小項目1及び2についてお答えいたします。   もっと読む
2018-03-14 豊見城市議会 平成30年第1回豊見城市議会定例会会議録-03月14日−02号 もちろん月3万円なのですが、これで1,290名ですから、保育サービスを受けていない、家庭保育を受けている方で掛け算すると4億6,440万円です。金額を減らして、2万円の支給で年間24万円にしたらどうなるのか。1,290名の家庭保育だと3億960万円。1万円だとどうなるのか。 もっと読む
2018-03-13 名護市議会 平成30年第190回名護市定例会-03月13日−05号 記述されている内容は市長の公約だと思いますが、政府に全て協力を要請した上に、職員派遣要請もされていますが、2012年に再編交付金が打ち切られたときに、年末年始の休日も返上し、事業継続実施のために尽力をした多くの有能な職員がいるにもかかわらず、人材派遣の要請は職員もショックだったと思います。市長ご自身は公約実現のために何をやられるのかお伺いします。事項の3 道路行政について。 もっと読む
2018-03-12 名護市議会 平成30年第190回名護市定例会-03月12日−04号 よって、平成30年4月開園予定の2つの施設における保育士の数は、認可保育園が13名、小規模保育事業所は6名となっております。次に、イの保育士不足への対応ですが、名護市では保育士確保対策の一つとして、県が年2回、4月、10月に実施する保育士試験を受験し、合格後には市内の法人保育所等で保育士として勤務を希望する方を対象に、平成27年度から市内で保育士試験対策講座を土曜日に開催しております。 もっと読む
2018-03-09 那覇市議会 平成 30年(2018年) 3月 9日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月09日-01号 そういうところでは、どの職種が、例えば療育センターにも紹介が86人という実績もありますので、どの職種が対応していて、あるいはその職種、保育士さんであれば保育士さんにそういうことも含めた臨床心理士の働きぐあいというのか、何かそういう役割も含めた研修などの強化といいますか、そういうところはどのように地域保健課として考えているのか教えてください。 ○委員長(平良識子)  屋嘉のり子課長。 もっと読む
2018-03-08 うるま市議会 平成30年2月第121回定例会-03月08日−07号 補助費等は島しょ地域超高速ブロードバンド整備事業や保育施設整備事業等により増額となっております。  次に、経費節減策の考え方と取り組みについてお答えいたします。歳出予算の構成として、義務的経費の予算額及び構成比は、今後確実に伸びていくとともに、高齢化に伴う社会保障関係費の増大により、介護保険特別会計及び後期高齢者医療特別会計への繰出金も伸びていくことが予想されております。 もっと読む
2018-03-08 浦添市議会 平成30年  3月 定例会(第184回)-03月08日−07号 公立保育所の保育士の非常勤職員、そして幼稚園の教諭、非常勤職員、こちらは嘱託がいないですよね。ゼロですよね。全て臨時なんです。ということは、幼稚園の先生と保育士たちは、この育児休業の恩恵を受けることができないのです。臨時職員はなぜ受けられないのか。その点を教えてください。 ○島尻忠明議長 大城千栄美総務部長。 ◎大城千栄美総務部長 ただいまの伊礼研一議員の御質疑にお答えいたします。 もっと読む
2018-03-06 うるま市議会 平成30年2月第121回定例会-03月06日−05号 初めに、こども部及び福祉部関連について、委員から「こどもゆめ基金繰入金の4,631万7,000円の減額理由について」質疑があり、当局から「平成29年度のこどもゆめ基金対象事業のファミリー・サポート・センター事業運営費、きらめき保育事業、保育施設整備事業、小規模保育施設関連補助金事業、こども医療費助成事業、分園施設家賃補助事業、小規模保育家賃補助事業、保育士再就職支援準備金事業など、それぞれの実績見込 もっと読む