307件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

うるま市議会 2024-09-27 09月27日-06号

なお、宛先については、駐日米国大使在日司令官、在沖米国総領事在日沖縄地域調整官へ送付することといたします。 △日程第4.議案第49号 令和元年度うるま一般会計補正予算(第2号)から日程第7.議案第65号 うるま税条例の一部を改正する条例までの4件を一括して議題とします。 企画総務委員長委員会審査の報告を求めます。中村 正人企画総務委員長

うるま市議会 2020-10-03 10月03日-10号

基地管理権立ち入り権につきましては、周辺自治体の首長や職員立ち入り証を交付させており、正当な理由があれば立ち入りが可能になっており、またドイツ基地内におけるドイツの警察官2人が常駐しているほか、騒音軽減委員会が設けられ、周辺自治体意見等が聴取し、前向きに対応している状況にあったとのことでございます。

うるま市議会 2020-03-17 03月17日-10号

基本的には本市で発生した災害廃棄物処理につきましては、本処理の主体となります。そのためごみ処理に関しては中部北環境施設組合及び構成村である恩納村と、し尿処理に関しましては中部衛生施設組合及び構成町村である嘉手納、読谷村との調整が必要になると思われます。加えて県及び近隣市町村への協力要請を行う必要とあると考えております。 ○議長幸地政和) 佐久田悟議員

うるま市議会 2020-03-11 03月11日-06号

勝連学校給食センター栄養士1人、調理員2人。与那城学校給食センター栄養士1人、調理員2人を配置予定となっております。現在、定員に対する応募数は全て満たしており、4月の採用に向けて選考中でございます。 ○議長幸地政和) 国吉亮議員。 ◆16番(国吉亮議員) ありがとうございます。再質問します。 もし4月から人員が整わなかった場合はどのように取り組んでいくのか伺います。

うるま市議会 2020-02-26 02月26日-01号

橋梁については、点検結果を基に、計画的な補修・整備を推進するため、引き続き、「与那城107号線屋慶名橋」及び「与那城6号線無名橋5」の架替事業に取り組み、「与那城26号線無名橋6」と「田場4号線橋」については、調査測量設計に着手します。 また、沖縄自動車道を横断する伊波橋落下物防止柵の取り替えを行います。 

うるま市議会 2019-03-12 03月12日-09号

与那城学校は、歴史・伝統のある学校で、近年では沖縄県知事玉城デニー知事の母校と知られ、これまで多くの諸先輩方が学び育って、県内・外で広く活躍されております。合併前は、旧与那城地域では、一番大きな学校で、多い年度の年には、在校生徒が1,600人を超すマンモス校でありましたが、時代の流れで現在は600人余りの学校となり、少子高齢化の影響や地域過疎化が進み、現在に至っております。 

うるま市議会 2019-03-07 03月07日-06号

合併特例債は、東日本大震災に伴い合併市町村に係る地方債特例に関する法律において、合併特例債期間が延長されたことにより、平成25年12月定例会において、合併特例債期間合併年度及びこれに続く15カ年度とする新建設計画変更協議され、現計画では平成32年度最終年度となっておりますが、昨年の国会では、合併特例債に関する法律が改正され、発行期限が20カ年度と5年延長されております。 

うるま市議会 2018-12-12 12月12日-05号

基地についてであります。海兵隊第3海兵師団戦闘強襲大隊についてでありますが、これは新聞報道で私も知っているわけですが、うるまのキャンプ・コートニーにある部隊ですが、それが解散をして大半辺野古のキャンプ・シュワブ、そこの第4海兵隊に再編したという報道がありますけれども、当局はこのことをどのように認識しておられるかお伺いいたします。 ○議長幸地政和) 企画部長

うるま市議会 2018-09-11 09月11日-09号

その後東日本大震災等に伴う合併市町村に係る地方債特例に関する法律によって、合併特例債期間が延長されたことにより、平成25年12月定例会において、新市建設計画変更が議決され、合併特例債期間合併年度及びこれに続く15カ年度とし、公共事業に係る合併特例債活用発行限度額の満額である423億円としております。 ○議長大屋政善) 中村 正人議員

うるま市議会 2018-09-10 09月10日-08号

現状としましては、屋慶名側照間側に簡易的な航路灯が設置されており、当時、中城海上保安部、うるま与那城漁業協同組合協議において、簡易的航路灯管理については漁業者で行うとされており、今後の管理等につきましても与那城漁業協同組合において対応していただくものと考えております。 ○議長大屋政善) 佐久田 悟議員

うるま市議会 2018-09-03 09月03日-03号

飼い主が軍人・軍属である場合の対策につきましては、先ほどの不動産業団体と同様に、関係機関に対しても、基地の外で犬を飼うときの法令遵守と、危険犬飼養における厳格な管理につきまして周知徹底要請していきたいと考えております。 ○議長大屋政善) 仲本 辰雄議員。 ◆1番(仲本辰雄議員) そのようにお願いしたいですね。 次に、この通報体制について、質問を続けていきたいと思います。