7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

うるま市議会 2021-10-01 10月01日-08号

祖父母など、両親以外が子供を育てている県内の養育世帯が厳しい状況にあると新聞に掲載されておりました。養育者を含めた2018年度の県ひとり親世帯等実態調査で明らかになった、より手厚い支援が必要だとありました。養育世帯年間平均収入が235万円、児童扶養手当年金などを合わせたもので、母子父子世帯よりも約50万円から100万円低くなっている。

那覇市議会 2019-09-06 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月06日-02号

今回の調査では、祖父母などの両親以外が子どもを育てている養育世帯についても初めて調査が行われました。  調査報告によりますと、年間平均収入については、母子世帯が278万円、父子世帯が333万円と、平成25年度の前回調査時より増えているものの、平成28年度の調査全国平均よりは少ない状況となっております。  

那覇市議会 2014-12-12 平成 26年(2014年)12月定例会-12月12日-07号

その内訳として、母子家庭が4,656世帯父子家庭が422世帯両親以外の方が児童を養育する養育世帯が38世帯となっております。以上でございます。 ○安慶田光男 議長   古堅茂治議員。 ◆古堅茂治 議員   児童扶養手当を受給されている世帯は、本市の全世帯の約3.6%になります。  次に、児童扶養手当受給理由を明らかにしてください。 ○安慶田光男 議長   浦崎修こどもらい部長

沖縄市議会 2014-03-14 03月14日-05号

ただし、公的年金との併給制限により、児童扶養手当を受給できない養育世帯であっても児童については母子父子医療費助成制度対象となることから、その世帯が該当することが想定され、当該ケースに関していえば、本市では2世帯となっております。なお、厚生労働省の試算では全国で約5,000件の対象者を見込んでいるようでございます。 ○小浜守勝議長 与那嶺克枝議員。 ◆与那嶺克枝議員 ありがとうございます。 

うるま市議会 2012-10-01 10月01日-09号

ただいまの質問の中で児童扶養手当が支給されていない児童生徒の数、またその主な理由ということでございますけれども、住民基本台帳上の養育世帯と見られる児童数は252人、先ほど申し上げましたけれども、188世帯となっております。 平成24年8月末現在の養育者児童扶養手当受給者数は34人、児童数は38人となっております。

  • 1