9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

沖縄市議会 2018-10-19 12月17日-04号

日本音楽に誇れる普久原氏と備瀬氏の存在は、我が音楽まち沖縄市にとっては、貴重な人材であり、財産でもあります。この際、両氏を冠とした継続的な沖縄市の音楽イベント、例えば(仮称)ミュージックフェスティバルinコザなどの開催を強く提言いたします。 本市は、1万人アリーナが建設されることになり、その経営や運用方法などがこれからの課題となってきました。

うるま市議会 2013-02-27 02月27日-01号

文化スポーツ分野においては、本市出身の2名がプロ野球ドラフト会議で指名され、また音楽ではHY紅白歌合戦に出場するなど、若者活躍は市民の大きな励みとなりました。 さて、国内の情勢に目を向けますと、学校におけるいじめと自殺問題、長引く国内経済の低迷、社会保障と税の一体改革、国・地方の債務残高の問題など、社会経済のあらゆる面で先送りできない課題が山積しています。 

南城市議会 2012-09-13 09月13日-03号

若いいま皆さんが沖縄では、音楽で、本当に目を見張るぐらい活躍をなさっています。そういう中でも、南城市においても若い方々が結構、活躍をしています。そういったことも考慮して、ぜひともこの若い人たちがそこの岬公園を利用して、野外コンサートとか、そういうことができるような環境整備をお願いしたいと思っています。 あと1点は、いま知念岬から見下ろす海岸沿い、本当に素晴らしい景観だと思っています。

那覇市議会 2010-12-14 平成 22年(2010年)12月定例会−12月14日-07号

小禄出身または関係者による第2回文化講演会音楽の夕べが開催されました。これは、政治家経済家スポーツ等が目立つ中、今後、小禄文化・芸能・音楽における優れた人材育成、紹介、若者人材育成にと、これからの発展にと期待したいと思います。  それでは、質問に入ります。  公園行政について。  

南城市議会 2009-03-03 03月03日-01号

これまでの合格者は120名を越え、海外、国内中央音楽活躍する優秀な人材を輩出しています。平成21年度は、その中からさらに優秀な音楽家を招いて、オーケストラとの共演による記念コンサートを開催してまいります。この新人演奏会オーディションが、南城市から世界へ発信する国際オーディションとして発展するよう共催者である沖縄電力、沖縄タイムス社との連携を強化してまいります。 

那覇市議会 2006-12-15 平成 18年(2006年)12月定例会−12月15日-06号

最近の我が沖縄音楽も地元の演奏家の著しい活躍ぶりが目立つ昨今であります。その中で、11月25日に沖縄県立芸術大学開学20周年記念オペラ公演として、シェークスピア原作によるヴェルディ作曲ファルスタッフ奏楽堂ホールにて演奏されました。これは新聞紙上にも大きく取り上げられて大変に素晴らしいできばえで大成功でございました。私は、沖縄音楽歴史上に残るほどの画期的な出来事だと思います。

那覇市議会 2005-06-10 平成 17年(2005年) 6月定例会-06月10日-06号

その意味で、このゴルフや、あるいはまた音楽等も含めながら、今、日本全国に、あるいは世界に羽ばたく沖縄若者というものに注目いたしますと、今議員ご指摘の那覇市長主催によるジュニアゴルフ選手権大会というのは、私からすると、本当に私にとっても身に余るようなものであって、大変ありがたいことで、こういうのにご協力できるのであれば、やっていきたいなと思っております。  

  • 1