414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

与那原町議会 2027-12-11 12月11日-02号

私の質問の趣旨は、今、公共職場においては行革、合理化地方財政の逼迫などを背景に民間委託正規雇用拡大が進み、2016年4月、全国の自治体で恒常的に働く臨時非常勤等職員は64万3,000人となっています。その職務は従来の補助的業務、あるいは臨時業務にとどまることなく、正規職員の代替として同様の業務を担当する臨時非常勤等職員が急激に増加をしているのが実態であります。

糸満市議会 2021-12-17 12月17日-06号

何度も取り上げてきた問題ですが、昨今の保護者雇用形態を見ても正規雇用が多く、働いても働いても生活が楽にならないとの声をよく耳にします。そこで伺います。小項目2、学校給食無償化減免措置を求める。 小項目3、入学準備金増額を求める。 小項目4、待機児童の解消について、市の予定目標どおりに進捗しているのか状況を伺います。ア、待機児童数の今年度状況、次年度以降の見込みについて。

うるま市議会 2021-12-16 12月16日-07号

教職員の長時間勤務教員不足課題などが問題となっておりますが、うるま市の教育現場では、各学校での教職員基礎定数は満たされているのか、そして正規雇用加配措置等は満たされているのか。うるま市の現状と、それに対する対応ですよね、本年度当初の本務教諭臨時的任用教諭割合と配置できなかった学校ですね、未配置数、そして現在の状況、その状況に応じて今現在どういった対応をしているのか。

糸満市議会 2020-09-30 09月30日-07号

生活保護世帯消費税導入平成元年65万4,000世帯保護率0.89%、それが平成30年164万世帯保護率1.66%、30年で受給世帯は2.5倍、正規雇用が増加し、安定した暮らしを送ることが今や困難な時代である。私は医療費教育費完全無料化、老後の安定した年金受給が受けられるのであれば、消費税の増税があってもいいとは思います。

沖縄市議会 2020-09-27 09月27日-05号

ほかの保険に入れない無職の方、自営業や農業の方、正規雇用の方など負担能力が低い方が加入者の大半であります。雇用主負担がないため、協会けんぽの1.5倍から2倍と保険料が高過ぎるという構造的な問題を抱えております。しかし、昨年から始まった国保都道府県単位化制度は、国の責任を都道府県に押しつけ、加入者に一層の負担を迫るというものになっております。

名護市議会 2020-09-05 09月26日-11号

特に沖縄の場合は、全国でも非常に低い最低賃金制度の中で、この前の会計年度任用職員制度の問題でも、実際上、民間のほうが上なので、役所に来る臨時職員もいないという状況があって、正規雇用正規雇用の問題もありますけれども、しっかり最賃を引き上げていくというのは大きな、基本的な基礎必要性、引き上げを、全体を押し上げていくという意味で、最賃制度が必要ではないかと思っていますが、ここで質疑をしたいのは、ここに

嘉手納町議会 2020-09-04 09月04日-01号

沖縄県の労働人口の約43%が正規雇用です。嘉手納町においても同様な現状であると思います。生活保護世帯正規雇用世帯との生活の質、内容には小さな差しかなく、正規雇用世帯もぎりぎりの生活であることがわかっています。親世代がこのような生活をしている限り、虐待やいじめのリスクは常に高いままでとどまることになります。

糸満市議会 2020-06-25 06月25日-06号

ところが1997年に3%から5%に引き上げられ、さらに産業再生法のもとに正規雇用のリストラが実施、その穴埋めに正規雇用派遣労働が生まれました。経済は底冷えし、労働者の可処分所得は減り続けているというのが実態であります。安倍自公政権のもとで、来る10月にさらに10%に引き上げると言っております。市民の暮らしは大きな打撃を受けてしまいます。 ところが一方ではどうでしょうか。

嘉手納町議会 2020-06-14 06月14日-04号

さらには正規雇用固定化し、拡大をする。人減らし雇用破壊が進むといういろんな問題が言われております。ですからこの問題については、きょう数字的なものも一応提供していただきましたので、改めて次の機会にこの内容等については質問したいと思いますので、これにて私の質問を終わります。 ○徳里直樹議長  しばらく休憩します。

沖縄市議会 2020-03-18 03月18日-06号

男女の賃金格差は2017年の総務省の統計によりますと、正社員で男性100に対して、女性が73.4となっており、正規雇用を加えるとさらに低下をするとされております。そこで、①市の臨時非常勤職員における女性割合と抜本的な処遇改善について伺いたいと思います。 ○小浜守勝議長 総務部長。 ◎石原昌総務部長 お答えいたします。 

石垣市議会 2020-03-12 03月12日-06号

しかし、その年度だけ雇いますということで、長年働いてきた方が雇いどめにならないかと不安もあり、いつまでも正規雇用が続きます。 そこで、お伺いいたします。会計年度任用職員制度導入課題について、答弁を求めます。 最後に、国保税条例の一部を改正する条例についてお伺いいたします。今議会に上程されました石垣市国民健康保険税条例の一部を改正する条例は、国保県単位化に伴い、資産割を廃止するものです。

北谷町議会 2019-12-13 12月13日-02号

◆12番(玉那覇淑子議員)  本当に北谷町においては、いろんな形で保育士の優遇、待遇改善もやっているところであるんですけども、いま保育士も全て正規雇用採用していますよね、これはこれに問題があるのではないのかなあと思うんですけども、安定したやっぱり職場を求めて皆さん職も探しますし、そういうところに働き手を見つけていく。 

豊見城市議会 2019-12-12 12月12日-04号

一方で正規雇用を正当化し、正規雇用固定化につながりかねないなどの問題点も含んでいます。そこで伺います。 ①会計年度任用職員採用に当たり、採用基準について伺います。 ②採用に当たり、当初からフルタイム会計年度任用職員パートタイム任用職員という選考を行うのかについても伺います。 ③再任用の際、一般公募と同じ扱いになるのかについて伺います。 

北谷町議会 2019-12-10 12月10日-01号

正規雇用職員正規雇用する場合は、月額4万2千円の補助、新規で正規雇用する場合は月額2万5千円の補助となっております。 ○亀谷長久議長  兼城泰志総務課長。 ◎兼城泰志総務課長  お答えします。21ページの時間外勤務手当補正増についてですけれども、時間外勤務手当増額については、今回分析した結果、人事異動に伴うものが主となっているようです。

那覇市議会 2019-09-06 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月06日-02号

那覇市の業務を大きく支えているのが、正規雇用職員です。大事な役割を担っている非正規職員労働条件については、同一労働、同一賃金を基本として、正規職員との均等待遇を進めることが求められています。そこで質問します。  (1)来年度からの会計年度任用職員制度導入に向け、3件の関係条例案が今議会に上程されています。その目的、内容を伺います。