8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宮古島市議会 2002-06-11 06月11日-03号

市職員によります前代未聞の虚偽の農振除外証明が2年間にわたり19人の方に延べ27筆、面積にいたしまして約1万8,000坪交付されました。私は、今でもなぜこのような事態が起きたのか、余りにも不思議でなりません。農振除外虚偽証明書問題調査特別委員会が設置され、7日間における調査も終了し、調査報告書もここに届いているわけでありますが、市民が本当にこれで納得するのか私は疑問でなりません。

宮古島市議会 2002-06-06 06月06日-02号

(2)次回の委員会を5月2日とし、資料提出を求め、錯誤除外証明発行された27筆の土地を視察することを決定する。  要求資料①全員協議会平成14年3月13日)に提出された関係資料「農振除外証明発行にかかわる経過」。②3月定例会における関係資料一般質問における事件に係わる資料。  2、第2回委員会(5月2日)。(1)提出資料の審査及び農政課長による説明

宮古島市議会 2002-03-25 03月25日-07号

それから、3月10日の企業関連用地についての除外証明の件ですが、経過報告にもありますように沖縄県が全体見直しの中に挿入できると当時の担当者は言っておりましたので、それに基づいて彼が起案し、除外証明発行いたしました。その後県本庁との協議の結果、できないということがわかりましたので、3月10日の分については取り消し処分をしております。 ○議長(池間青昌君)  休憩します。          

宮古島市議会 2002-03-20 03月20日-05号

一連の新聞報道市当局の経緯の説明によりますと、職員虚偽の農振除外証明を作成、発行していた。それも、にせの台帳までもつくり、農業委員会県宮古支庁に持ち込み、農地から宅地へ転用させていただいたということですが、次のことについて質問をさせていただきます。 一つ目に、具体的にどのような問題を引き起こしたのか。二つ目に、証明書はいつからいつごろまで発行をされたのか。

  • 1