6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

名護市議会 2020-12-03 12月15日-08号

議員質問の「SNSを活用した道路維持管理情報」につきましては、道路損傷情報を効率よく集められ、市民が気軽に通報でき、状況の確認や場所の特定がしやすいなどメリットがある反面、私道や国道、県道、民有地など管理外の施設に関する様々な案件が多くよせられるおそれや、来庁者窓口対応電話対応に加え、新たにSNS情報確認を現状の規模で対応可能かなど、想定される課題があることから、市の関係部署調査研究

沖縄市議会 2020-02-26 02月26日-03号

道路損傷通報アプリケーションについてお伺いいたします。 アにつきましては、高橋議員からの質問に御答弁いただいておりまして、理解をさせていただきました。 ②のイ.どのようにして市民導入を促すのかについて、もう一度お聞かせください。よろしくお願いいたします。 続いて、質問の要旨(23)①②につきましても、こちらも多くの議員から質問がございましたので、割愛させていただきます。 次に移ります。

沖縄市議会 2020-02-25 02月25日-02号

(イ)道路損傷通報アプリケーション導入について、以前、兄弟市の豊中市の先進事例類似事業について議論をした経緯がございますので、今年度予定されている具体的な事業概要についてお伺いいたします。 (ウ)道路愛護団体の育成と周知について、もっと活動内容団体の頑張りを広報おきなわを活用するなどして、PRしてもよいのではないかと御提言をしたいと思いますけれども、御見解をお伺いさせてください。 

沖縄市議会 2020-02-18 02月18日-01号

また、舗装の破損や側溝の不具合等を把握するため、道路損傷通報アプリケーション導入します。 市北部地域道路整備につきましては、歩行者の安全を確保するため、登川4号線の用地測量用地購入等をおこなうとともに、登川38号線の詳細設計および用地測量を実施します。 以上、令和2年度の主な施策の概要を申し上げました。 

那覇市議会 2011-06-21 平成 23年(2011年) 6月定例会−06月21日-04号

今後につきましては、市内道路をくまなく利用している集配業者などと連携を図り、道路損傷通報システムを構築し、より迅速な対応に努めていきたいと考えております。以上です。 ○翁長俊英 副議長   翁長聡都市計画部長。 ◎翁長聡 都市計画部長   宮里光雄議員個人質問の4番目、モノレール停止原因究明と対策についてお答えします。  

  • 1