101件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

うるま市議会 2020-03-09 03月09日-04号

国土交通省道路から沖縄県を通し、令和元年11月12日付、事務連絡、件名が「令和2年度中に執行が見込まれる緊急安全点検等対策に関する所要額の調査(防災安全交付金)について」との通知がございました。内容といたしましては、令和2年度中に対策を完了し得る対策案及び対策の一部を構成する工事が完了可能な対策案について、所要額の報告を求めるものであります。

南城市議会 2019-09-05 09月05日-02号

その後、国土交通省長橋道路次長、それと、道路丹羽企画課長も同席して要請を行いました。さらに内閣府に戻りまして、山崎事務次官次官室要請を行いました。その後、自由民主党本部に伺いまして、加藤勝信総務会長にも協力要請を行いました。 8月27日には沖縄県の土地開発公社にも用地取得取り組み強化への協力要請を行いました。 

那覇市議会 2018-03-06 平成 30年(2018年) 3月 6日建設常任委員会(建設分科会)−03月06日-01号

社会資本整備総合交付金で行う事業としては、国交省道路所管予算ですので、かなり大掛かりな道路整備にかかる予算でありますので、そのあたりには国交省補助整備を行うと。それ以外の小さな市道とか、そういうものについては防衛交付金を使っていると。  実際に平成29年度には、安謝北道路地域区画道路について整備を行いました。 ○委員長(上原快佐)  糸数委員

那覇市議会 2018-02-28 平成 30年(2018年) 2月28日建設常任委員会(建設分科会)−02月28日-01号

次に、道路新設改良事業社会資本交付金)、これは国交省道路所管交付金でありますが、交付金内示額確定にあわせた1,800万円の減額であります。  次に橋梁長寿命化修繕事業、これは橋梁長寿命化修繕計画に基づいて、本市が管理する橋梁修繕を行う補助事業でありますが、これも内示額確定にあわせた補正減1,623万円の減額となっております。  

那覇市議会 2016-10-14 平成 28年(2016年)10月14日建設常任委員会(建設分科会)−10月14日-01号

第15款第2項第5目土木費県補助金、これは沖縄振興公共投資交付金で、第1節が道路所管、第2節が都市局所管事業に対する補助金であります。  予算現額。 ○委員長喜舎場盛三)  数字は見ればわかりますので、内容と例えば収入率が低いのはその低い理由とか、高いなら高い理由、そういったのを述べていただければ。数字は見ればわかりますので、いちいち言わなくても結構です。

那覇市議会 2016-09-30 平成 28年(2016年) 9月30日建設常任委員会(建設分科会)-09月30日-01号

これは道路事業国庫補助金交付額確定によるものであります。  次に、第21款市債、第1項第2目第1節第3細節公共事業等債、これは増額となった、先ほどの社会資本整備総合交付金事業に充当する市債増額であります。  次に、資料の2ページ目をお願いいたします。  歳出について説明いたします。  

石垣市議会 2015-03-13 03月13日-06号

路線の南側の部分の国道バイパスから商工南通りまでの183メートルの区間は、平成16年8月から平成20年1月までの事業期間で、国土交通省道路補助事業により整備を終えております。また、路線北側の現在整備中の国道390号線から産業道路までの312メートルの区間は、平成17年6月に都市計画事業の認可を受け、同年国土交通省都市局補助事業により事業着手しております。 

北谷町議会 2014-10-15 10月15日-05号

宮城1号線の進捗状況につきましては、平成25年度に実施設計を完了させ、現在その成果を基に平成27年度から整備工事に向けて国土交通省道路所管社会資本整備交付金を充当する計画事業を進めております。 整備区間は、成人病検診センター横交差点から砂辺馬場公園前町道宮城7号線までの延長は1千659メートルを整備延長し、整備期間平成27年度から平成31年度までの5か年間を予定しております。 

北谷町議会 2014-06-16 06月16日-02号

宮城1号線改良事業進捗状況は、平成25年度に実施設計を完了させ、今年5月に現在その成果を基に平成27年度からの整備工事に向けて国土交通省道路所管社会資本整備交付金を充当する計画で概算要望しております。整備区間は、成人病検診センター横交差点から砂辺馬場公園前町道宮城7号線までの延長1,659メーターを整備延長とし、整備期間平成27年度から平成31年度の5か年を予定しております。 

沖縄市議会 2014-03-18 03月18日-07号

しかし、内喜納橋については橋梁長寿命化事業ではなく次年度の新規事業として道路補助事業東南植物楽園線事業計画の中に入っておりますので、その事業整備する予定でございます。進捗状況でございますが、内喜納橋はかけられてから37年が経過していることから、今年度、平成25年7月に2トン重量制限をかけております。現在は新たに架替えまでの期間があくことから、架設補強工事を進めているところでございます。