運営者 Bitlet 姉妹サービス
484件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号 今回のヨウ素の生産試験は、当初から試掘の一環で行われるものでありまして、ヨウ素を実際事業化する採算ベースに乗せるためには最低でも10本の井戸がないと、それをパイプラインでつないでやらないと工業化できるぐらいの、輸出するぐらいの額は売れないと聞いていますので、あくまでも今回の試掘に関しましては、ヨウ素を仮の施設でどれだけとれるかという試掘の実験でありますので、その辺を御理解いただければと思います。 もっと読む
2018-12-10 西原町議会 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月10日−02号 その他乳製品、水産食品、衛生証明書の添付等の輸入条件化、それから自治体等の食品輸出関係事務に係る規定の創出等が明記されております。この食品衛生法は、先ほども申し上げたように、ことしの6月13日に公布をされております。タイムスケジュールからいきますと、この公布のあった日から起算して2年、いわゆる2020年の6月に認定を受けないといけない。弾力化というので1年間設けられています。 もっと読む
2018-06-21 那覇市議会 平成 30年(2018年) 6月21日予算決算常任委員会−06月21日-01号 一方で、沖縄21世紀ビジョン基本計画における自立型経済の構築とは、輸出型及び域内産業の両者が連携、補完する経済構造を創出して、域内産業を活性化することで、企業の収益増加を図り、地域経済全体が発展する好循環の状態を実現することと示されております。  その自立型経済の構築を目指すためには、労働生産性を高める取り組み、産業の高度化に対応できる人材の育成が必要であるとされております。   もっと読む
2018-06-13 浦添市議会 平成30年  6月 定例会(第185回)-06月13日−05号 (3)沖縄における国際物流は、県内からの輸出が少ないため輸送コストが高くなるなどの理由から、多くの識者から、国際競争に勝てないと指摘されておりますが、このような指摘及び課題等に対し、どのような対策を考えているか伺います。(4)一括交付金を活用して那覇港管理組合が実施している「那覇港物流機能等強化事業」の具体的な内容を伺います。 もっと読む
2018-06-01 浦添市議会 平成30年6月定例会 一般質問通告書-一般質問通告書 ││         │ (3) 沖縄における国際物流は、県内からの輸出が少ないため輸送コストが高くな ││         │ るなどの理由から、多くの識者から、国際競争に勝てないと指摘されているが、││         │ このような指摘及び課題等に対し、どのような対策を考えているか伺う。    もっと読む
2018-03-28 浦添市議会 平成30年  3月 定例会(第184回)-03月28日−08号 企画部においては、再編交付金や那覇港輸出貨物増大促進事業などについて質疑があり、平成22年度の再編交付金が増加したのは、環境影響評価に着手したことによる。 もっと読む
2018-03-12 那覇市議会 平成 30年(2018年) 3月12日厚生経済常任委員会−03月12日-01号 そして県外や海外にも輸出する衛生的な加工場を持つことが可能になれば、商売として発展していくだろう。  泊では1日平均30トン余りの魚が水揚げされるんですが、これは3日、4日ぐらい30トン以上の水揚げが続きますと、100円、200円単位で平均単価がどんどん落ちていくんです。10トンの魚をとってきました。100円変われば100万円変わります。20トンだったら200万円は簡単にいきます。 もっと読む
2018-03-05 浦添市議会 平成30年  3月 定例会(第184回)-03月05日−04号 なお、市内でカキ養殖を行っている民間事業所につきましては、既に独自で県外の研究機関と連携しており、アジアをターゲットとした輸出を事業計画として進めているようでありますので、当該事業者側の意向も伺いながら、支援等の検討を進めてまいります。 ○島尻忠明議長 下地節於企画部長。 ◎下地節於企画部長 稲嶺伸作議員の質問番号2の(3)の①にお答えさせていただきます。 もっと読む
2018-02-23 那覇市議会 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月23日-06号 沖縄は、沖縄21世紀ビジョン等で今、産業振興分野等取り組んでおりますが、計画においては、成長エンジンである輸出型産業等が複数堅実に育っており、成長の翼である域内産業も活性化し、両者が連携・補完していくことで強くしなやかな経済構造が創出することが重要であるというふうにうたっております。   もっと読む
2018-02-21 那覇市議会 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月21日-04号 高度衛生管理型荷捌施設とは、近年の食の安全安心に関する社会的関心の高まり、諸外国への輸出を前提とする産地魚市場に求められる品質衛生管理対策の高度化へ対応するため、水産物の陸揚げから出荷まで、各工程で想定される食中毒などの危害要因を取り除く対策が施された高度に衛生管理のなされた完全閉鎖型の荷捌施設でございます。   もっと読む
2017-12-18 那覇市議会 平成 29年(2017年)12月18日厚生経済常任委員会-12月18日-01号 この高度衛生管理型荷捌き施設につきましては、主に県外であったり、あと国外、特に衛生の面で、高度な衛生管理を求められているのが国外になっていますので、そういった市場向けに輸出といったことを少し想定した施設だというふうに理解をしております。   もっと読む
2017-12-13 名護市議会 平成29年第189回名護市定例会-12月13日−04号 本制度は、人・農地プランの中心経営体として位置づけられた認定農業者などが規模拡大、農産物輸出など、新たに攻めの経営展開に取り組む際、農業経営に必要な農地や施設などの事業用資産を主として、借り入れにより事業を行っているなどの理由により、十分な担保提供ができない場合に、事業性評価融資により事業を遂行できる経営能力があること及び投資する事業に十分に事業性があることの確認を行った上で、実質無担保、無保証人で もっと読む
2017-12-13 名護市議会 平成29年第189回名護市定例会-12月13日−04号 本制度は、人・農地プランの中心経営体として位置づけられた認定農業者などが規模拡大、農産物輸出など、新たに攻めの経営展開に取り組む際、農業経営に必要な農地や施設などの事業用資産を主として、借り入れにより事業を行っているなどの理由により、十分な担保提供ができない場合に、事業性評価融資により事業を遂行できる経営能力があること及び投資する事業に十分に事業性があることの確認を行った上で、実質無担保、無保証人で もっと読む
2017-12-13 浦添市議会 平成29年 12月 定例会(第183回)-12月13日−06号 ということは、原油国である国が原油の価格だとか、あるいは供給する原油の輸出量、そういうのがその国の経済の状況によって左右されるわけです。皆さんも御承知の年齢の方もいるかと思いますが、1970年でしょうか、オイルショックがございました。あのとき市長はまだ生まれていないと思いますが。大丈夫だね。このオイルショックで日本の経済が大きな打撃を受けました。 もっと読む
2017-12-12 那覇市議会 平成 29年(2017年)12月定例会-12月12日-05号 それらの整備が進めば、消費者に対し安全・安心な水産物の供給が図られるだけでなく、輸入品に対し高度な衛生管理を求める諸外国への輸出拡大が期待されるものであります。  しかし、当該施設の整備にあたっては、高度な衛生管理を保つため空調費や施設の維持管理に多額の経費がかかることへの懸念や、それら経費の増加に伴う水産物への価格転嫁などを危惧する声が漁業関係者らから上がっております。   もっと読む
2017-12-12 西原町議会 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月12日−03号 御案内のとおり、水溶性天然ガス、極めて世界的にもレア資源でございまして、その中で日本では輸出産業の大きな比重を世界的には占めるわけでございまして、そういう面での水溶性天然ガス、一つの国策としても進めていかなければならない、そういうものがあります。そういうようなことから、今総合事務局が非常に熱意を持って、この水溶性天然ガスについて取り組みをされております。 もっと読む
2017-12-12 浦添市議会 平成29年 12月 定例会(第183回)-12月12日−05号 また平成28年の那覇港の取扱貨物量は、速報値で外貿取扱貨物量が115万8,241トン、うち輸出37万2,628トン、輸入78万5,613トン。内貿取扱貨物量が1,040万6,691トンのうち、輸出384万1,176トン、輸入656万5,515トンとなっております。 ○島尻忠明議長 休憩いたします。                   もっと読む
2017-09-22 浦添市議会 平成29年  9月 定例会(第182回)-09月22日−04号 ⑤那覇港輸出貨物増大促進事業の具体的な内容について伺う。⑥新港ふ頭地区に新たに大型クルーズ船の岸壁整備を計画しているが、貨物港としてクレーンやコンテナなどの設備がある場所に観光の玄関口として受け入れることが適切とは思えないが、那覇港管理組合は、このことについてどういう考えのもとに計画を立てたのか具体的に伺う。以上です。再質問は自席にて行います。 ○島尻忠明議長 松本哲治市長。 もっと読む
2017-09-22 那覇市議会 平成 29年(2017年) 9月22日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月22日-01号 上から2段目、事業07那覇市水産・観光国際競争力強化事業につきましては、水産物の輸出促進に向けた取り組みやインバウンド向けの先駆的観光モデルに対する補助、及び市の水産拠点の競争力強化に資するため、泊漁港一帯の将来像構想策定に対する補助事業となっております。プロポーザル審査の結果、実績として不用が生じているものでございます。   もっと読む
2017-09-19 西原町議会 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月19日−03号 そうすることによって輸出の拡大もありますけれども、EUのほうとしては、やはり証明書は必要だと。日本米そのものを全部安全だというふうに見るには、受け入れ側としてはよろしくないというふうなことが書かれています。  それともう一つ、これは9月14日の農業新聞です。その中に東京五輪飲食戦略、2020年。 もっと読む