101件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2018-12-25 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月25日−07号

特に我が石垣市は、尖閣諸島行政区域にかえて、中国領有権主張に伴うこの軍事による奪取の脅威が現実味を今帯びている以上、日米安保による抑止力は最も必要である。そのためにも、軍事強化による抑止力が平和の礎になることは明白でありまして、危険な普天間飛行場にかわる辺野古キャンプ・シュワブの拡張は推進すべきであると、このように訴えて私の反対討論とさせていただきます。

石垣市議会 2018-12-17 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月17日−02号

その中で、まずは防衛力と相手の軍事との均衡なりのバランス等を考えながら、判断すると思いますが、当然にそこには住民が住んでいるわけでありますので、その判断をする中においては、最終的には住民をどのように避難させるのかと、どういう場合にはこういうふうにするとか、さまざまな判断がされるものというふうに思っています。  

与那原町議会 2018-12-12 平成30年12月第4回定例会-12月12日−02号

そして安倍首相が言うように、これまでの延長ではなく、巨大な軍事を保有し、それを維持強化することが憲法上の、自衛隊が入ることによって義務になります。そもそも自衛隊憲法9条違反であることは、私は明らかだと思います。それにもかかわらず、歴代の政府自衛のための必要最小限度の実力憲法9条2項にいう戦力には該当しないとして、自衛隊合憲を言ってきました。

宮古島市議会 2018-09-18 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月18日−05号

特に北朝鮮における核兵器弾道ミサイルの開発や運用能力の向上はより重大で、差し迫った新たな段階の脅威になっているとともに、中国においては、透明性を欠いた軍事の増強と積極的な海洋侵出を行っており、領土主権経済圏域をめぐる純然たる平時でも有時でもない、いわゆるグレーゾーンが増加し、長期化する傾向にあります。

宮古島市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月27日−08号

軍事行使による解決は絶対に避けなければなりません。軍事衝突の影響は、日本にも及ぶことになり、おびただしい犠牲をもたらす軍事衝突は絶対に回避しなければなりません。そこでお伺いいたします。北朝鮮の核実験弾道ミサイル発射について、市長の見解を求めます。   次に、核兵器禁止条約についてお伺いします。

石垣市議会 2017-09-20 平成29年  9月 定例会(第6回)-09月20日−06号

外交を強くするためには、軍事を背景にした外交が最も有効であるということは世界の先進国が証明している。  昨日、砥板議員外交定義を説明しましたら、野党議員からこんなやじが来ました。「あんな外交があるか」、スマホで検索してみてください。外交とはどのようなものか。幾つの段階があるのか。ご自分でぜひ調べてみられることを勧めます。  

石垣市議会 2017-09-19 平成29年  9月 定例会(第6回)-09月19日−05号

社会情勢の現状において、北朝鮮軍事的挑発行為や核やミサイル開発、中国軍事の広範かつ急速な強化、東シナ海における活動の急速な拡大、活発化、太平洋への進出の常態化などから、我が国にとってさまざまな安全保障上の課題や不安定要因がより顕在化、先鋭化してきております。  

石垣市議会 2017-06-20 平成29年  6月 定例会(第4回)-06月20日−03号

しかしながら、アメリカとの安保を例えば廃止して、自衛隊だけで国を守るという形になるのであれば、さらに軍事を強化する、さらに弾道弾ミサイル等を打ち落とすシステム等も構築しなければならないというような形になってくると思いますので、現状、私は日米安保の体制で行くべきだというふうに思っておりますし、自衛隊基本的には専守防衛、そして石垣島への配備は、抑止力になり得るというふうに考えております。  

与那原町議会 2017-06-14 平成29年6月第2回定例会-06月14日−02号

既に世界有数の軍事を持ち、米軍と一体化して日常的に軍事訓練を行い、独自の敵基地能力の保有まで、先ほどミサイルの話がありましたけれども、その保有までも検討されている自衛隊が9条2項で言う、陸、海、空軍の戦力に相当しないということになるんですよ、これは、今の9条の中に入れたら。

沖縄市議会 2016-10-05 第384回 沖縄市議会定例会-10月05日−07号

軍事技術アップで、面積では単純に比較できないと思っています。そういうものでありますから、ぜひ今後はもし何かがあったら、基地の県内移設ではなく基地の県外移設を初めに求めて、それでもだめだったら本員は県内移設でもやむを得ないと思うのだが、今後はよろしくお願いいたします。  では質問事項3.1万人多目的アリーナについてお尋ねします。  

名護市議会 2016-09-23 平成28年第184回名護市定例会-09月23日−07号

またこれは現在、例えば中東とかいろんな所で行われているということも、いろんな所で、やはり基地がある所を集中的に攻撃しているということからしても、やはり力でもって、あるいはその軍事を持ってやるとすれば、そこにある発進基地となる所を狙ったほうが一番作戦上いいという話になるんだろうと、先輩たちの話を聞くとそういうことが非常に納得がいくところであります。それから知事の発言の中で、砂の上にボールを落とす。

石垣市議会 2016-09-16 平成28年  9月 定例会(第6回)-09月16日−06号

また、中国は「海洋強国」を強調し、南シナ海や東シナ海への海洋進出を強め、増強する軍事を背景に、南シナ海を不法占拠して要塞化し、次々と現状変更を続けている。  その中、フィリピンとの南シナ海の領有権をめぐる問題には、オランダハーグの仲裁裁判所が、中国主権を一切認めない判決を去る7月12日に下している。  

石垣市議会 2016-09-15 平成28年  9月 定例会(第6回)-09月15日−05号

国防とは、武力、軍事は、国の安全保障を確保し、戦争を抑止するためのものである。したがって、軍人ほど戦争には抑制的という見方がありますよと。自衛隊ほど戦争をしないんです。戦争をしたくないんです。だからこそ、専守防衛で、自分たちの国を守ろうと一生懸命頑張っているわけです。  この間、陸自の富士総合火力演習を見に行ってまいりました。

宮古島市議会 2016-06-27 平成28年  6月 定例会(第4回)-06月27日−06号

防衛力の重要性では、日本国民が過去に欧米列強から不平等条約を用いられた歴史、その歴史とは日本国軍事防衛力が乏しい時代に欧米列強外交圧力によって修好通商条約アメリカイギリスフランスロシアの国々やほか数国と条約を結ばされた。日本国に対して不平等な内容で日本国輸入税に対しては相当数の少ない税金を輸入税を払い、同じ品物でも日本から輸出する場合にはまた高額の税金を取られる。

宮古島市議会 2016-06-24 平成28年  6月 定例会(第4回)-06月24日−05号

私は、何が起こってもおかしくないこのご時世、近隣諸国の安全保障情勢には関係なく、防衛力を持ってこそ当たり前の一国の姿だと思っているので、ましてや近隣諸国が軍事で台頭する中、南西諸島防衛空白地帯を埋めるために宮古島陸上自衛隊を配備することは、賛成です。子や孫の平和のため、自衛隊の抑止力に頼ることは、この世から武器暴力がなくなるまで必要だと思っております。

石垣市議会 2016-06-16 平成28年  6月 定例会(第5回)-06月16日−05号

71年前の悲惨な戦争体験から軍事でなく外交市民経済交流で近隣諸国、世界と平和を築いていく憲法を持ち、紛争は話し合いで解決するというのが世界の流れです。  あえて紛争の火種になる新たな軍事基地は要りません。              〔何事かいう者あり〕  石垣島への自衛隊配備問題は現時点では防衛省の説明、情報開示は不十分です。市としてもその情報提供はなされていません。

石垣市議会 2016-06-15 平成28年  6月 定例会(第5回)-06月15日−04号

1点目の世界情勢の現状については、北朝鮮軍事的挑発行為や、核やミサイル開発、中国軍事の広範かつ急速な強化、東シナ海における活動の急速な拡大、活性化、太平洋への進出の常態化などから、我が国にとってさまざまな安全保障上の課題や不安定要因がより顕在化、先鋭化し、我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増している現状にあります。