9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

豊見城市議会 2013-03-14 03月14日-03号

次に、②(ア)につきましては、未買収用地につきましては、地権者より起工承諾をいただいて、造成工事を行っているとのことです。 次に、②の(イ)につきましては、起工承諾はその土地土地売買及びこれに伴う損失補償契約の締結に先立って無償で使用させることに対する承諾書となっており、売買契約ではないとのことです。 

豊見城市議会 2012-12-11 12月11日-03号

造成工事契約案件では、ある企業の所有する土地1筆、約1,400平方メートルの購入契約を結ばずに「造成工事起工承諾を手形に、議会議案として提案されました。土地を買収せず、購入を確約する仮契約も成立しない状況で、造成工事契約に踏み切ることは適正な行政行為か疑問であります。豊見城市でもこのような事例があるのか、確認のため伺いたいと思います。 

宮古島市議会 2008-03-21 03月21日-08号

そして、共有地の85名の移転登記はなかなか難しいでありますから、起工承諾をもらって、そして何とか工事が進められてきました。  今回繰越明許を否決した、そして県が今指摘されている用地を買わないでどうやって工事を進めるんですかというその県の指摘というのはですね、まさに遊歩道ができない、多目的もできない、ミニサッカー場もできない。なぜか。

名護市議会 2007-06-14 06月27日-08号

それで工事の方ですけれども、今回造成設計を行っておりまして9月下旬から造成工事を行いたいと考えておりますけれど、その白い部分、空いている部分、今後仮契約をしようと考えている部分地権者からは工事起工承諾をいただいておりますので、工事の工程等々には影響がないものだと考えております。 ○議長島袋権勇君) 27番 大城敬人君。 ◆27番(大城敬人君) 今は土地の取得の議案なので。

宮古島市議会 2001-03-22 03月22日-07号

それから、下崎道路の件ですが、実は前から答弁しているように相続関係の手続が不可能だったので、繰り越しておりますが、起工承諾を持って13年度では施行していきたいという方法を今調整しておりますので、そのようにさせていただきたいと思います。  マリーナ線緑地舗装がございますが、これもちょっと国との確定の測量の件で延ばしておりますが、これも可能となっております。  

宮古島市議会 2001-03-21 03月21日-06号

自治会東急グループ両方とも市に積極的な協力をしたいという申し出がございますので、必要ならば起工承諾でもって事業を進めながら確定作業を並行推し進めるということも今考えておりますので、今12年度の繰り越しがございますので、下崎1号線についてはその起工承諾に基づいて着工していきたいと思っております。  それから、荷川取線につきましては14年度から再開をしたいと思っております。  

  • 1