282件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2027-12-13 12月13日-06号

現在想定しております事業スケジュールによりますと、今から3年後の令和4年度から調整道路などのインフラ工事が始まる予定でございます。民間の建築工事等につきましては、道路などの必要条件が整備された後になりますので、具体的に令和何年ということは現時点では申し上げることは難しいと思いますけれども、道路などの必要条件が整った場所から令和4年度以降に順次ということになると考えられます。

石垣市議会 2021-12-10 12月10日-03号

石垣市水道につきましては、平成29年度実績では河川表流水としまして、於茂登取水場、白水取水場、白水原水調整、於茂登水源、新川水源、地下水源としまして、平得水源、大浜第1水源、大浜第2水源、大浜第3水源から年間913万5,889立方メートルで、1日平均としましては1万5,030立方メートルを取水しております。 次に、3点目の水資源の涵養源についてお答えいたします。 

南城市議会 2020-12-20 12月20日-07号

議員間討議においては、当初計画において土地改良事業区域から、雨水処理が困難だと確認され、新しく調整を配置するものであり、特に問題はないとの意見がありました。 本案に対する討論はなく、採決の結果、全会一致で可決することに決定しました。 次に、議案第72号・区域外の公の施設の利用について、主な質疑内容を申し上げます。 

沖縄市議会 2020-12-16 12月16日-03号

当該箇所の浸水解消へ向けては、本市では下流側への流量を抑制するため、島袋小学校運動場地下への雨水調整の設置や、雨水排水路のバイパス整備等を行ってまいりました。

石垣市議会 2020-12-16 12月16日-07号

環境影響評価準備書によると、当該民間企業はそれらの意見を受けてウガドゥカーラの沢を調整としないこと、また、埋蔵文化財を確認した区域での建築物建設を行わないこと、また、事前調査でカンムリワシの出現の多い区域を通る取りつけ道路などを廃止すること等をうたっております。しっかりとその意見に対して対応しているというふうに考えております。 また、今後も市民の説明会、また、意見を聴取する機会があります。

石垣市議会 2020-12-12 12月12日-05号

事業者は、これらの意見を踏まえ、再検討の結果、1点目、ウガドーガーラの沢を調整としない。2点目、埋蔵文化財を確認した区域での建造物建設を行わない。3点目、事前調査でのカンムリワシの湿原の多い区域を通る取りつけ道路を廃止するなどの見直しを行い、環境影響評価方法書を作成し、公表しております。 ○議長(平良秀之君) 長山家康君。

南城市議会 2020-09-06 09月06日-03号

変更内容については、地区内にある2カ所のドリーネ付近に新たな調整を設け、さらに上流側(山手側)の琉球ゴルフ場敷地内に浸透池を設ける計画に変更しております。現状を百名区の評議員会に説明し理解を得ております。 本年度より、用地購入と工事を予定しております。9月に工事発注する運びとなりました。8月までの進捗率は13.6%で、令和3年度に事業完成予定であります。 以上です。

糸満市議会 2020-06-24 06月24日-05号

1日当たりの約1万9,000トンの浄水を西原浄水場系統から企業局の伊覇調整に送水され、本市で最も重要な施設であります与座ポンプ場、配水池を経由して水道水を供給しております。本市の水質管理は、浄水の状況を踏まえて、水質基準項目及び水質目標設定項目を定めた検査計画を策定し、水質管理を行っております。

糸満市議会 2020-06-21 06月21日-04号

糸満市に送水される浄水は、西原浄水場系統から企業局の調整及び本市の与座ポンプ場、配水池を経由して水道水を供給しています。また有機フッ素化合物が他水源に比較して高濃度で検出された北谷浄水場系統の水源の浄水は、本市には供給されておりません。直近の平成30年の検査データで、北谷浄水場系統の有機化合物等の濃度の合計値は、平均30ナノグラム程度であり、安全なレベルに低減されていることを確認しております。

北谷町議会 2020-03-23 03月23日-07号

沖縄県が進めております白比川改修事業につきましては、これまで河口付近の暫定掘削箇所の護岸工事、中流部で調整(溜め池)の整備を行っております。 改修工事の今後の予定については、令和元年度末の基地返還、令和2年度の国(沖縄防衛局)による基地内の土壌汚染調査や支障物の除去等を行った後に、河川改修工事に着手し令和5年度完了を予定していると伺っております。 

宮古島市議会 2020-03-18 03月18日-08号

それからまた、各エリア設計プランというふうなもの、その中でゾーン、ゾーニング、それから駐車場エリアとか調整とか、それから設計スケジュールというふうなものができております。スケジュールにつきましては、もう少し待ってください。 ○議長(山里雅彦君)   休憩します。                                     

南城市議会 2020-03-17 03月17日-04号

いろいろ言いましたけれども、南城市でできるもの、沖縄県にお願いしなきゃいけないもの、そういうものがあるわけですから、それぞれに考えていくべき問題だと思いますけども、今の調整について、こういうふうにやったほうがいいんじゃないかって提案しましたけども、土建部長、農林水部長農業の話もしましたので、市長もこの提案、どういうふうにお聞きになったかお尋ねしたいんですけども。

豊見城市議会 2020-03-02 03月02日-01号

水道事業につきましては、与根地内の配水管布設工事を行うとともに、引き続き災害対策として、八重瀬町にある企業局伊覇調整から受水するための送水管布設工事を実施してまいります。 公共下水道につきましては、我那覇地区の汚水増補管整備工事を実施するとともに、下水道接続率向上と適切な維持管理に努めてまいります。 

北谷町議会 2019-12-18 12月18日-05号

沖縄県が進めております白比川改修事業につきましては、これまで河口付近暫定掘削箇所の護岸工事や、中流部における調整の整備が行われております。 今後の予定については、令和元年度末の基地返還、令和2年度の国(沖縄防衛局)による基地内の土壌汚染調査や支障物の除去等を行った後に、河川改修工事に着手し令和5年度完了を予定していると伺っております。 

北谷町議会 2019-12-17 12月17日-04号

沖縄県が進めております白比川改修事業につきましては、これまで河口付近暫定掘削箇所の護岸工事や、中流部における調整(溜め池)の整備が行われております。 今後の予定については、令和元年度末の基地返還、令和2年度の国(沖縄防衛局)による基地内の土壌汚染調査や支障物の除去等を行った後に、河川改修工事に着手し令和5年度完了を予定していると伺っております。 

北谷町議会 2019-12-16 12月16日-03号

沖縄県が進めております白比川改修事業につきましては、これまで河口付近暫定掘削箇所の護岸工事や中流部における調整(溜め池)の整備が行われております。 今後の予定については、令和元年度の基地返還、令和2年度の国(沖縄防衛局)による基地内の土壌汚染調査や支障物の除去等を行った後に、河川改修工事に着手し令和5年度完了を予定していると伺っております。

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−12月12日-01号

このそばからの浸入、この調整に入るような水が周囲から入りだすと非常にものすごい量が増えるとは思うんです。  これを今対策しようとしているというのはわかるんですけれども、そもそも雨水ということでこれやったら、例えばどれぐらい増えるかというのは、試算とかできているんでしょうか。 ○委員長(前泊美紀)  大嶺課長。 ◎クリーン推進課長(大嶺毅)  雨水ではなくて汚水です。

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日予算決算常任委員会−10月02日-01号

当局から、浸出水下水道放流事業について、旧最終処分場の地中から染み出てきた汚水は浸出水調整に集め、薬剤による水処理を行い河川放流していた。  今回、浸出水を公共下水道放流する条件が整ったため、送水管の新設工事及び下水道高さまで引き上げるために必要なポンプの設置工事を行い、浸出水を溜める調整に雨水が入らないように屋根を設置する工事を行った。  

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月26日-01号

こちらには旧工場で燃やすことのできなかったごみが埋められておりまして、こちらのごみの中を通った水は右下の浸出水調整へ集められ、薬剤による水処理を行い河川放流しておりました。  今回の放流事業は、写真上部の鳥堀12号線、開邦高校側の前の道です。

那覇市議会 2019-09-09 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月09日-03号

その対応として、首里石嶺町四丁目地区につきましては、浸水被害の軽減を図るため、雨水調整の整備を現在進めているところでございます。  また、沖縄県が管理をしている安謝川及び安里川につきましては、これまでも早期整備を要望してきており、今年度も去る8月30日に、沖縄県に対し河川整備の推進を要望したところでございます。以上です。 ○久高友弘 議長   屋比久猛義総務部長。