269件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-09-24 令和 01年(2019年) 9月24日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月24日-01号

こちらの事業は、外国人観光客が那覇のまちで快適に過ごせるよう案内サポート要員を配置し、観光関係事業者への語学サポートや語学講座の開講、クルーズ船入港時の案内サポート、まちなか案内サポートを行う事業となっております。  予算現額2,748万円に対しまして、支出済額2,670万8,844円、不用額77万1,156円、執行率97.2%となっております。

宮古島市議会 2019-03-26 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月26日−08号

◆狩俣政作君    どのような高等教育機関が来るかわかりませんけども、私は看護、介護観光サービス語学などの宮古島に合った分野があればいいと思いますので、よろしくお願いいたします。   次に進みます。家賃の高騰についてですけども、新築マンション等の家賃の高騰のみならず、今住んでいるマンション等の便乗値上げについて、今後の市の対応を伺います。

那覇市議会 2019-02-22 平成 31年(2019年) 2月定例会-02月22日-06号

施設が、本市初の人材育成支援施設として整備されることから、観光産業分野などに資する人材育成のための語学関連講座の実施や、地域の皆様と連携した人材育成に関する事業の展開など、特色ある取り組みを行ってまいりたいと考えております。  管理運営のあり方については、施設の安定的な運営体制の構築を図るため、開館後、当面は直営での運営を想定しております。  

那覇市議会 2019-02-18 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月18日-02号

語学に限らず幅広い経験やスキルを持った人材育成は、市長が「人材こそすべてに共通する財産である」と述べられているとおり、本市の未来を支える大きな力になると考えておりますので、ホノルル市、サンビセンテ市への留学に関する情報収集を行っていきたいと考えております。  最後に、(7)についてお答えいたします。  

名護市議会 2018-12-14 平成30年第193回名護市定例会-12月14日−06号

ア 語学面で対応できる職員がどの程度いるのか(英語中国語・韓国語、他)。英語中国語、韓国語が日常的に飛び交っております。その件について、多言語に対応できる職員がどの程度いるのかお伺いします。イ 今後、多言語に対応できる職員育成していく計画等はあるのかお伺いします。 ○大城秀樹議長 暫時休憩いたします。

那覇市議会 2018-12-14 平成 30年(2018年)12月定例会−12月14日-07号

外国人観光客に対する本市の取り組みといたしましては、国際通りを中心とした市内各所に無料Wi−Fiを設置・提供するため、公衆無線LANの整備、外国語ガイドによる観光案内や市内事業所への語学指導、店内の多言語表示支援などのサポート、クルーズ船の受入活動を行う那覇クルーズ促進連絡協議会に対する支援などを実施しております。  

豊見城市議会 2018-12-13 平成30年第5回豊見城市議会定例会会議録-12月13日−04号

2.国際交流において、コミュニケーション能力を高めるための語学英語能力意識を高める機会となっていること。3.みずからの地域沖縄県豊見城市の文化歴史産業のことなど、みずからの地域を知ろうという意識が高まっていること。4.ハワイの豊見城村人会の方々と、この事業により毎年ホームステイやピクニックを通して交流し、つながりを持てていること。

那覇市議会 2018-12-13 平成 30年(2018年)12月定例会-12月13日-06号

県内でしっかりと経験を積まれた方はもとより、県外や海外での留学や就業経験を持ち、語学に限らず幅広い経験やスキルを持った人材が集積することは、市長も常々、人材こそ全てに共通する財産であると述べられておりますとおり、本市の未来を支える大きな力になるものと考えております。 ○翁長俊英 議長   上原快佐議員

名護市議会 2018-10-10 平成30年第192回名護市定例会-10月10日−05号

さらに市役所1階ロビーに就労支援コーナーを設置し、ほぼ毎日更新されるハローワーク名護の求人情報を掲載するなど、地道な取り組みではありますが各種就労情報の提供にも努めているほか、県内在住の観光業従事者に対する名桜大学主催による観光語学人材育成講座について、市内ホテル観光事業者への周知活動を行うなど、求職支援に係るPR活動のバックアップ支援も行っております。

与那原町議会 2018-09-26 平成30年9月第3回定例会-09月26日−03号

バイリンガルとしての語学としてのやり方もできるわけだから、1つの語学として。英語は教えるのにヌーンチウチナーグチ教えてはいけないのかということもあるわけだから、教育の場からも入れていく。あるいは行政の側からは那覇市がやったハイタイ、ハイサイ取り組みとか、やろうと思えば組織的にもできるものがあるんです。

宮古島市議会 2018-09-20 平成30年  9月 定例会(第6回)-09月20日−07号

観光分野につきましては、多様な分野からの委員に参画をいただきました高等教育機関の設置検討委員会の中で看護、リハビリテーション、語学とともに設置が望ましい分野として選定されているところでございます。市としましても近年好調に推移する本市観光産業のニーズからも観光分野の高等教育機関設置は多くの方から望まれているものだと考えております。

那覇市議会 2018-09-14 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月14日-07号

◎名嘉元裕 経済観光部長   外国人観光客対応の観光人材育成に関しましては、観光事業者を対象とした英語中国語、韓国語語学講座を開講しており、昨年度は延べ431人が受講しております。  また、平成32年度に供用開始を予定しております那覇市真和志南地区活き活き人材育成支援施設(仮称)において、外国語習得講座など人材育成関連講座の開設を想定しております。  

うるま市議会 2018-09-11 平成30年9月第126回定例会-09月11日−09号

今後の事案のためにも、少しでも語学堪能な職員がいたらいいのにと思ったのです。そこで質問いたしますが、今後の職員採用基準の中に、知力、体力、そして英会話力と検討してみてはいかがですか。当局の見解を聞かせてください。 ○議長(大屋政善) 消防長。 ◎消防長(諸見里朝弘) お答えいたします。  消防職員の英会話力につきましては、外国人救急事案等におきまして、必要なスキルと考えております。

那覇市議会 2018-09-11 平成 30年(2018年) 9月定例会-09月11日-04号

具体的な取り組みといたしましては、外国語ガイドを配置し、観光案内や市内事業所への語学指導や店内の多言語表示支援などのサポートを行う外国人観光客受入整備事業。那覇港に寄港するクルーズ船の受け入れに際し、歓送迎セレモニーや臨時観光案内所設置等の活動を行う那覇クルーズ促進連絡協議会に対し補助する外国人観光客誘客促進事業。

うるま市議会 2018-09-05 平成30年9月第126回定例会-09月05日−05号

もちろん英語も必要だと思いますので、ぜひ若い人たちを巻き込むには、語学の向上が必要ではないかと思います。給料とまではいかないかもしれませんけれども、自分たちが働いた分の見返りがあるような、そういうことがあればもっと史跡ガイドも若い人たちが対応できるのではないかと思いますので、ぜひお考えいただきたいと思います。これは終わります。  

沖縄市議会 2018-06-25 第396回 沖縄市議会定例会-06月25日−02号

国際交流につきましては、コザインターナショナルプラザの運営を通して、語学講座や生活相談などを実施し、外国籍市民の支援に取り組んでまいります。また、台湾との交流については、現在本市のNPO団体等が主体となって、音楽やスポーツ交流などを受け入れしていただいていることはすばらしいことだと認識しております。こうした文化交流が今後も継続されるよう、国際交流の推進に努めてまいります。  

宮古島市議会 2018-06-21 平成30年  6月 定例会(第5回)-06月21日−04号

それから、学科についてでございますけども、これについては市民の皆さんの代表から成る検討委員会でもって宮古島市としては、市の方針としては看護分野あるいはリハビリテーション分野、観光分野、語学分野、この4つを基本として、中心として学科の設置はしたほうが望ましいというような結論が出ておりますので、その方向で進めてまいりたいと考えているところでございます。   次に、下地島空港開港の時期でございます。

豊見城市議会 2018-06-20 平成30年第2回豊見城市議会定例会会議録-06月20日−03号

(イ)につきましては、これまでのところ現場活動においては支障なく対応できている状況ですが、今後も外国人観光客の増加が予想されることから、消防隊員の語学力向上の必要性も増すものと考えております。当面は、5カ国語対応コミュニケーションシートや県消防指令センターが委託契約する民間業者の活用で対応する考えでございます。  

那覇市議会 2018-06-13 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月13日-06号

さらに、郷土、観光経済語学を中心とした、専門性の高い充実した図書資料の整備を行ってまいります。  また、地域住民と外国人の多文化理解と交流の場、及び地域コミュニティネットワークを図る場として活用を予定しております。  続きまして、ご質問の2番目、こども政策についての(1)から(3)についてまとめてお答えをいたします。