229件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

沖縄市議会 2022-12-20 12月20日-06号

eスポーツは、国内や国際的なスポーツ大会も開催されるなど、近年盛り上がりを見せており、第2次沖縄観光振興基本計画におきましても、eスポーツに関するイベント誘致等に向けた取組について、地域連携して推進することとしております。現在、本市におきましては、地域eスポーツ大会等イベントを開催する事業者に対して補助金を交付し、eスポーツ普及に向けた取組を行っているところでございます。

宮古島市議会 2022-12-19 12月19日-07号

観光振興基本計画観光客数200万人達成のための取組を議論する。目的これです。次に、宮古島観光推進協議会地域経済振興作業部会観光と農業、水産業に連帯、特産品の開発など地域経済振興について議論する、目的がそういうふうに書いてある。この皆さんが協議しているものに対しては、一切この入島税あと宿泊税というのには触れていないんです。  今言った徴収というんですけど、私は前から言っています。

沖縄市議会 2022-12-19 12月19日-05号

本市におきましても、第2次沖縄観光振興基本計画において、観光DX推進を位置付け、ICTを活用した効果手的な観光振興に取り組むこととしております。 観光DXにつきましては、人流分析キャッシュレス、AR、VRなど様々な取り組みがございます。市内主要施設メタバース化につきましても、観光DX一つの手法として、調査研究してまいります。 ○瑞慶山良一郎議長 新里治利議員

沖縄市議会 2022-10-20 10月20日-10号

令和3年度に策定しました第2次沖縄観光振興基本計画におきましては、観光振興施策として観光資源魅力向上周遊ルートによる滞在促進を位置づけ、越来グスクなどの沖縄の歴史的、文化的背景をたどることのできる周遊に取り組むこととしております。当該計画に基づき有識者を含めた協議を重ねまして、観光周遊ルートを作成するとともに、プロモーション活動を行うなど観光誘客に向け取組を進めているところでございます。 

沖縄市議会 2022-10-14 10月14日-08号

また、令和3年度に策定いたしました第2次沖縄観光振興基本計画におきまして、主要ホテル延べ宿泊数の増加を目標として掲げ、スポーツによる誘客拡大及び交流促進を図るため、本市をホームタウンとするプロスポーツチームなどと連携した観光振興に向けて取り組むこととしており、引き続きスポーツ観光を融合したスポーツツーリズムを推進することによって、交流人口拡大地域経済活性化に取り組んでまいりたいと考えております

沖縄市議会 2022-10-12 10月12日-06号

伊佐強議員 続きまして、質問要旨(2)沖縄観光振興基本計画のP64に記載されている「観光客等市内中心市街地等宿泊飲食・回遊できるしくみの整備」について以下を伺いたいと思います。 ①平成29年から令和3年までの5年計画整備状況を伺いたいと思います。 ○瑞慶山良一郎議長 経済文化部長。 ◎花城博文経済文化部長 お答えいたします。 

名護市議会 2022-09-28 10月11日-07号

質問事項1 名護市観光振興基本計画について。質問要旨(1)令和2年3月に第2次の当計画策定されていますが、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大によって本市を取り巻く観光状況も大きく変化をしてまいりました。現計画は見直しの必要があると思いますが、見解をお伺いいたします。質問事項2 行政広報力デジタル化行政について。

沖縄市議会 2022-07-08 07月08日-09号

質問事項4.第2次沖縄観光振興基本計画についてお伺いいたします。質問要旨(1)第2次沖縄観光振興基本計画についてお伺いいたします。沖縄県においては、リーディング産業として観光リゾート産業が位置づけられ、沖縄21世紀ビジョン基本計画沖縄ブランドの確立を目指している中、平成30年度には入域観光客数が1,000万人を超え、県内の観光産業は成長していることだと実感しているところであります。

沖縄市議会 2022-07-05 07月05日-06号

本市令和3年度に策定いたしました第2次沖縄観光振興基本計画において、eスポーツに関するイベント誘致等に向けた取組について、地域連携して推進することとしておりますので、関係者連携を図りつつ取り組んでまいりたいと考えております。 ○小浜守勝議長 稲嶺隆之議員。 ◆稲嶺隆之議員 ありがとうございます。今、部長のほうから超高速回線という言葉が出ました。 質問要旨(3)②本市回線速度について。

沖縄市議会 2022-06-24 06月24日-03号

令和4年3月に策定いたしました第2次沖縄観光振興基本計画において、それぞれの観光資源を横断的に活用することにより、選ばれる観光地づくり推進することとしております。今後もナイトコンテンツ魅力向上情報発信に取り組むとともに、内外を魅了するエンターテインメント拠点施設である沖縄アリーナとの連携により、夜の観光推進してまいりたいと考えております。 ○小浜守勝議長 新里治利議員

沖縄市議会 2022-06-22 06月22日-02号

令和4年3月に策定いたしました第2次沖縄観光振興基本計画におきましては、観光環境基盤整備を位置付け、観光関連団体事業者との連携を図りながら、観光バリアフリー普及啓発に向けた取組を進めることとしております。これまでの取組といたしましては、観光関連団体事業者を対象とした勉強会を開催し、観光バリアフリーの現状や事業者に求められる基本的な知識、対応等に関する講義を行っております。

宮古島市議会 2022-03-22 03月22日-07号

観光商工部長上地成人君)   本市との関わりについてでございますけども、DMO基本宮古島観光振興基本計画を基に計画を進めていくことになっております。行政としてもDMOに参画し、DMOの進める観光地域づくりを補完することとなります。今後は、これまで以上に連携を図り、地域全体で持続可能な観光地域づくりを進めてまいりたいと考えております。

宮古島市議会 2021-09-21 09月21日-07号

第2次宮古島観光振興基本計画では、2028年度の目標として、年間域観光客数を200万人に設定をしております。目標に向けた前提といたしまして、環境住民に配慮した持続可能な観光振興を図る必要があります。数だけを追うのでなく、地域住民にも配慮した観光地づくり推進し、適正な受入れに努めてまいりたいと考えております。  続きまして、シニア層長期滞在型観光についてでございます。

宮古島市議会 2021-09-14 09月14日-03号

2019年3月策定の第2次宮古島観光振興基本計画では、2028年度の目標として年間域観光客数を200万人に設定をしておりますが、新型コロナウイルス感染症影響によりまして、2020年度では35万9,592人と大幅に落ち込んでおります。現時点では、新型コロナウイルス感染症収束のめどが立っていないため、次年度以降も具体的な数値目標設定が困難な状況でございます。  

宮古島市議会 2021-06-16 06月16日-03号

第2次宮古島観光振興基本計画では、観光振興方向性として重要なポイントは、持続可能な観光振興であること、市民と観光客満足度向上の両方を目指すことと定めております。具体的な取組といたしましては、地域食材飲食店ホテル等で提供することによる地域内での調達率向上が挙げられます。地産地消の促進により、農水産業観光業との連携による経済の好循環を期待したいと思います。