233件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石垣市議会 2021-12-09 12月09日-02号

用地については、任意交渉を進めているところではありますが、平成30年3月に土地収用法に基づく事業認定にされており、難航案件に関しては、裁決申請を行い、収用も見せて用地取得を行っていく予定だと聞いております。 以上です。 ○議長平良秀之君) 消防長、大濵安久君。 ◎消防長(大濵安久君) 花谷史郎議員の2項目め、新空港アクセス道路について、3点目ヘリポート関係性についての質問にお答えします。 

名護市議会 2021-12-05 12月10日-03号

ア 辺野古基地建設に係る沖縄県の埋め立て承認撤回取り消し国土交通相裁決取り消しを求め、県が国を相手に提起した関与取り消し訴訟で、福岡高裁が10月23日に県の請求を却下したことに対し、市長は「コメントする立場にないが、双方の主張を踏まえ公正になされたものと思っている」とコメントしたと報道されました。その理由について市長見解を求めます。

名護市議会 2020-12-05 12月23日-10号

この法律において、処分取り消し訴えとはということで、行政庁処分その他公権力の行使に当たる行為取り消しを求める訴訟をいうというのと、その第3項、それから裁決取り消し訴えというくだりがございます。今回の例で挙げますと、我々が選定した方、今回の議案です。これが議決し、市長がそれをよしとしてまた指定管理者指定をする。この時点で行政処分という行為が発生します。

名護市議会 2020-09-05 09月11日-04号

(3)辺野古基地建設をめぐって、7月17日に県が起こした国土交通省の違法な関与による裁決取り消しを求める訴訟と、8月7日に起こした県の承認撤回取り消したことを違法とする抗告訴訟に対する市の見解を求めます。(4)久辺三区の下水道整備宅内配管について、久辺三区または防衛局から連絡や相談がありましたか。答弁を求めます。新基地問題については、何度か質問をしていますが、よろしくお願いいたします。

石垣市議会 2020-07-01 07月01日-07号

よって、地方自治法第118条第1項の規定により、議長において裁決をいたします。本案について、議長否決裁決いたします。 次に、長浜信夫議員よりございました友寄議員一般質問中における発言でございます。先ほどの議会運営委員会では議長預かりとなり、当事者である友寄議員確認をさせていただきました。本人は訂正はしないということと、文字起こしを私も確認をさせていただきました。

石垣市議会 2020-06-28 06月28日-06号

しかしながら、辺野古賛否を問う県民投票が実施が決定したというところで、同日に住民投票もやるべきだというふうな形で、野党の皆さんから審議の途中に採決を求める声がありまして、それで本会議のほうで同数、たしか10対10だったと思うんですが、同数になりまして、賛否同数ということで、議長裁決して、議長は、その当時、審議が深まっていない、議論が深まっていないということで否決という形になりました。 

北谷町議会 2020-03-24 03月24日-08号

次に、原案ついて起立によって裁決します。原案賛成の方は起立願います。     (賛成者起立)     (起立12人、着席4人) ○亀谷長久議長  起立多数です。したがって議案第19号 令和2年度北谷町一般会計予算については原案のとおり可決されました。 しばらく休憩します。 △休憩(15時02分) △再開(15時12分) ○亀谷長久議長  休憩前に引き続き会議を開きます。

うるま市議会 2020-03-16 03月16日-09号

またうるま市の決定に対して不服がある申出人は、沖縄県知事に対して審査申し立てることができ、申し立てに不備がなければ沖縄県知事審査申立日から60日以内に裁決しなければならないと同法第11条第6項に規定されております。県知事審査申し立てが不適法であるときは却下を、審査申し立て理由がない場合は棄却を、審査申し立て理由があると認めたときは市の決定の全部または一部を取り消すこととされております。 

宜野座村議会 2020-03-11 03月11日-02号

これから各議案ごと討論裁決を行います。 議案第27号 宜野座村公の施設の指定管理者指定についての討論を行います。 討論なしと認めます。これで討論を終わります。 これから議案第27号を採決します。 お諮りします。 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。          (「異議なし」と言う者あり) ○議長石川幹也) 「異議なし」と認めます。 

名護市議会 2020-03-04 03月24日-12号

職員に対する不利益な処分についての不服申立てに対する裁決または決定をすること。それから職員の苦情を処理すること。また法律に基づき、その権限に属せしめられた事務ということで委託することができるということになっておりまして、その委員は3人でございまして、対象としましては名護市の職員、それから会計年度任用職員も含まれております。

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│宮 平 のり子 │1 平和行政に│(1) 辺野古基地建設の強行について    │ │ │( ニ ラ イ )│ ついて   │   辺野古の新基地建設を巡り、県の埋め立て│ │ │       │       │  承認撤回取り消し国土交通省裁決

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

(1)昨年8月、安倍政権沖縄の民意を踏みつけて強行する米軍基地建設の工事をとめるために沖縄県が行った埋め立て承認撤回を、ことし4月に取り消し国土交通大臣裁決は違法だとして、県が国を相手裁決取り消しを求める抗告訴訟の第1回口頭弁論が11月26日、那覇地裁で開かれました。  

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月27日-01号

◎花とみどり課長中山秀)  所有者不明の墓の土地については、公園区域にある場合に、土地収用法に基づいて収用裁決申請をして所有権を市のほうに移転することは可能であります。それぞれ事業課のほうでそういうことをやっていくということになります。 ○委員長(前泊美紀)  仲松委員。 ◆委員仲松寛)  わかりました。  

那覇市議会 2019-08-05 令和 01年(2019年) 8月臨時会(その1)−08月05日-01号

沖縄県の裁決那覇市の処分は不当と決定しました。  しかし、那覇市はそれでも正当であると主張しているので、次に国土交通大臣に対し、行政不服再審査請求をしました。国の裁決も不当と決定されました。  それでも那覇市は責任を認めないことから、那覇地方裁判所訴え議員各位のご承知のとおり、地裁判決は違法となりました。  

豊見城市議会 2019-06-25 06月25日-05号

陳情第12号については、可否同数のため、委員長裁決により不採択すべきものと決定した。 ○議長大城吉徳)  本案に対し質疑を許します。          (質疑者なし) 質疑なしと認め、これにて質疑を終結いたします。 これより討論に移ります。 陳情第10号 「30人以下学級早期完全実現」のための意見書採択を求める陳情について、はじめに反対討論発言を許します。