18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

うるま市議会 2018-09-10 09月10日-08号

基礎資料作成平成30年度から平成31年度にかけてグスク一帯表面踏査、地形測量グスク周辺試掘調査按司墓調査などを踏まえ、地権者同意などを経た上で、市文化財保護審議会へ諮問をし、審議するということですが、現在の進捗状況を伺います。よろしくお願いします。 ○議長大屋政善) 教育部長。 ◎教育部長(宮城為治) お答えいたします。 

うるま市議会 2017-12-18 12月18日-08号

そのため、基礎資料作成平成30年から平成31年度にかけてグスク一帯表面踏査、地形測量グスク周辺試掘調査按司墓調査などを実施していく予定でございます。調査の結果を踏まえ、地権者同意などを経た上で、市文化財保護審議会へ諮問し、審議することとなっているところでございます。 ○議長大屋政善) 高江洲 賢治議員。 ◆17番(高江洲賢治議員) はい、どうもありがとうございます。 

うるま市議会 2015-07-07 07月07日-07号

その際、申請地文化財所在地として該当あり、また可能性ありであれば担当職員が後日、現地表面踏査及び試掘調査を行い、事業者と協議して文化財保護に努めているところであります。先人の残した遺産や遺跡については、学校教育や生涯学習における地域教材として議員御案内の体験学習などにも活用できるものであります。引き続きリーフレット等で周知を図りながら保全活用に努めてまいりたいと考えております。

宜野湾市議会 2014-12-17 12月17日-04号

市道宜野湾11号の道路整備に係る巡回道路施設工事予定地文化財発掘調査進捗状況につきましては、9月より現地での測量ボーリング調査及び表面踏査業務に着手をいたしまして、10月下旬に終了してございます。 その調査の中で屋敷跡等発見がございました。現在は、その調査結果に基づいた試掘調査を実施しておりまして、12月下旬には調査の終了を予定してございます。

宜野湾市議会 2014-10-09 10月09日-04号

当該地区平成27年3月31日に返還をされますが、返還前に実施される文化財調査といたしましては、現在実施しております試掘調査及び表面踏査で、返還後の調査につきましては試掘調査表面踏査に加えまして確認調査緊急発掘調査等を実施していく予定でございます。 返還後のスケジュールにつきましては、キャンプ瑞慶覧跡地利用協議会下部組織でございます支障除去作業部会調整協議を行うこととなります。

うるま市議会 2012-09-28 09月28日-08号

遺跡発掘調査事業はこれら81遺跡表面踏査、試掘調査文献資料調査とあわせ、県内外の大学・研究機関等で行った調査資料所在確認等も行う予定であります。 本事業は、平成24年度から平成27年度までの事業でございます。遺跡発掘調査事業平成24年度の事業概要藪地・平安座・浜比嘉・伊計島に所在する埋蔵文化財分布調査状況情報収集表面踏査を行い、必要箇所については試掘調査も実施する予定であります。

豊見城市議会 2012-06-27 06月27日-03号

このグスクにつきましては、これまでに市内遺跡分布調査等表面踏査による調査や一部において試掘調査が実施をされております。ご質問の(ア)及び(イ)において、グスク面積地権者の数についてお尋ねでございますが、昭和39年に発行された豊見城村史では、グスク周辺部落有地として3筆、計1,044坪の数値と付近民間有地原野等も含まれていただろうという推測が、面積に関する部分として記録をされております。

豊見城市議会 2012-06-26 06月26日-02号

市が行った調査では、表面踏査の結果、石積み等遺構確認されておりませんが、詳細な調査等を行うことにより、グスク等に関連する遺構確認される可能性もございます。また、昭和61年度、昭和62年度にかけて行われた調査の際は試掘調査も行われ、調査結果、出土した遺物はグスク土器中国製の陶磁器などが出土しております。これらから長嶺城の時期は14世紀から15世紀に位置づけられるものと報告をされております。

名護市議会 2007-09-06 09月18日-07号

次に現在の進捗状況についてでありますが、8月2日から8月30日まで試掘箇所を決めるための表面踏査を終え、現在、試掘調査箇所選定を行っています。試掘箇所選定後、米軍調整行い試掘調査を実施することになります。次に新聞報道等の件と、それから関連の民俗調査についてであります。美謝川河口の変更兵舎移転が2棟から6棟になったことについても新聞等報道以上の情報は入手していません。

名護市議会 2007-09-06 09月11日-03号

今回の「市内遺跡詳細分布調査」はまず、試掘場所を決定するための表面踏査を行い、その後に遺跡内容分布状況などを調査するための試掘を行ってきます。なお、キャンプ・シュワブ内の遺跡調査については、8月2日から8月30日まで試掘箇所選定するための踏査を行っております。それに基づいてこれから米軍に対し、試掘調査箇所照会を行った後に試掘調査を実施していく予定であります。

名護市議会 2006-12-07 12月15日-05号

この3に今回の調査は時間、区域とも限定され方法も主に表面踏査によるもので十分な調査とは言いがたい。今後とも開発等の現状、変更計画があれば事前に調整されたい」ということで、この文化財の問題についてかなり教育委員会としてはこの地域文化財を重要視した要請をしてあります。ところが今回のように兵舎移設に伴う調査ということがありまして9月14日、15日の紛糾した事態、そして今日までの経過があります。

沖縄市議会 2006-03-22 03月22日-07号

津波古保教育委員会教育部長 それでは質問事項1.の(3)の文化財等調査についてでありますけども、この地域につきましては陸上自衛隊から文化財有無照会平成17年11月にありまして、それを受けて担当職員表面踏査を行っております。11月に調査を行いまして、文化財確認がないというふうに回答を、平成18年1月に回答を行っております。 

沖縄市議会 2001-03-05 03月05日-02号

それから知花焼き窯跡でございますけれども、窯跡のほうは一応確認されておりまして、表面踏査などでそのかけらが収集されております。中には非常に貴重なものもございまして、現在、那覇市立壷屋焼物博物館に展示のために貸し出されているのもあります。そういったことで、今後は窯跡調査についても努力をしていきたいというように考えております。以上でございます。 ○新里八十秀議長 市民部長

  • 1