3648件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮古島市議会 2019-03-28 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月28日−10号

宮古島市総合庁舎建設工事に係る債務負担行為、10億1,000万円がありますけれども、これを一般質問の中で濱元雅浩議員、國仲昌二議員の指摘にもあったとおり、今宮古島陸上自衛隊駐屯地の作業員等、またホテル建設ラッシュ等で原材料の不足、人件費の高騰などが大変な状況になっており、アパートの家賃の高騰で行き場のない市民が出てくるなど、市民生活に大きな影響を及ぼし始めています。

宮古島市議会 2019-03-27 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月27日−09号

みずからの主義主張のため、港湾関連法令及び道路交通法関連法に明らかに違反した行為でした。さらに、市議会議員である上里樹氏は、あろうことか路上に居座るという違法な行為をし、道路外へ連れ出されました。市民の模範であるべき市会議員として法に抵触する行動をとったことは、まことに残念であります。市の職員は、抗議する                  行動は一切いたしておりません。

宮古島市議会 2019-03-26 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月26日−08号

次、債務負担行為についてですけれども、これ庁舎建設について、昨年12月定例会で約95億円の債務負担行為を行っております。私はそのとき質疑でも取り上げましたけれども、多分市民の皆さんはこの債務負担行為、庁舎建設予算というのはちょっと把握するの難しいかなというふうに思っております。

宮古島市議会 2019-03-25 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月25日−07号

教育長(宮國博君)   下地中学校の運動場整備につきましては、工事を行うに当たっては、沖縄県赤土等流出防止条例に基づき、事前に県との協議が必要となりますが、事業行為面積の認識の相違で県との調整に相当日数を要してしまいました。そのことが原因で年度内の工事発注を行うことができず、全額繰り越しを行うこととしました。教育環境の整備を推し進めている教育委員会としては、まことに申しわけなく思っております。

宮古島市議会 2019-03-20 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月20日−06号

総合庁舎建設工事費については、本体工事に係る予算として95億2,540万円の債務負担行為を昨年12月定例会の補正予算で設定をさせていただいております。現在造成工事を行っておりますが、その費用として6,200万円、用地費は民有地を含め6億520万円、その他外構工事に関しましては3億5,000万円程度を見込んでおります。これらを合計しまして、現時点で事業費が105億4,260万円を見込んでおります。

宮古島市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月06日−03号

この工事につきましては、昨年の12月定例会一般会計補正予算(第4号)で債務負担行為の設定を行って工事を発注しております。債務負担の設定額は95億2,540万円となっております。 ○議長(佐久本洋介君)   休憩します。                                      

宮古島市議会 2019-03-05 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月05日−02号

議案第17号、平成31年度宮古島市公共下水道事業特別会計予算のほうの421ページの15節工事請負費の中の公共下水道幹線・枝線工事の説明欄の1、工事請負費4億4,250万円、これはたしか浄化センターの債務負担行為か何かがあったと思うんだけども、それとの関連を教えていただきたいと思います。済みません、多岐にわたりまして。よろしくお願いします。

宮古島市議会 2019-03-01 平成31年  3月 定例会 資料-一般質問通告書

5.財産の無償譲渡について(バイオエタ  ノール施設) 6.焼却施設について  ①焼却施設の修繕工事予算について  ②焼却施設の運転業務(債務負担行為)   の予算について  ③焼却炉運転業務の仕様書の有資格者に   ついて 7.佐良浜漁港施設用地等利用計画につい  て 1.各小中学校の普通教室へのクーラー設  置は、今年度で予算化され設置が進んで  いるが、体育館へのクーラー設置計画に  ついて

石垣市議会 2018-12-25 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月25日−07号

条例は、底地海水浴場安全管理のため遊泳時間等の設定及び観光施設の業として撮影及び移動販売者等に販売等に係る行為並びに利用料について定めるため条例を改正するものであります。  主な内容は、現行の当該条例を全部改正し、観光施設及び附属整備の利用、行為許可手続並びに底地海水浴場の利用期間、遊泳期間の条文を新設及び施設利用料の規定を新設し、平成31年4月1日より施行するものであります。  

石垣市議会 2018-12-21 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月21日−06号

話し合いというより、新聞等にもありますようにほとんどおどしで、県民投票を実施することは知事の権限であり市町村同意は必要ない、石垣市が投票事務を行わないと明確に違法になると断言、また、県から石垣市に是正命令が出せる違法確認訴訟もある、県民投票をしないことは違法行為なので裁判所損害賠償請求が認められる可能性が高いと2人の弁護士司法書士の方が高圧的に法律論で訴えてきました。

名護市議会 2018-12-21 平成30年第193回名護市定例会-12月21日−09号

文章の中に、違法行為であるとか制度の乱用という言葉がありました。ただいま提案者からも読み上げられたとおりでございますけれども、違法行為について、どういった法律に対してどのような違法行為であるのかということ、それから制度の乱用について説明を求めます。 ○大城秀樹議長 答弁を求めます。仲村善幸議員

沖縄市議会 2018-12-20 第399回 沖縄市議会定例会-12月20日−07号

アリーナの建設現場における過去の事業行為区域外への濁水の越流につきましては、沖縄県赤土等流出防止条例施行規則の管理基準における災害による赤土等流出防止施設の破損には当たらないことから、非常時の措置、報告は行っておりません。またその報告が必要かについては県にも確認をさせていただいたところでございます。 ○小浜守勝議長 池原秀明議員

うるま市議会 2018-12-20 平成30年12月第129回定例会-12月20日−10号

議案第112号 平成30年度うるま市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、委員から「債務負担行為の限度額が数字ではなく文言表記となっている理由は」との質疑があり、当局から「健診等を行う場所が未確定のため、数字を算出することが難しく、現段階では文言表記となっている」との答弁がありました。  慎重に審査した結果、原案のとおり可決すべきものと決しております。  

石垣市議会 2018-12-19 平成30年 12月 定例会(第7回)-12月19日−04号

ペットを遺棄する行為は、モラル上あってはいけないことであり、動物愛護法も明確に禁止されております。その対策といたしましては、民間ボランティア協力により遺棄防止の看板を設置し、毎月譲渡会を開催するなどしており、今後も関係機関と連携して対応してまいりたいと考えております。  3点目の犬の登録義務とその意義についてお答えいたします。  

糸満市議会 2018-12-18 平成30年第7回糸満市議会定例会会議録-12月18日−07号

10年間携わった卒業生、また、もしくはこれから体育館を利用していく子供たちのためにも大人が先生たちより偉い先生方が、私たちの小学校体育館の天井の雨漏りの作業をするという行為を見せることは、子供たちにとって、また卒業生にとって、とても大事なことだと思います。お金がとてもかかるというのはわかります。だけど子供たちからしたらわからないのです。その説明も先生方は四苦八苦しています。