9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宜野湾市議会 2015-03-25 平成27年  3月 定例会(第389回)-03月25日−14号

◆14番(佐喜真進君) 当時、本員は議事録を見ながら、いろいろ今回の一般質問に備えて、参考になるようなものがあるかなと思ったのですけれども、この行財政改革委員会というのは、外部の有識者を構成員として、自治会長会の会長とか、行政とかいろんな、経済学、こういう本市の無駄、そういうのを行財政改革といいますか、そのような諮問機関だと思うのですけれども、この内容が市長がそこに諮問しないとこの話ができないと。

宮古島市議会 2013-06-24 平成25年  6月 定例会(第3回)-06月24日−05号

しかし、教育社会学とか、教育行政、それから純粋の教育言論を教示しているこういうグループの中ではですね、一般的に言われているのは統廃合に向けての実際の進め方というのは、国が法令を定めていることを根拠にしているんですけど、これは義務教育国庫負担法施行令第3条を根拠として導き出されているというのが教育社会学行政学者の指摘であります。

与那原町議会 2012-12-12 平成24年12月第4回定例会-12月12日−02号

今、御指摘のように外部の有識者という点でございますが、県内ではなかなかそういう事例は見当たらないんですが、本土のほうになりますと、有識者として学者、大学の先生ですね、地方公務員法を専門にされている行政の先生を入れているというような例はあろうかと思いますが、ただ弁護士につきましては、その処分が下った職員にも当然聴聞といいますか、反論の機会を与えなければなりませんので、そういったときには弁護士へ相談というようなことがございますので

宮古島市議会 2011-12-20 平成23年 12月 定例会(第7回)-12月20日−06号

これは、先ほども申し上げましたように、教育学者、教育行政専門家たちによってこの学校の適正化が果たして教育上密接な関係にあるのかどうか。これは、全く関係ないというようなのが今の結論であります。それはですね、日本の今の規模、いわゆる適正化の規模、あるいは宮古島の適正規模を見た場合にもですね、教育学というのは根拠がないわけですから、それは明らかにされていませんよね。

那覇市議会 2002-12-26 平成 14年(2002年)12月定例会-12月26日-付録

        │  施後すぐ減額となるのか              │ │ │       │        │ ③ 就労支援策はどのようになされるのか、体制はどうな│ │ │       │        │  っているのか                   │ │ │       │        │                           │ │ │       │2 教育行政

那覇市議会 2002-09-25 平成 14年(2002年) 9月定例会−09月25日-付録

        │ を問う                       │ │ │       │        │(5) ホームレス法の具体的な対応について、当局の対応と見│ │ │       │        │ 解を問う                      │ │ │       │        │                           │ │ │       │9 教育行政

  • 1