5954件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-10-24 令和 01年(2019年)10月24日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)−10月24日-01号

                   閉会 午前11時42分 ─────────────────────────────────────── ●場所  教育福祉委員会室 ─────────────────────────────────────── ●会議に付した事件常任委員会】 〜所管事務調査〜 1.第13回議会報告会・教育福祉常任委員会報告分の原稿及びスライドの最終確認について 2.教育福祉常任委員会行政視察

那覇市議会 2019-10-21 令和 01年(2019年)10月21日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−10月21日-01号

だけれども、我々がやっている行政とかこういうものは、もうゴールというのはないんですよね。常に。常にもっといいものに変えていくというのが我々の使命でもあるし、行政の使命でもあるので、このゴールというものではなく、言葉の意味はわかるが、奥間議員も言っていたよ。この表現がどうかなということだから、このゴールを今、大浜議員もおっしゃるような言い方に変えるとかね。  

那覇市議会 2019-10-18 令和 01年(2019年)10月18日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-10月18日-01号

                   閉会 午後5時30分 ─────────────────────────────────────── ●場所  教育福祉委員会室、なかよし給食センター、沖縄県中央児童相談所、玉の子保育園・玉の子夜間保育園、安岡中学校 ─────────────────────────────────────── ●会議に付した事件常任委員会] 1.委員派遣について 2.所管事務調査 こども行政

那覇市議会 2019-10-09 令和 01年(2019年)10月 9日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−10月09日-01号

○副委員長(當間安則)  今、行政としてやることは2つだろうと。  側壁の問題は地元の方に協力してもらうということで、今2つを挙げてもらいましたけれども、そもそも避難経路ですか、通路ですか、国の基準で大まかに50メートルでなおかつ幅員が4メートルということだと思うんですけども、この4メートルは琉銀との間のスージグヮーはできないのか。

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年)10月 4日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−10月04日-01号

議会議決して、それを共同で意見を言ってつくろうということだから、それを「求める」という強制的な行政の仕事としてもおかしいよ。 ○委員長(前泊美紀)  「求める」というのは強制力を持つ言葉ではないんですけども。 ◆委員(仲松寛)  議会として求めているという表現であるから。 ◆委員(古堅茂治)  じゃ委員長がそういうことだったら、それでやったらいいさ。

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

そこで、地方独立行政法人那覇市│ │ │       │       │立病院を事業主体として建て替え事業を進めてい│ │ │       │       │くことを議会同意を得て取り組んでいる   │ │ │       │       │ 市民・県民・観光客等の生命健康を守る県内│ │ │       │       │唯一の地方独立行政法人である。

那覇市議会 2019-10-03 令和 01年(2019年)10月 3日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−10月03日-01号

その中の(2)行政の体制づくりを進めるということで、ここでこういう記述がありますが、下から3行目に国や県、周辺市町村との連携や分担による持続可能なまちづくりに取り組む。  ここの記述があるということもありまして、その前段で本市の目指すまちづくりの目標を明確にするといったようなところで記述をしている中で今言うような自転車に関することも言うことは言う。

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日予算決算常任委員会−10月02日-01号

教育委員会生涯学習部長(山内健)  新規の応募者が減ってきている要因に関しましては、那覇市育英会に確認しましたところ、特に分析は行ってないとのことでしたが、独立行政法人日本学生支援機構が実施する奨学金事業の無利子対応枠の拡大が影響しているのではないかとのことでございました。 ○委員長(清水磨男)  上里直司委員。

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−10月02日-01号

──── ●開催日時  令和元年(2019年)10月2日 水曜日 開会 午前11時30分                    閉会 午前11時50分 ─────────────────────────────────────── ●場所  厚生経済委員会室 ─────────────────────────────────────── ●会議に付した事件  常任委員会 1 所管事務調査(保健医療行政

那覇市議会 2019-10-01 令和 01年(2019年)10月 1日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−10月01日-01号

なぜなら、今までずっとアーケードで皆さんは生活して、また、多くの県民、多くの観光団もここに来ましたから、それはぜひともなくしては困ることですから、一生懸命行政活動をして頑張っていただきたいと思います。もし何かあれば、那覇市があまり皆さんに対して非協力的だったら、入り口に市長は公約を守れとバリケードしなさい。以上。 ○委員長(前泊美紀)  質疑ですか。

那覇市議会 2019-09-30 令和 01年(2019年) 9月30日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月30日-01号

都市計画課長(島袋正吾)  第2クルーズバースは官民連携事業、正式名称ではないのですが、官民連携した事業を進める予定になっておりまして、例えば護岸やふ頭の埋め立ては行政です。ターミナルは民間で船社が行うような事業の進め方をしておりまして、このターミナルビルの建設も予定しています。ちなみに、供用開始の予定は令和4年度と那覇港管理組合のほうから聞いております。 ○委員長(前泊美紀)  大浜委員。

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月27日-01号

──────── ●開催日時  令和元年(2019年)9月27日 金曜日 開会 午前10時                    閉会 午後0時15分 ─────────────────────────────────────── ●場所  厚生経済委員会室 ─────────────────────────────────────── ●会議に付した事件  常任委員会 1 所管事務調査(保健医療行政

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月27日-01号

次に、陳情第101号、貧困格差をなくし、憲法25条が規定した健康文化的な最低限度の生活をすべての住民に保障するための生活保護行政、就学援助制度の拡充に関する陳情を議題といたします。  新垣美智子参事保護管理課長、説明をお願いいたします。 ◎福祉参事保護管理課長(新垣美智子)  ハイタイ、おはようございます。よろしくお願いいたします。  

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月27日-01号

(2)が行政の中でも市民意見とか外部委員からお話があったもので、縦割り行政にならないで連携しなさいとかいう意見もあったりとかいうのも背景にあって、こういう行政の体制づくりも進めていきましょうと。  (3)が、こういう関わり方をデザインすると。  そして、次のページ、176ページのほうで多様な主体との協働

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月26日-01号

行政のページから入っていくと、多分見にくいんですよ。行政のかちっとしたページづくりというのも大事なんですけれども、なかなかそこにはとっつきにくいという方もいると思うので、ぜひそういったところも検討していただければと思いますので。よろしくお願いします。以上です。 ○委員長(前田千尋)  下地敏男委員。

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月26日-01号

これら地域見守り隊の活動としまして、大体月1回程度、地域の住民の方々が各独居の高齢者のお宅を回って、日ごろの何か不都合がないかどうかというようなお話を一つ一つ聞き取りながら、必要な場合があれば行政のほうにつないでいただくとか、あるいはまた包括支援センターのほうにつないでいただくなど、そういった事業を今展開しているところでございます。  

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月26日-01号

この団体は、地球温暖化対策の推進に関する法律第40条に規定する、地球温暖化対策地域議会に相当するもので、市民、事業者、そして行政機関等の協働により那覇市地域における地球温暖化対策の推進を図ることを目的に、平成20年7月に設立をされております。  協議会目的に賛同する市民市民団体、事業者、行政機関等を会員としており、現在40の事業者、14の団体個人加入をしております。  

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日厚生経済常任委員会・教育福祉常任委員会連合審査会-09月25日-01号

その辺も踏まえて、今回陳情の趣旨というのは、推進をしてくれという話ではあるんだけども、これは市の側にも、行政にも出されてる陳情ですよね。そうですよね。  市長宛てにも出てるわけだから、真剣に捉えて、ぜひもう1回きちんと見直して、学校現場への説明はちゃんと対応すべきだと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。  その認識を問います。 ◎厚生経済常任委員会委員長(前田千尋)  知念功課長