157件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−12月12日-01号

都市計画課担当副参事(平良正樹)  おっしゃるとおり、現在の車両基地の拡張、航空自衛隊あるいは陸上自衛隊側での拡張案と、それからてだこ浦西の浦添側の案がございまして、現在、関係機関を含めて協議中ということで伺っております。 ○委員長(前泊美紀)  仲松委員。 ◆委員(仲松寛)  わかりました。 ○委員長(前泊美紀)  ほかに質疑はありませんか。  大浜安史委員。

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会−07月01日-付録

今回の領空侵犯には航空自衛隊那覇基地からの緊急発進で対処された。平成30年度の航空自衛隊緊急発進回数は999回であり、そのうち那覇基地から発進した回数は596回と過半数以上であった。那覇基地では一昨年度803回の緊急発進を行っている。これだけの緊急発進による離陸のたびに大きな騒音が発生し、周辺住民には多大な負担をさせている状況である。  

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会-07月01日-09号

今回の領空侵犯については、航空自衛隊那覇基地からの緊急発進で対処された。平成30年度の航空自衛隊緊急発進回数は999回であり、そのうち那覇基地から発進した回数は596回と過半数以上であった。那覇基地では一昨年度803回の緊急発進を行っている。これだけの緊急発進による離陸のたびに大きな騒音が発生し、周辺住民には多大な負担をさせている状況である。  

那覇市議会 2019-06-18 令和 01年(2019年) 6月定例会-06月18日-05号

意見書は、那覇空港域内において航空自衛隊及び海上自衛隊が、既存の弾薬庫のほかに新たに3基の弾薬庫の建設計画を進めていることが判明し、県民・市民に大きな衝撃を与えていると厳しく糾弾しています。  そこで再質問を行います。  航空自衛隊那覇基地の弾薬庫から小禄バイパスと住宅地との距離は幾らでしょうか。 ○金城眞徳 副議長   屋比久猛義総務部長。

那覇市議会 2019-02-18 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月18日-02号

同じく元陸将の用田和仁も論文で、米国のご機嫌を取る為、高額の装備品を購入することが日米同盟だと思っているならば、いつか見下されて、国内産業は衰退し、米国の国益の考え方の変化によっては、日米同盟は終わるだろうとこき下ろし、航空自衛隊の元幹部は、「100機以上も買って、いったい何をするのか、目的が全く見えない」と批判しています。

那覇市議会 2018-12-21 平成 30年(2018年)12月21日予算決算常任委員会−12月21日-01号

当局から、今回の補正の概要は税額更正特別事業、陸上自衛隊航空自衛隊用地で8億5,283万4,000円、小学校施設ブロック塀対策事業で1億6,424万8,000円の増額補正などがある一方、那覇軍港跡地利用計画事業で3,768万2,000円、那覇市ぶんかテンブス館施設機能強化事業で2,402万5,000円の減額補正などがあり、最終的に歳入歳出の差額10億4,944万3,000円を繰越金で対応する。

那覇市議会 2018-12-17 平成 30年(2018年)12月17日総務常任委員会(総務分科会)−12月17日-01号

国家賠償請求訴訟事件にて、平成18年に3施設陸上自衛隊施設航空自衛隊施設空港施設を一団の土地として評価しなかったことが違法であるという敗訴判決を受けたため、上告提起の議案を議会に提出しましたが、平成30年2月22日に不同意議決を受け、二審判決が確定しました。  これにより、原告であった78人には既に賠償金を支払っております。  

那覇市議会 2018-10-04 平成 30年(2018年) 9月定例会-10月04日-付録

見解を問う             │ │ │       │       │(7) 那覇空港において、7月17日、航空自衛隊│ │ │       │       │  那覇基地所属の早期警戒機E2Cの事故、昨│ │ │       │       │  年1月にもF-15戦闘機事故、同年7月に │ │ │       │       │  は部品落下で滑走路が閉鎖され、乗客や観光│ │ │       

那覇市議会 2018-09-26 平成 30年(2018年) 9月26日建設常任委員会(建設分科会)-09月26日-01号

ただですね、市民として住んでる中で、例えば北向けに飛行機が上がる場合に、航空自衛隊スクランブル機が何件上がってる。これ国土交通省管轄防衛省管轄、別と捉えられると市民は困るわけですよ。4機一気に戦闘機が離陸した場合に、その騒音レベルっていうのは南側、例えば具志1、2、3丁目の騒音と、その便数がふえたらどうかっていうのは、市民には関係ないわけですよ。測定っていうのは。  

那覇市議会 2018-09-10 平成 30年(2018年) 9月定例会−09月10日-03号

(7)那覇空港では、7月17日、航空自衛隊那覇基地所属の早期警戒機E2Cの事故、昨年1月にもF15戦闘機事故、同年7月には部品落下で滑走路が閉鎖されるなど、乗客や観光経済関連業界に多大な影響と損失を与える事態が相次いでいます。  さらに、6月14日に重大インシデントが発生したばかりです。

那覇市議会 2018-08-21 平成 30年(2018年) 8月臨時会−08月21日-付録

那覇空港における自衛隊機の事故に関する意見書  去る7月17日、那覇空港において、着陸した航空自衛隊那覇基地所属の早期警戒機E2Cのタイヤが破損し動けなくなり、機体の移動を終えるまでの間、1時間40分近くも滑走路が閉鎖されるという事故が発生した。  この事故により、二日間にわたり民間航空機の欠航や目的地の変更などが相次ぎ、乗客や観光経済関連業界に多大な影響と損失を与える事態となった。  

那覇市議会 2018-08-21 平成 30年(2018年) 8月臨時会−08月21日-02号

去る7月17日、那覇空港に着陸した航空自衛隊那覇基地所属の早期警戒機E2Cのタイヤが破損して動けなくなり、1時間40分近くも滑走路が閉鎖されるという事態が発生しております。  今回の滑走路の閉鎖に伴い、二日間にわたり市民・県民を初め本県を訪れる観光客や経済関連業界へ、多大な影響と損失を与える事態が発生をしております。  

那覇市議会 2018-06-25 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月25日-09号

○翁長俊英 議長   日程第2、意見書案第3号、那覇空港での航空自衛隊機を起因とする重大インシデント発生に抗議し、那覇空港の民間専用化を求める意見書を議題といたします。  提出者の説明を求めます。  古堅茂治議員。 ◎古堅茂治 議員   ハイサイ、グスーヨー チューウガナビラ(皆さん、こんにちは)。日本共産党の古堅茂治です。  

那覇市議会 2018-06-01 平成 30年(2018年) 6月定例会-06月01日-目次

……………………………………………………………… 520 〇諸般の報告………………………………………………………………………………… 520  ・意見書案(1件)の提出  ・意見書案(1件)及び決議案(1件)の提出  ・委員会審査報告書   ・閉会中継続審査申出書  ・陳情審査報告書 〇会議録署名議員の指名…………………………………………………………………… 520 〇意見書案第3号 那覇空港での航空自衛隊

那覇市議会 2018-02-27 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月27日-08号

本案は、陸上自衛隊那覇駐屯地航空自衛隊那覇基地大阪航空局那覇空港の3施設の用地の固定資産税の固定資産評価について、国家賠償請求事件裁判に対する訴えの提起となっています。  那覇市当局は、争点となっている固定資産の評価方法は、固定資産評価基準自治省税務局の回答や県の通知により適正であり、最高裁に上告をして、本市の正当性を明らかにしたいということであります。  

那覇市議会 2018-02-22 平成 30年(2018年) 2月22日総務常任委員会−02月22日-01号

国が陸上自衛隊那覇駐屯地航空自衛隊那覇基地及び大阪航空局那覇空港に係る土地、これが3施設土地として賃借している土地の所有者ないし共有持ち分者が、本市が平成18年度以降、土地の課税評価を誤り、土地の所有者等に過大に固定資産税を課したため、過大に納付した税額分の損害をこうむったなどと主張して訴えを提起し、本市と訴訟となっていました。