107件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

読谷村議会 2017-09-26 平成29年第465回読谷村議会定例会会議録-09月26日−04号

土地所有者に渡慶次や長浜の方もいることからして、両公民館での展示や考古学習等も行ってみてはどうかと考えますが、どうですか。伺います。 ◎教育次長(真栄田敏光)  瀬名波公民館で開催をしました説明会等につきましては、その節には地主会の皆さんの総会であったというふうに聞いております。

石垣市議会 2017-09-20 平成29年  9月 定例会(第6回)-09月20日−06号

過去に実施された調査では、琉球鹿などを含む動物化石も確認されており、民族や実質考古を知る上で重要な場所だと考えます。石城山のある土地及びその周辺は、民間の所有となっていることに加え、現在も大型車両等が出入りをする場所に近接しております。  このような状況から、石城山周辺を観光スポットとして整備することは、現状ではかなりの困難が伴うものと想定されます。

読谷村議会 2017-03-24 平成29年第458回読谷村議会定例会会議録-03月24日−06号

ただ、この16、17番地だけではなくて、向こうには今言いました民俗文化財、マーカーガー、あるいは拝所等、あるいは自然がありますので、その辺も加味した検討の専門の先生方、考古の先生方だけではなくて、その他自然とか歴史とか、民俗の先生方の御意見も受けながら、大湾アガリヌウガン遺跡の保存と活用については、平成29年度は検討したほうがいいということの助言をいただいております。

読谷村議会 2016-12-13 平成28年第455回読谷村議会定例会会議録-12月13日−04号

文化振興課長(仲宗根求)  座喜味城跡については、まだこの会議メンバーは決定していませんけれども、類例の史跡、既に管理策定がされているところの計画書を見ますと、5名の委員がおりまして、考古教授建設設計の先生、歴史学教授、そして学識経験者として地元の文化財保護委員会の会長、そしてオブザーバーとして文化庁文化財調査官、そして県の文化財課の職員、以上のメンバーが構成メンバーとなっております。

読谷村議会 2016-06-20 平成28年第450回読谷村議会定例会会議録-06月20日−04号

つまり7000年前から我々の祖先は、何らかの形で恐らく手づくりの船だったと思うんですが、本土と交流があったということが、考古的に証明されている大変貴重な遺跡であります。  現状は、この遺跡は1975年に発見されているんですけれども、その当時、この遺跡は考古学会に戦後最大の発見であり、衝撃が走ったということが言われています。

糸満市議会 2016-03-16 平成28年第3回糸満市議会定例会会議録-03月16日−06号

そのことも考慮して、機構改革も含めた考古専門職員の採用を検討してはどうか伺います。ウ、教育委員会だけでは仕事が厳しいと思います。機構改革の必要はないですか伺います。  以上、演壇での質問を終わり、あとは自席より再質問を行います。 ○議長(徳元敏之君) 休憩いたします。 (休憩宣告午前11時09分) (再開宣告午前11時10分) ○議長(徳元敏之君) 再開いたします。

宮古島市議会 2015-12-15 平成27年 12月 定例会(第8回)-12月15日−03号

この事業に関しては、あとしばらく時間かかりますけれども、実は教育委員会には考古の専門学芸員が不足しておりまして、幾つもの事業現場が持てないということが実情がございます。それで、高腰城址についてはどういうことになるかと、この専門学芸員から聞いたところですね、まず今の聞き取り調査を進めながら、発掘調査も入れて、学術研究を進めることが大変大事であると。

那覇市議会 2015-12-10 平成 27年(2015年)12月定例会-12月10日-05号

◆翁長大輔 議員   私は考古に詳しくはありませんが、先月14日、15日に開催された現地説明会に参加した際に、当局の皆さんが丁寧に発掘した遺跡の保存状態は、素人目にも大変すばらしい状態と思います。  現代生活において、道や川の整備は重要ですが、失ってしまうにはあまりにももったいないと思います。そこで再質問を行います。  

那覇市議会 2015-09-28 平成 27年(2015年) 9月定例会-09月28日-付録

                      │ │ │       │3 緑の政策に│ 那覇市役所庁舎の壁面緑化の現況と課題につい│ │ │       │ ついて   │て伺う                   │ │ │       │       │                      │ │ │       │4 文化財行政│ 首里高校内から発掘された中城御殿跡につい │ │ │       │ について  │て、日本考古協会

北谷町議会 2015-09-28 平成27年  9月 定例会(第437回)-09月28日−06号

そのため、考古的な見地からだけでなく、沖縄県内の北谷グスクはどのような機能を有していたかなど、現在歴史的な見地で調査を進めていると回答でありました。  続きまして、社会体育係への質疑です。  部活指導員事業171万9千608円の内容の質疑に対し、答弁は、桑江中学校、北谷中学校併せて定数20人。

八重瀬町議会 2015-09-18 平成27年  9月 定例会(第5回)-09月18日−06号

まさに八重瀬町のこれは本当に目玉、歴史文化考古的にも本当に貴重な何ら遜色のない立派な港川フィッシャー遺跡でありますので、自信をもって推進をしていただきたいと思います。  ヌヌマチガマのこれは記述的には、こういう信憑性はないんですかね。私は、あったのかなと思っていたんですが、みんなありますよね。摩文仁の歴史資料館もありますし、南風原もあります。

那覇市議会 2015-09-14 平成 27年(2015年) 9月定例会−09月14日-07号

首里高校内から発掘された中城御殿跡について、沖縄考古協会及び日本考古学会より、国指定史跡としてを視野に遺構の保存と活用を図ること、世界遺産首里城跡と一体不可分のものとし、首里地区全体の整備計画に位置づけること等の要請書が提出されております。見解と今後の対応を伺います。 ○金城徹 議長   島田聡子市民文化部長。 ◎島田聡子 市民文化部長   お答えをいたします。  

那覇市議会 2015-09-09 平成 27年(2015年) 9月定例会-09月09日-04号

しかし、この遺跡の所有者自身による遺跡の掘削や遺跡の破壊行為が見られ、日本考古学会、県、那覇市、地元近隣、山下自治会の皆様が大変に危惧、心配をしておりました。  この困難な中を、この事業を遂行した当局の皆様には心から敬意を表します。  ここで質問いたします。  (1)山下町第一洞穴遺跡公園の意義とこれまでの経緯を伺います。  (2)現在の進捗状況を伺います。  

北谷町議会 2015-03-18 平成27年  3月 定例会(第430回)-03月18日−05号

あともう1つは、このプロットした平面図面をもとに、外部の調査委員会をもとに開きまして、外部の専門委員、考古であったりとか、民俗学であったりとか、歴史学についての外部の委員の調査指導委員会を設けて、その中で文化庁、及び県もアドバイザーと参加をしながら、国指定に向けて取り組むようにということの御指導をいただいております。 ○田場健儀議長   16番 目取眞肇議員