13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

那覇市議会 2016-09-28 平成 28年(2016年) 9月定例会-09月28日-07号

教育委員会としましては、儀間真常の銅像の設置については考えておりませんが、現在、那覇市歴史博物館沖縄県立博物館美術館施設や史跡を見学することなどを行っておりまして、琉球王朝歴史沖縄発展に尽くした偉人について身近に感じることができるものと考えております。以上でございます。 ◎金城徹 議長   多和田栄子議員

嘉手納町議会 2012-12-14 12月14日-04号

次に、観光地形成促進地域につきましては、対象となる施設につきましては、まずスポーツレクリエーション施設、例えばゴルフ場、プール、屋外アスレチック場、そして教養文化施設として劇場博物館美術館それから休養施設として展望施設温泉療養施設など、また集会施設会議場施設ということで、それから販売施設。これは飲食施設等が一体的に設置されている施設対象施設として考えております。以上です。

名護市議会 2010-06-10 06月18日-06号

(3)文化・芸術の里をつくるということで、特に博物館美術館進捗状況。これも何名か聞いておりますから、ぜひそこで説明もいただきたい。資料も届いておりますので。(4)建設部建設計画課発行リーフレット名護景観まちづくりというリーフレットをたまたま目にすることができました。この名護景観まちづくり発展の方向と、今後の具体的な計画等についてどういう段取りが進められているのか。

宜野湾市議会 2008-03-21 03月21日-10号

そして、上原のほうには佐喜眞美術館ですね、こういうような民間施設もあります。その辺を活用していけば、決して他市町村に見劣りはしないと思いますが、こういうような施設の提携もぜひ推し進めていただきたいというふうに思いますが、いかがなものですか。 ○副議長前川朝平君) 市民経済部長。 ◎市民経済部長新田宗仁君) お答え申し上げます。

宮古島市議会 2007-09-12 09月12日-05号

植物園における南国美術館がいわゆる都市公園法によるものではないか、私はそのように理解をしております。  そこで、お尋ねをいたします。1点目に、公有水面埋立法により取得した財産行政財産であると思うが、見解を求めます。私は、そのとおりだと思うわけでありますから、そうでなければその根拠法令を示していただきたい。  

沖縄市議会 2006-03-20 03月20日-06号

こう答えると、とても役所的になるわけですが、ただそのあとに、いわゆる美術館を含めて、照度をいろいろ検討したわけですが、美術館での照度については、約200ルクスが適当だろうというような結果があります。本市の市庁舎のロビーを図ってみると、現状、約600ルクス以上になっています。 

那覇市議会 2004-03-04 平成 16年(2004年) 2月定例会-03月04日-05号

1990年(平成2年度)から、1994年(平成6年度)まで米国内の博物館美術館34の施設個人所有調査を行い、1,041点の在米国沖縄関連文化財を確認いたしております。  その後、ヨーロッパに所在する沖縄関連文化財対象在外沖縄関連文化財調査計画を策定し、1995年(平成7年度)から1999年度(平成11年度)まで調査を行っております。  

名護市議会 2004-03-02 03月19日-12号

◎市長(岸本建男君) 名護市に限らずやはり沖縄県全体として見てもそういう博物館あるいは美術館施設は特に信州なんかに比べますと大変に少ないと思います。名護市も非常にほしいところでありますけれども、何しろそういう建造物に対する国庫補助金というのが非常に限られておりまして、しかも独自の事業費ではなかなか建設が難しいという事情があります。

那覇市議会 1998-03-10 平成 10年(1998年) 3月定例会-03月10日-04号

また本市としましては、その誘致を重視する立場から組踊劇場誘致場所につきましては、多数の市民県民が気軽に鑑賞できる地域環境交通アクセス利便性県立博物館、現代美術館、文化関連施設との有機的連携による効果的な利用も期待できるところから、あえて本市の新都心地区内文化施設建設予定地を変更して誘致に努めてきたところであります。  

沖縄市議会 1995-06-22 06月22日-06号

平良薫教育部長 7点目に美術学術施設建設について、まず1点目の美術館建設することについてでございますが、生涯学習時代が到来したということで、美術館は確かにたいへん関連施設としては必要だろうと思っております。しかしながら現在のところは、私どもとしては構想なり、あるいは具体的な計画なりは持ち合わせておりませんが、将来的にはやはりそういった施設建設をしていかなければいけないだろうと思います。

  • 1