34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

糸満市議会 2021-09-19 09月19日-03号

障がい者の災害時の避難受け入れ施設なんですが、例えば知的障がい、身体障がい、統合失調等、おのおのの障がいによって特性が違ってくるわけですよね。だからその特性に配慮した施設を検討しているのかどうか。それを伺います。 ◎総務部長上原仁君) 再質問にお答えいたします。 先ほど市長のほうで答弁いたしましたが、福祉避難所については現在4カ所で、全て今のところ高齢者施設と協定を結んでおります。

宜野座村議会 2018-03-07 03月07日-02号

まず1位が腎不全、2位が統合失調型障害及び妄想性障害、これは精神疾患であります。3位糖尿病、4位高潔性疾患、5位脳梗塞。 続いて、高額医療費のところでございます。1位が統合失調型障害及び妄想性障害、2位脳梗塞、3位骨折、4位虚血性心疾患、5位乳房の悪性新生物、乳がんのことであります。 続きまして、平田嗣義議員からの御質問です。二次検診委託料対象者等数字です。

那覇市議会 2017-12-13 平成 29年(2017年)12月定例会-12月13日-06号

精神障害者保健福祉手帳は、精神保健福祉法に基づき統合失調など政令で定める精神障がいの状態にある方に対し県知事より交付されるものであります。  最後に、療育手帳は、沖縄療育手帳制度規程に基づいて知能指数、社会性意思疎通程度等により沖縄県において判定を行い、知的障がいのある方に対して県知事より交付されるものでございます。以上でございます。 ○翁長俊英 議長   坂井浩二議員

宜野湾市議会 2017-06-26 06月26日-07号

統合失調など精神障害者発達障害者の人がふえたと発表しております。 そこで、宜野湾市においては、この福祉行政における現状と課題というのは、障がい福祉課としてはどのように把握しているのか、御答弁をお願いします。 ○大城政利議長 福祉推進部長。 ◎比嘉透福祉推進部長 宮城司議員の御質問にお答えいたします。

北谷町議会 2017-03-17 03月17日-04号

厚生労働省では引きこもりの定義を「自宅に引きこもって学校や会社に行かず、家族以外との親密な対人関係がない状態が6ケ月以上続いており、統合失調うつ病などの精神障害を第1の原因とは考えにくいもの」としております。 その観点から考えますと町内小中学校では1名が当てはまると推測されております。 ○田場健儀議長  9番 大浜ヤス子議員。 ◆9番(大浜ヤス子議員)  一通りの御答弁ありがとうございました。

名護市議会 2016-12-01 12月12日-07号

統合失調や、鬱、精神疾患発達障害を持つ人がなることもあれば、特に疾患のない人がなることもあります。学校でのいじめや人間関係のもつれ、職場への不適応などから家庭以外の場所では活動することに耐えられなくなり、自宅に閉じこもってしまうのが始まりです。昨年12月の内閣府の調査によりますと、15歳から39歳のひきこもりが全国で推計54万1,000人との調査結果を公表した。

那覇市議会 2016-02-22 平成 28年(2016年) 2月定例会−02月22日-04号

本市国保加入者レセプト情報から見ますと、精神疾患とされるレセプトの件数の多い傷病名は、多い順からいたしますと、統合失調、躁うつ病などの気分障害、ノイローゼや神経症などの神経症性障害などでございます。  また、精神疾患患者医療費総額推移につきましては、平成22年度は男性が24億2,872万円、女性は19億2,184万円で、計43億5,056万円となっています。

那覇市議会 2015-09-09 平成 27年(2015年) 9月定例会-09月09日-04号

詳細を見てみますと、健康問題では統合失調うつ病身体病気の悩みが多く、経済・生活問題では生活苦や多重債務の割合が高い状況にあります。  県や国との比較については、国を100とした標準化死亡比で見ると、平成20年から24年までの沖縄県の男性自殺死亡比は125.8、女性94.7、本市男性は121.7、女性は103.0と、県、市とも男性は国より高い状況にあります。  

宜野湾市議会 2015-06-24 06月24日-05号

精神通院医療費公費負担制度統合失調など通院医療を継続的に必要とする場合、医療保険自己負担診察料と薬代が免除されます。申請方法といたしましては、医師の診断書を添え、障がい福祉課を通じて県へ進達し、決定されるものです。利用者推移につきましては、平成21年度が1,711人であったものが、平成25年度には2,307人を数えております。

那覇市議会 2014-09-12 平成 26年(2014年) 9月定例会-09月12日-04号

うつ病統合失調つまり精神障がい者、患者は、今月は元気で活動していても来月は体調を崩す方もいます。  ですから、体調不良の時もありますが、このような方は、特に対人関係言葉に非常に敏感で、誰かが自分の悪口を言っていると思うようです。被害妄想がありますから、仕事はしたいが精神疾患原因で就労できないという相談があります。  

豊見城市議会 2014-06-12 06月12日-03号

次に入院につきましては、1位が統合失調2位が脳梗塞、3位が気管支、肺がんの順であります。通院入院のいずれの上位腎不全高血圧性疾患などの生活習慣病がんによるものとなっており、これらは本市のみならず国、県が直面する健康課題となっております。その対策でございますが、特定健診や特定保健指導がん検診の実施のほか、予防に係る周知活動を行っております。

那覇市議会 2014-03-03 平成 26年(2014年) 2月定例会−03月03日-07号

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の第5条で「精神障害者」とは統合失調、精神作用物質による急性中毒またはその依存症知的障害精神病質、その他の精神疾患を有する者をいうと定義されております。  次に、(2)の医療支援制度についてお答えいたします。  精神に障がいがある方が、精神科通院治療する際の費用の自己負担分公費で負担する自立支援医療制度がございます。  

豊見城市議会 2012-06-27 06月27日-03号

対象となるのは、精神障害者保健福祉手帳を持つ統合失調、躁うつ病、てんかんなどの患者であります。このように対象が拡大すれば、障害者社会進出が一段と進むことになります。研究会では近く、報告書をまとめ、来年にも障害者雇用促進法改正案通常国会に提出する計画だとしております。障害者に対する虐待については、障害者虐待防止法が昨年6月に成立し、本年10月に施行されます。

那覇市議会 2012-06-12 平成 24年(2012年) 6月定例会−06月12日-03号

精神通院自立支援医療費の給付を受けたものを、病気の類別で分けますと、統合失調が2,744人で精神通院全体の36%、気分感情障害いわゆるうつ病等が2,424人で全体の32%を占めております。統合失調うつ病の2つを合わせると5,168人となり、全体の68%を占めております。 ○永山盛廣 議長   渡慶次克彦企画財務部長

名護市議会 2010-06-10 06月15日-03号

私が聞いた話では、うつは治るが統合失調は治らない。現在その見きわめは難しく、薬で病気を悪化させることもあると聞いております。患者の尊厳を考えた場合、退院後即自宅に帰るのではなく、社会復帰するための訓練をする授産施設が必要だと感じておりますが、その辺の考え方をお聞かせください。 ○議長島袋権勇君) 健康福祉部長 宮城秀樹君。

  • 1
  • 2