99件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-09-12 令和 01年(2019年) 9月定例会-09月12日-06号

短期目標としましては、特定健診受診率や特定保健指導実施率の向上、メタボリックシンドローム該当者及び予備群の改善を目指し、また中長期目標として、脳血管疾患・虚血性心疾患・糖尿性腎症の患者数の減少に努め、入院医療費の適正化に努めてまいります。 ○久高友弘 議長   名嘉元裕経済観光部長。 ◎名嘉元裕 経済観光部長   ご質問の4.公設市場振興についてお答えいたします。  

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会−07月01日-付録

 │       │       │  @ 日本人死因で肺炎は現在全国で何位か│ │ │       │       │   また沖縄県及び那覇市においては何位か │ │ │       │       │  A 全国及び沖縄県の直近の接種率、そして│ │ │       │       │   那覇市の接種率はどれぐらいか     │ │ │       │       │(3) 那覇市国保の糖尿重症化予防対策

那覇市議会 2019-06-19 令和 01年(2019年) 6月定例会-06月19日-06号

近年、沖縄県の成人肥満者の割合は男女ともに全国平均を上回り、糖尿から人工透析を余儀なくされる方々が増加しております。また、子どもの肥満も全国平均を上回る傾向にあることから、健康づくりへの取り組み方を多角的に見直していかなくてはいけないのではと考えます。  (1)本市において全ての方々が対象となる健康づくり医療費抑制にもつながる総合支援や具体的な施策はありますか。伺います。  

那覇市議会 2019-06-18 令和 01年(2019年) 6月定例会-06月18日-05号

次に、(3)那覇市国保の糖尿重症化予防対策について質問します。  国内で糖尿が強く疑われる人が推計1,000万人に上っております。2016年に、国は糖尿腎症重症化予防プログラムを策定しています。  そこで、①那覇市糖尿患者の状況と糖尿による直近の医療費の状況を伺います。 ○翁長俊英 議長   長嶺達也健康部長

那覇市議会 2019-03-06 平成 31年(2019年) 3月 6日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月06日-01号

2行目のCKD対策事業は、糖尿の悪化防止を図ることで、新規の人工透析導入者数を減らすとともに、CKD慢性腎臓病を原因とする心血管系疾患の減少につなげるために、かかりつけ医と腎臓専門医との連携に向けた統一的な仕組みを構築していくことを目的として、平成28年4月から実施しております。  平成31年度歳出予算額は、前年度に比べて8万4,000円減額の12万3,000円を計上しております。

那覇市議会 2019-02-27 平成 31年(2019年) 2月27日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-02月27日-01号

3行目の保健事業でありますが、特定保健指導未利用者対策及び糖尿性腎症予防化を目的としたヘルスアップ事業を行う専門職の臨時職員が5カ月不補充となったことによる賃金の減となっており、125万2,000円を補正減額しております。  最後に、4行目のほうですが、国保課長からのほうもありましたが、第9款諸支出金のうち償還金についてご説明いたします。  

那覇市議会 2019-02-19 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月19日-03号

特に、那覇市を含めた近隣市町村における1次・2次救急医療の重要な役割を担っていることから、今後も現在の救急センターの役割は継続して維持すること、また、地域がん診療連携拠点病院として機能拡充を図ること、糖尿について地域での需要増加が見込まれるため、地域医療連携の充実を図るべく糖尿センターを検討すること、また災害拠点病院として整備する方向で検討することなどが挙げられます。  

那覇市議会 2018-12-13 平成 30年(2018年)12月定例会-12月13日-06号

妊婦健診は、妊婦に対し健診を行うことにより、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿などの早期発見、及び妊娠中の健康状態や胎児の発育状態を確認することによって、安全な出産ができることを目的としております。  健診の内容としましては、血液検査や尿検査、超音波検査などがあり、本市と委託契約を結んだ、県内48産科医療機関にて個別健診方式で実施しております。  

那覇市議会 2018-12-10 平成 30年(2018年)12月定例会-12月10日-03号

(モニター使用)  むし歯については歯周病との密接な関係があるとも言われ、歯周病については、歯そのものを含めた口腔だけじゃなく、ご覧のようながんであり、糖尿であり、脳梗塞、狭心症や心筋梗塞のリスクが高まると言われております。  そこで再質問でございます。  むし歯や歯周病が減ることにより、結果的に市民の、歯の治療だけではない、トータル的な医療費の削減についても可能性はあると思いますでしょうか。

那覇市議会 2018-06-25 平成 30年(2018年) 6月定例会-06月25日-付録

資料によると、第1期デー│ │ │       │        │  タヘルス計画の実績評価において、人工透析│ │ │       │        │  患者数の増加等により糖尿を中心とした生│ │ │       │        │  活習慣病の重症化予防に一層の取り組みが求│ │ │       │        │  められるとある。

那覇市議会 2018-06-12 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月12日-05号

特定健康診査等実施計画とは、特定健診、特定保健指導を効率的、効果的に実施することで、生活習慣の改善による糖尿等の生活習慣病の予防対策を進め、将来の医療費の適正化を目指すことを目的として策定しております。  第3期特定健康診査等実施計画における目標値は、6年後の2023年度におきましては、健診受診率、保健指導実施率を、ともに60%を達成することを目標としております。

那覇市議会 2018-06-08 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月08日-03号

この計画書によると、第1期データヘルス計画の実績評価において、本市においては、「人工透析患者数の増加等により、糖尿を中心とした生活習慣病の重症化予防に一層の取り組みが求められる」とあります。  そこで、@特定健診やレセプトのデータを活用するこのデータヘルス計画書には、「人工透析患者のおよそ半分に糖尿腎症があり」とありますが、データから見る実態がどうなっているのか、伺います。  

那覇市議会 2018-06-07 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月07日-02号

本市では、特定健診受診率や保健指導実施率の向上、脳血管疾患・虚血性心疾患・糖尿性腎症の重症化予防を重点に対策を進めてきましたが、平成26年度に策定した那覇市第1期データヘルス計画の評価を行ったところ、特定健診受診率は横ばいであり、特に働き盛り世代の受診率が低い状況でございます。  健診結果では、糖尿有所見者が激増し、メタボ該当者・予備群の割合は改善していない状況でございます。  

那覇市議会 2018-03-19 平成 30年(2018年) 2月定例会-03月19日-付録

応募締め切りが延│ │ │       │       │   長されているが、それはなぜか     │ │ │       │       │  ④ (身近な地域で良質かつ適切な医療が受│ │ │       │       │   けられるまちづくり)「糖尿等の重症化│ │ │       │       │   予防の取り組みに向け、CKD登録医をは│ │ │       │       │

那覇市議会 2018-03-09 平成 30年(2018年) 3月 9日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-03月09日-01号

事業内容でございますが、特定健診を受けて、特定保健指導には該当しないけれど、糖尿、高血圧、腎機能低下、脂質異常といった所見がある方で、通院治療につながっていない方、いわゆる未治療者や通院はしているけれど、生活習慣病のコントロールが不良で治療がうまくいっていない方や治療中断者などがおり、これらの方々を医療につなげる支援や生活習慣の改善に向けた保健指導を行うことで、心血管疾患や慢性腎臓病などの発症、重症化

那覇市議会 2018-02-22 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月22日-05号

全国より要介護認定率が高い理由としましては、要介護認定の要因となる傷病等のうち、高血圧や糖尿、脳血管疾患が高い傾向にあることから、若い世代からの内臓脂肪型肥満や多量飲酒等による生活習慣病が影響しているものと考えております。  次に、要介護3以上の重度の認定者の割合につきまして、本市は平成28年度42%、沖縄県全体についてもほぼ同様となっており、全国の34.8%に比べかなり高い状況にあります。  

那覇市議会 2018-02-20 平成 30年(2018年) 2月定例会-02月20日-03号

特定健診を受けて自分の健康状態を把握し、異常があれば適切な医療を受けること、そして生活習慣を見直すことにより、高血圧や糖尿、脂質異常症といった生活習慣病の予防や重症化させない取り組みが必要でございます。中でも年間500万円から600万円の医療費を必要とする人工透析患者の半数に糖尿性腎症があり、糖尿の重症化予防が重要となっています。