688件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

│ │       │       │  かし、障がい者に寄り添ったさらなる支援拡│ │ │       │       │  充が求められている           │ │ │       │       │   11月27日には、特別支援教育における移動│ │ │       │       │  支援、通学支援などの施策拡充を求める陳情│ │ │       │       │  が那覇市社会福祉議会

那覇市議会 2019-12-10 令和 01年(2019年)11月定例会-12月10日-06号

沖縄県では、先ほど申し上げましたように、地域生活定着支援センターを県の社会福祉議会委託して実施しておりますことから、特別調整につきましても、今後引き続き当該センターと連携して、那覇のほうでも連携を深めて協力してまいりたいと考えております。 ○久高友弘 議長   小波津潮議員。 ◆小波津潮 議員   ありがとうございます。  次の質問に移ります。  

那覇市議会 2019-12-09 令和 01年(2019年)11月定例会-12月09日-05号

私も、まちづくり協議会で花いっぱい運動をやっていますけれども、社会福祉センター通りに植えようかなと思ったら、フェンス沿いでないとだめと言われまして、ちょっと考えているところです。ぜひ、各小学校にゴーヤー運動みたいな形で、強制的ではなくて奨励をしていただきたいなということを強く要望したいと思います。

那覇市議会 2019-12-06 令和 01年(2019年)11月定例会−12月06日-04号

議員ご提案の保育士新卒者採用時の祝い金の創設については、社会福祉法人保育那覇市園長会からの陳情もあり、他の業種への流出を抑えるためにも、有効な施策だと認識しております。  こどもみらい部としては、事業化に向け関係部局と調整を図ってまいりたいと考えております。 ○久高友弘 議長   名嘉元裕経済観光部長

那覇市議会 2019-10-18 令和 01年(2019年)10月18日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-10月18日-01号

ほかにも事業として、社会福祉議会那覇市医師会にも委託している事業がございます。  なお、地域包括支援センターには、保健師、社会福祉士、主任介護支援専門員認知症地域支援推進員を配置しております。ちゃーがんじゅう課にも同様の職員を配置しております。  以下、中野区の特色がありましたので、それに沿って那覇市はどういうふうに取り組んでいるかという現状を説明したいと思います。  

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

       │       │  あるが、自然災害から身を守る為には、住民│ │ │       │       │  一人一人が「自分の事」と捉え、地域で備え│ │ │       │       │  るため地区防災計画を策定する事が望まれる│ │ │       │       │  が、本市での取り組み状況を伺う     │ │ │       │       │(3) 高齢者や障がい者が利用する社会福祉施設

那覇市議会 2019-10-02 令和 01年(2019年)10月 2日予算決算常任委員会−10月02日-01号

当局から、給食施設とは、まず学校給食病院社会福祉法人施設など、特定の人に一定に食を提供することを給食施設と捉えている。  今回、異物混入の問題があった給食提供施設は、豊見城市にあり那覇市保健所管轄ではなく権限がないが、大多数が本市の保育園に納品してる関係上、今後、こども政策課と連携して指導を行っていきたいと考えている、との答弁がありました。  

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月27日-01号

次に、2つ目の陳情、社会福祉主事配置数を国基準とし、社会福祉士の比率を5割以上とすることで、生活保護利用者への迅速丁寧な対応ができるような体制を進めること。また、保護利用可否の結果通知法定の原則14日以内を徹底していただきたいとの陳情でございます。  これにつきましては、ケースワーカーの数につきましては、社会福祉法において非保護世帯数80に対し、1人は基準として定められております。  

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月26日-01号

これはちゃーがんじゅう課が主管課ではありますが、委託事業で、社会福祉議会さんが実施しております。そちらのほうで、高齢者が通うに当たっての安全的な観点から、保険の登録をしていると伺っております。  その際に名簿を作成しているので、そちらのほうで実人数の把握というのは可能かなと思いますが、そちらの部分で、今、報告としてはこちらは把握はしておりません。  

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月26日-01号

福祉部副部長福祉政策課長(新垣浩)  ボランティア振興事業でございますけれども、これは社会福祉議会のほうに補助金を出して、社会福祉議会のほうで当事業を推進しているものでございます。これは費用につきましては、主に人件費からなってございます。  ボランティアの内容につきまして、少し先に説明したいと思います。  

那覇市議会 2019-09-26 令和 01年(2019年) 9月26日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月26日-01号

これは、現在、沖映通りを環境美化促進重点地域に指定をしておりまして、その沖映通りに設置されている花壇の維持管理業務でありまして、現在、社会福祉法人伊集の木会さんに随契で委託をしているという状況です。 ○委員長(前泊美紀)  古堅委員。 ◆委員(古堅茂治)  今やっている施策を説明してもらっているわけではないと思いますよ。1条に基づいて各種施策は展開できるんじゃないかと僕は聞いているわけよ。

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)-09月25日-01号

5行目、第3款民生費、第1目社会福祉総務費の28節繰出金は、支出済額42億1,803万4,686円となっております。これは、一般会計から国保特会への繰出金でございまして、この中には赤字補填のための政策的繰入金8億円が含まれております。  次に6行目、第3款民生費、第3目老人福祉費、19節の負担金等は、支出済額26億3,411万9,430円となっております。

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月25日-01号

初めに、番号1番の12款2項1目民生費負担金の社会福祉費負担金ですが、療育の必要のある児童とその保護者親子で利用することにより児童への理解を深め、その特性や発達段階に応じた発達支援を行う障害児通所事業の利用者負担分ですが、収納率が99%で未收額が5,336円となっておりますが、利用者2件分が期限内に納付し忘れた分となっております。これについては今年度既に納付済みとなっております。  

那覇市議会 2019-09-18 令和 01年(2019年) 9月18日総務分科会−09月18日-01号

これについては、国のほうからの通知がありまして、大区分、表の左側ですけど、社会福祉の分野、社会保険の分野、保健衛生の分野、そういったものに充当するようにということが明確にするようにと示されていますので、こういったふうに財源を配分しているということをみせている充当表であります。  

那覇市議会 2019-09-18 令和 01年(2019年) 9月18日厚生経済常任委員会(厚生経済分科会)−09月18日-01号

14款国庫支出金、01節社会福祉委託金、01細節国民年金事務費をご覧ください。この事業は、法定受託事務である国民年金第1号被保険者の資格の得喪、種別変更届けや年金受給のための裁定請求年金保険料の免除申請についての受付、相談業務等に要した経費、その他相談業務や年2回の国民年金のお知らせの発行などの協力連携事務に要した経費に対する交付金でございます。  

那覇市議会 2019-09-17 令和 01年(2019年) 9月17日教育福祉常任委員会(教育福祉分科会)-09月17日-01号

3款民生費1項社会福祉費2目障害者福祉費、事業21重度心身障害者医療費等助成事業でございます。100万8,000円の補正増となっております。  これは平成30年8月、昨年ですね、8月より導入されました重度心身障害者医療費等助成の自動償還方式の実施において、沖縄県国民健康保険団体連合会及び協力医療機関へ支払う事務手数料を、当初予算への計上漏れによる補正でございます。  

那覇市議会 2019-09-17 令和 01年(2019年) 9月17日総務常任委員会(総務分科会)−09月17日-01号

8 社会福祉施設整備事業は先ほどご説明しました与儀保育所建設事業に対応いたします。14 臨時財政対策債も先ほどご説明したとおりの増額であります。  引き続き財政課分をご説明いたします。6ページ目をお開きください。財政課分は今までご説明した内容とほとんど重複しておりますので、改めてのご説明は省略させていただきますが、1件だけ7ページ目の歳出のほうをお開きください。上から3つ目ですね。

那覇市議会 2019-09-13 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月13日-07号

本市の地域包括支援センターの職員につきましては、国が定める社会福祉士、主任介護支援専門員に加えて保健師と認知症地域支援推進員を配置し、それぞれが専門性を発揮しながら、支援を行っているところでございます。  しかしながら、年々増加する高齢者に対応すべく各施策の充実に取り組みながら、複雑な課題を抱える支援困難な事例への個別支援も行っている現状がございます。