35件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

うるま市議会 2013-12-10 12月10日-04号

内容といたしましては、生活環境面で問題があり指導が必要な対象者に対して、ケースワーカーと同行して、家庭訪問をいたしまして、病院にて主治医より病状把握実施所内面接等を通じて生活改善のための支援、また病院入院している者のうち社会入院となる可能性の高い者に対して、適切な受け入れ先確保及び退院後に必要なサービスコーディネート等を行い、在宅生活、または施設入所への移行支援し、日常生活自立のための

うるま市議会 2013-09-25 09月25日-05号

このことから、医療扶助受給者健康管理支援として精神保健師1人、保健師2人を配置して生活環境面で問題があり、指導が必要な対象者に対して訪問活動病状把握嘱託医との協議、所内面接等を通じて生活改善のための支援、または病院入院しているもののうち、社会入院となる可能性の高いものに対しては適切な受け入れ先確保及び退院後に必要なサービスコーディネート等を行い、在宅生活、または施設入所への移行支援

沖縄市議会 2013-02-27 02月27日-03号

次に、⑤深刻な医療難民を引き起こす療養病床削減計画についてでございますが、病床転換助成事業につきましては、平成20年度に創設された高齢者医療制度に伴って導入された都道府県が行う事業で、家庭の事情などで入院し続ける、いわゆる社会入院課題となっている医療療養病床介護療養病床特別養護老人ホーム介護施設転換することに対して助成を行う事業でございますが、これにより、介護療養病床は当初は平成24年3

那覇市議会 2011-07-04 平成 23年(2011年) 6月定例会−07月04日-付録

       │   考えているのか伺う          │ │ │       │       │  A 那覇市の介護老人保険実施状況おい │ │ │       │       │   て、種類別介護施設サービス利用状況(平│ │ │       │       │   成21年度)老健:58.7%、特養:35.3%、│ │ │       │       │   療養型:6.0%とあるが、そのうちで社会

那覇市議会 2011-03-07 平成 23年(2011年) 2月定例会-03月07日-09号

委員から、セーフティーネット支援対策事業はどういう内容事業か、との質疑があり、当局から、生活困窮者自立助長させるための事業で、様々な自立支援プログラムがあり、就労支援プログラム社会入院者の退院促進するプログラム健康管理支援プログラム等がある、との答弁がありました。  

沖縄市議会 2011-02-22 02月22日-02号

質問事項25.社会入院について。質問の要旨(1)社会入院とは、病気は治っていますが、社会的な理由で、退院ができないことである。沖縄県には精神疾患社会入院者は827人で、全体の16.1%います。県内には、一般の住宅を借りて、社会入院者を受け入れているNPOがあります。入院の場合はただその日暮らしの入室者も、施設では社会復帰を目指して頑張っています。

西原町議会 2010-03-23 03月23日-06号

社会入院の解消を大きな目的として、介護療養型病床が2011年度末までに削減されることにより、介護難民が出てくることへの懸念だと思いますが、今ある介護療養型の病床がすべてなくなるということではありません。すべての病床ではありませんが、今ある介護療養型の病床介護療養型老人保健施設という新たな介護保険体系施設転換、用途変えをするということであります。

南城市議会 2008-06-06 06月06日-02号

背景を見ますと、国の療養病床の再編と深く関わっておりまして、国は、いわゆる社会入院の問題がありましたので、それを療養型の病床をなるべく、ご質問にありましたが地域に返そうというふうな趣旨が織り込まれております。 しかしながら、その小さな託老所とは、大変経営厳しいわけであります。特に認可を得てない、介護保険適用されない託老所ほど、これはものすごく経営は厳しいと言われております。 

那覇市議会 2007-12-14 平成 19年(2007年)12月定例会-12月14日-06号

厚労省の資料によりますと、療養病床の問題は、昭和48年の老人医療費無料化以降、病院高齢者介護の受け皿となってきた、いわゆる老人病院問題として30年来の懸案であり、介護保険施行後6年を経て介護基盤の整備も進んだことから、昔年の課題を整理し、いわゆる社会入院を是正するものと説明されております。  

沖縄市議会 2007-12-12 12月12日-04号

さらには、保健師等の有資格者活用事業等をやっておりまして、医療費の大半を占めている長期入院患者実態調査、それから病状調査実施退院可能者社会入院把握して改善等を図ってきております。 その他、生活訪問事業等、諸々の事業を行って生活保護から抜けられるようにそういう事業を展開しているところでございます。 ○喜友名朝清議長 浜比嘉 勇議員。 ◆浜比嘉勇議員 3回目であります。

西原町議会 2007-09-26 09月26日-05号

高齢者が長期入院する療養病床への平均入院日数は極めて長く、現在の医療療養病床には医療必要度の低い社会入院と呼ばれる患者が多く入っており、医療給付費を押し上げる要因の一つとして以前から問題視されてきました。そこで厚生労働省長期入院患者のための療養病床、先ほど説明いたしました医療病床の23万床、介護病床10万床を平成24年度までに現在の38万床から15万床に減らす計画を打ち出しています。

那覇市議会 2006-12-18 平成 18年(2006年)12月定例会−12月18日-07号

第4に、今後の取り組みといたまして、医療費の7割近くを占める入院患者への適正化策として、月平均約800人の入院患者のうち社会入院と思われる被保護者に対しましては、医療機関と連携をとりながら、地域に戻す取り組みを行います。  また、帰来先のない入院先につきましては、県が負担することとなっておりますので、県への申請などの取り組みを行い、市の負担軽減に努めております。  

うるま市議会 2006-09-07 09月07日-03号

そしてもう1点の質疑であります医療制度改正に連動しての要介護者サービス低下等についてでありますが、医療費制度改正については担当部外であり、かつ法律であることから、コメントはしにくいことでありますが、その改正は必ずしも医療を必要としないと思われる、つまり社会入院と言われております長期療養患者入院する療養病床を、できるだけ老人保健施設有料老人ホーム介護療養病床棟、あるいは在宅移行させていこうとすることも

西原町議会 2006-06-21 06月21日-05号

あとは入院患者につきましては、おっしゃるように社会入院をなさっている方たちが今、特に問題となっておりまして、今回の医療制度改革においても、そこに一応焦点も置かれているような気がいたします。 ○議長前里光信)  ほかに質疑ございませんか。     なし(と言う声あり) ○議長前里光信)  質疑なしと認め、これで質疑を終わります。 お諮りします。 

那覇市議会 2006-06-13 平成 18年(2006年) 6月定例会−06月13日-03号

3点目に、療養病床の見直しは、療養病床入院している患者のうち、医療必要性の低い、いわゆる社会入院と言われる患者を、その状態に応じて病院から在宅、または老健施設等での生活移行させることが改正の主な理由になっております。  しかし、在宅療養老健施設への入所には費用負担が大きく、本人のみならず家族生活などにも多大な影響があるものと思われます。

  • 1
  • 2