6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宮古島市議会 2019-03-19 平成31年  3月 定例会(第2回)-03月19日−05号

こちらはですね、地域伝統の文化、これはここで言うのは知的財産でありますが、ほかの地域会社宮古島の固有の名称、また権利が奪われてはいけないというふうに考えております。地域文化の関係のない事業者が登録することができる、受け付けできる仕組みも私は問題だというふうに考えておりますけれども、このパーントゥは、名称を生み出した地域に対して私は権利があるものではないかというふうに考えております。

那覇市議会 2018-06-08 平成 30年(2018年) 6月定例会−06月08日-03号

委託業務の主な内容といたしましては、補助金交付事業者に対し、商品化支援やテストマーケティング支援など、商品やサービスの企画・開発支援を行う開発支援業務、商品開発の具体化を目指す事業者等に対し、マーケティング調査の手法やコンセプト設定、知的財産に関する理解など、開発に向けた知識の修得を支援する育成支援業務となっております。  最後に(3)商品販売数と状況、経済効果についてお答えします。  

沖縄市議会 2013-12-13 第367回 沖縄市議会定例会-12月13日−06号

だからこそ沖縄県にジャスラックのようなものをつくって、知的財産を登録しましょうという動きも県でやっているのです、提案をしているのです。だからキジムナーフェスタも、この中にありますね。3年間は県からも国からも予算がいろいろと支援ができる、もらえるからいいけれども、将来は不安だと。そういうものが書かれています。

名護市議会 2012-12-17 平成24年第169回名護市定例会-12月17日−07号

FTAはその名の示すとおり、関税を引下げて自由貿易を促進しようという協定であり、EPAは関税引下げや知的財産、それに労働移動などの項目が加わります。GATTやWTOと1980年後半に出てきたFTAやEPAとの大きな違いの1つが、加盟国の数であります。前者は加盟国は150カ国と世界規模であり、なかなか多国間での利害調整は困難で、自由貿易という本来の目的を達成することは困難になってまいりました。

那覇市議会 2010-02-26 平成 22年(2010年) 2月定例会-02月26日-06号

それでは、最後に私の知的財産の中での著作権問題関しまして、私の経験を述べさせていただきます。  昔、演奏活動していますと、必ず日本音楽著作権協会沖縄支部から通知が来ます。正直、この封書を見ただけで嫌なものがきたものだと思っておりました。返事を出さないと、今度は電話がかかってきます。

  • 1