114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮古島市議会 2020-09-10 09月10日-02号

総務部長宮国高宣君)   議案第86号、令和年度宮古島一般会計補正予算(第5号)の23ページ、まず徳彦議員がおっしゃいました1節の報酬、それと3節の職員手当等、それと4節の共済費社会保険料ですね、その部分が雇用対策となっております。  それと、これについては現在は作業員が7名、一般事務職が11名、合計現在18名が雇用されております。

宮古島市議会 2020-06-25 06月25日-06号

次、港湾行政についてですけど、係船料ということで徳彦議員も聞いていましたけど、ほかの地区に比べて非常に高くなっているとの指摘がありますが、当局の見解を伺いたいというのは、料金幾らになっていて、これ分かっているんですけど、聞いていますから。14円ということを聞いています。その料金設定の根拠を説明してください。料金幾らになっているというのはいいです。

宮古島市議会 2020-06-22 06月22日-05号

徳彦議員がおっしゃるように、この給付金申請方法オンライン申請のみと限定していることから、市内小規模事業インターネット環境がそろっていない事業者が多くあり、申請手続が困難な事業者が多いとのことで、宮古島市独自の事業として宮古島商工会議所市内事業者を支援するため、5月20日から7月31日までサポートセンターを設置して対応しているところでございます。  

宮古島市議会 2020-03-19 03月19日-09号

徳彦議員指摘のとおり、現段階ではPCRの検査につきましては沖縄本島沖縄衛生環境研究所のほうに送りまして、そこで検査をするということで、島内での検査はできないという形になっております。感染症予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律によりますと、指定感染症に関する取組としましては、都道府県が県の計画に基づきましてそれぞれ予防計画を定めるということになっております。

宮古島市議会 2020-02-28 02月28日-02号

総務部長宮国高宣君)   見解でございますので、お答えしますけど、確かに徳彦議員おっしゃるとおり、今年度当初予算から約40億円余りですね、伸びていると。最終的にですね。今回の補正で。そうしますと、令和年度の当初予算で見ますと、そういう形で40億円余りのプラスが出るから500億円近くなるかというお話だと思っております。

宮古島市議会 2019-12-17 12月17日-07号

企画政策部長友利克君)   徳彦議員から産業構造、この間発表されました市町村民所得からのご質問たくさんいただきました。順次お答えしていきたいと思います。よろしくお願いします。  まず、建設業伸び要因についてでございます。建設業は42.2%の大幅な伸び要因と、それに伴う市民生活への影響についてであります。

宮古島市議会 2019-09-24 09月24日-07号

このことは、先日徳彦議員も話していたとおりでございます。  次に、議場などでの発言に関して、刑事裁判民事裁判を踏まえて考えてみます。まず、今回の訴え提起関連として、刑事裁判はご存じのとおり、公文書改ざんで昨年担当職員の有罪が確定し、社会的制裁を受け責任をとっていることはご承知かと思います。この件に関しては市長からも謝罪がありましたから、考察はいたしません。

宮古島市議会 2019-09-20 09月20日-06号

まず、徳彦議員がお話しになったとおりですね、沖縄学力向上の取り組みについては大変すばらしい成果を上げているところでございます。とりわけ我々が所管するところの宮古島においてもその流れは極めて顕著にあらわれているという自負を持っているところでございます。

宮古島市議会 2019-09-18 09月18日-04号

市長下地敏彦君)   徳彦議員もおっしゃっているとおりですね、市に対して裁判を通していろいろと意見をいただきました。それはそれで結構なんです。さっきから言っているように。終わった後の処理についておかしいと言っているだけなんです。

宮古島市議会 2019-06-24 06月24日-05号

徳彦議員指摘の国道390号線の植栽ます、とみや商会前の植栽ますでございますが、実はこのとみや商会前の植栽ますを含む5カ所の植栽ますにつきましては、徳彦議員からもご指摘のありましたとおり、平成21年度から宮古島市のごみ袋の収益を充てまして、管理宮古島市の当時の環境保全課のほうで行うということで管理をしてまいりました。

宮古島市議会 2019-06-13 06月13日-01号

(「そんなことない」の声あり) ◆仲里タカ子君   また、徳彦議員は議長の采配を非難しますが、彼は宮古島市議会会議規則第152条にのっとり議会の品格を著しく損ねた責任があると考えます。ちなみに、市長上里樹議員答弁を書面で準備しており、翌日は何事もなく議会を再開しています。徳彦議員はこのことを非難して議場を出ました。

宮古島市議会 2018-12-17 12月17日-06号

平良敏夫君   徳彦議員から先ほど話ありましたけど、マクラム通り、本当に全く進捗していないように思えるし、今言っていた西仲団地の前もですね、見る限りほとんど工事している様子はないということでありますので、そういう中で宮古島市での県の工事が停滞しているように見えますが、建設部長はどう考えますか。

宮古島市議会 2018-09-20 09月20日-07号

一般会計実質収支については、歳入において市税収入額徳彦議員からも説明ございましたけど、収入額が約54億1,200万円と前年度を約4億2,100万円上回っております。地方交付税では前年度と比較して約4億4,900万円下回ったものの、普通交付税合併算定がえによる加算額が約17億円となっており、地方交付税で約134億800万円と歳入決算総額に大きく影響をしております。