12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

北谷町議会 2020-03-03 03月03日-01号

現在、9行政区にて自主防災組織が結成されておりますが、残りの2行政区におきましても、設置防災アドバイザーにより継続して自主防災組織育成支援に取り組んでまいります。 また、平時からの地震津波対策として、西海岸地域における地震津波避難訓練を引き続き実施するとともに、緊急一時避難施設拡充を図り、町民防災意識高揚に努めてまいります。 

北谷町議会 2019-09-27 09月27日-07号

町内には県設置局設置局が5局あるが、環境基準値を超えたのは砂辺局のみとなっている。平成29年度と平成30年度は全ての局で騒音エルデン値は低下しているとの答弁。 2款1項12目基地対策費航空機騒音測定事業備品購入費質疑に、固定型測定器設置場所以外にも持ち運んで測定できる携帯用騒音測定器を購入したとの答弁。 

北谷町議会 2019-03-04 03月04日-01号

現在、6行政区において自主防災組織が結成されておりますが、残りの5行政区におきましても、設置防災アドバイザーにより継続して自主防災組織育成支援に取り組んでまいります。 また、平時からの地震津波対策として、西海岸地域における地震津波避難訓練を引き続き実施するとともに、緊急一時避難施設拡充を図り、町民防災意識高揚に努めてまいります。 

北谷町議会 2018-03-05 03月05日-02号

今回の9機関については、調査をした結果、附属機関の役割を果たしているという判断がありましたので、北谷設置条例で制定をしてあります。 要綱で策定されている委員会が全ての機関かということについて、一部は任意的に集めた機関もあります。以上です。 ○田場健儀議長  6番 渡久地政志議員。 ◆6番(渡久地政志議員)  今後、ほかの要綱がまだ規則に上がらないところが予定として検討されている部分があるのか。

北谷町議会 2018-03-02 03月02日-01号

災害に強いまちづくりにつきましては、「自助」・「共助」・「公助」の考え方に基づき、地域防災対応能力向上が重要となっているため、設置防災アドバイザーにより、継続して自主防災組織育成支援に取り組んでまいります。 また、平時からの地震津波対策として、西海岸地域における地震津波避難訓練を引き続き実施し、町民防災意識高揚に努めてまいります。 

北谷町議会 2017-03-17 03月17日-04号

本町の航空機騒音測定局については、騒音被害の実情を把握する目的で、県設置上勢局宮城局2か所に加え、設置砂辺局桑江局及び北玉局の計5か所において年間24時間体制で測定しております。 測定結果につきましては年間平均Ldenエルデン)では、平成26年度から平成27年度にかけて5か所の測定局すべてにおいて、同値または増加を記録しております。 

うるま市議会 2012-12-03 12月03日-01号

提案理由 うるま市商工業研修等施設(みどり設置を廃止することに伴い、当該条例改正する必要があり提案をする。ご審議のほどよろしくお願いします。 ○議長西野一男) 建設部長。 ◎建設部長久田友三) 議案第85号についてご説明いたします。 △議案第85号 うるま市特別会計設置条例の一部を改正する条例。 うるま市特別会計設置条例の一部を次のように改正する。 

西原町議会 2010-12-10 12月10日-01号

防犯灯設置について、設置道路照明等が500基、防犯灯で152基、自治会単独で441基、おおよそとおっしゃっていまして、やはり設置基準電気料維持管理自治会で負担する条件でという御答弁でしたけれども、私たち幸地自治会では単独で50基近くを設置しているんですけど、それでもまだまだ足りない部分、夜暗いところがございまして、なかなか財政、予算も伴うことで厳しいところもあるんですが、例えば池田池田

南城市議会 2006-03-07 03月07日-01号

提案理由といたしまして、島尻消防清掃組合を構成する町村の合併による南城市及び八重瀬設置によりまして、組合規約経費支弁方法を変更する必要があるためであります。新旧対照表ですけれども、改正後と現行があります。改正後は15条の第5項ですけれども、2項、3項及び4項に規定する経費の他、現行では4項が抜けているため、今回4項を入れるために一部改正をやっております。以上が議案第3号であります。 

  • 1