28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

与那原町議会 2020-03-09 03月09日-01号

4.社会教育文化スポーツについて 老若男女を問わず全ての町民が学び続ける「生涯学習」を支援し、学ぶことの楽しさをとおした生き甲斐づくり推進してまいります。また、生涯スポーツ推進を図るため、町内体育施設等を積極的に開放し、各団体との連携支援指導者育成にも取り組んでまいります。 文化財保護事業は、平成28~30年度に実施した発掘調査報告書にまとめ、随時発刊を行っています。

那覇市議会 2019-06-17 令和 01年(2019年) 6月定例会-06月17日-04号

やはり自分が行きたい場所だったり思い入れがある場所が残っていることが生き甲斐づくりにもつながるかと思います。お出かけしたい場所がありますかと言われて、なかなかないとお出かけしようという意欲そのものが減退していきますので、行きたい場所がある、そして会いたい人がいるというところで、マチグヮーが果たしている役割はとても大きいのではないかなと思います。福祉的な施設がたくさんある。

与那原町議会 2019-03-04 03月04日-01号

4.社会教育文化スポーツについて 町コミュニティーセンター拠点に、全ての町民が学び続ける「生涯学習」を支援し、学ぶことの喜び生き甲斐づくり推進してまいります。また、生涯スポーツ推進を図るため、町内体育施設等を積極的に開放し、各団体との連携支援指導者育成にも取り組んでまいります。 文化財保護事業は、昨年度に国道バイパス事業に伴う運玉森等文化財調査発掘を終えました。

南城市議会 2009-03-03 03月03日-01号

南城シルバー人材センターは、高齢者生き甲斐づくり地域活性化目的平成20年4月1日からミニシルバーとして活動を始め、会員地域住民に喜ばれております。会員も順調に増え、今年4月1日からは社団法人として新たにスタートすることになっており、市としても活動充実強化に向け支援してまいりたいと存じます。

那覇市議会 2009-02-17 平成 21年(2009年) 2月定例会-02月17日-01号

市民健康づくり高齢者生き甲斐づくり  国が示す「平成24年度における国保被保険者の特定健診目標受診率65%達成」を目指し、受診率の向上と保健指導強化を図っていきます。  市民の主体的な健康づくり推進するため、「健康なは21」の普及啓発を行うとともに、設定した目標値達成状況を確認し、中間見直しを実施します。  

南城市議会 2008-03-06 03月06日-01号

高齢者の豊富な経験と知識を活かし、生き甲斐づくり地域活性化に寄与するものと期待されており、市といたしましては、南城シルバー人材センターと密接に連携してまいります。 2.心豊かな人材を育む教育文化まちづくり まず、「学校教育」につきましては、「確かな学力の定着」、「豊かな人間性育成」、「健康・体力の育成」や「基本的な生活習慣の形成」のための取り組み充実を図ってまいります。 

那覇市議会 2007-09-18 平成 19年(2007年) 9月定例会-09月18日-06号

(1)高齢者生き甲斐づくりと、健康の保持の観点から那覇市長寿学校設置を検討することが必要だと考えますが、当局の見解を求めます。  (2)新庁舎整備後の銘苅庁舎利用状況長寿学校としての活用の可能性について当局の所見を求めます。  2点目、妊婦にかかる救急体制についてであります。  

那覇市議会 2007-09-13 平成 19年(2007年) 9月定例会−09月13日-04号

また、高齢者就業率が高く、平成17年度は29.9%で昭和60年以降、全国一高く、多くの高齢者が職を持つことで生き甲斐づくり健康づくりにつながっており、老人受診率が低くなっていること。  医療体制としてかかりつけ医機能が各地域に古くから伝統として受け継がれていることや、医療機関が患者の要求に応じて在宅ケア医療として取り組んでいること。

嘉手納町議会 2007-03-06 03月06日-01号

生涯学習は、町民の生涯にわたる学習活動推進するため、社会教育家庭教育学校教育のそれぞれの機能強化するとともに、相互連携を図りながら学習機会の場の提供とその拡充を図り、町民生き甲斐づくり支援してまいります。また、地域子どもを育てる環境を整備し、様々な活動支援するため、子ども情報誌発行学校開放事業推進を図り、地域人材を活用した諸事業を進めます。 

嘉手納町議会 2006-03-09 03月09日-01号

生涯学習は、町民の生涯にわたる学習活動推進するため、学習機会の場の提供とその拡充を図り、町民生き甲斐づくり支援します。 学校週5日制に伴い、地域子どもを育てる環境を整備し、様々な活動支援するため、子ども情報誌発行子ども居場所づくり推進を図り、地域人材を活用した諸事業を進めます。 文化振興は、町文化協会中心に今日まで町民文化創造発表の場が創出されてきました。

嘉手納町議会 2005-03-10 03月10日-02号

生涯学習は、町民の生涯にわたる学習活動推進するため、学べる学習機会の場の提供とその拡充を図り、町民生き甲斐づくり支援します。 完全学校週5日制に伴い、地域子どもを育てる環境を整備し、様々な活動支援するため、子ども情報誌発行子ども居場所づくり推進を図り、地域人材を活用した諸事業を進めて参ります。 文化振興は、今日まで町文化協会中心町民文化創造発表の場が創出されてきました。

沖縄市議会 2004-09-27 09月27日-06号

①本市独自の就業支援についてですが、高齢者と言いますと、要介護高齢者などに話が行きますが、高齢者が元気で働くということは、地域社会の発展と高齢者自らの生き甲斐づくりにも役立っているという視点で質問をいたします。本市独自の高齢者就業支援については、これまでにいろいろな取り組みをされてきたと思いますが、現状について、ご説明をお願いをいたします。 ②緊急雇用特別対策事業の期限切れ後の対応について。

恩納村議会 2004-05-01 09月15日-03号

また、生き甲斐をどうつくり上げていくかということも行政として重要な課題だと思いますが、当局としてはそのような面から考えましてもこのシルバー人材センターに関して老人会、各団体から要望があれば将来的に検討するのではなく、当局として高齢者生き甲斐づくりのためにもこのシルバー人材センター設置を前向きに考えていく考えを持っているのかどうか、お聞きしたいと思います。 

那覇市議会 2003-03-04 平成 15年(2003年) 2月定例会-03月04日-05号

地域ふれあいデイサービスについては、お年寄りの健康づくり生き甲斐づくりのために、市として効果をあげている事業として、これまでも市内、本当に数多く開所してほしい、そのためにもスタッフの増員が必要との質問をしてきましたが、改めて次のことをお聞きいたします。  1点目、実施初年度開所数スタッフの人数。  2点目、平成14年度の開所数スタッフ状況。  

嘉手納町議会 2000-03-08 03月08日-01号

生涯学習は、町民が生涯にわたり、各自の自発的意思により自分が適した手段、方法を選択して必要とする分野の学習ができるよう「いつでも、どこでも、だれでも」学べる学習機会充実を図るとともに、国、県、大学等関係機関とも連携しながら、町民生活行動広域化多様化に対応できるより良い生涯学習情報提供に努め、町民生き甲斐づくり支援してまいります。 

  • 1
  • 2