84件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

糸満市議会 2021-06-17 06月17日-03号

小項目1、ア、環境影響評価については、沖縄環境影響評価条例に基づき令和元年9月に環境影響評価配慮書令和2年9月に環境影響評価方法策定を行いました。現在、環境影響評価方法に対する県知事意見を反映し、環境影響評価準備書作成を行っております。 次にイ、今後の計画については、現在行っている調査を基に今年度は環境影響評価準備書策定を行い、環境アセスメント法手続を進めてまいります。

糸満市議会 2020-12-18 12月18日-05号

令和2年10月7日及び11日に環境影響評価方法に関する説明会を行いました。現在、真栄里地区土地区画整理事業基本設計を行っており、今後、基本設計が完了次第、事業説明会を行います。 その他の御質問につきましては、教育長及び関係部長より御答弁させていただきます。 ◎教育長幸地政行君) 議員質問、件名5、教育行政について。

糸満市議会 2020-12-17 12月17日-04号

真栄里地区物流団地等造成事業については、沖縄環境影響評価条例に基づく環境影響評価方法知事意見書聴取を行っている段階です。今後、知事意見を反映し、環境影響評価準備書策定と同時に都市計画案手続を行い、同事業法手続を進めてまいります。 イ、工業ゾーンターミナルゾーン内容について。工業ゾーン本市の新たな工業系流通業務系土地利用を想定しています。

石垣市議会 2019-12-16 12月16日-07号

それを受けて、次の段階であります環境影響評価方法作成に当たり、民間企業もそれらの課題にしっかりと対応してきているとの認識です。 今後、今、アセスは実施され、来年の5、6月にはアセス自体が完了する。その後もまた説明会等はあります。まだまだ市民の皆様の意見民間企業が頂戴する機会もありますので、その中で市民のコンセンサスも得られていくものだと思っております。 

石垣市議会 2019-12-12 12月12日-05号

そして、それに向けて、その意見にしっかりと対応しているものだと思いますが、そこで環境課にお聞きしたいんですけども、現在ユニマット社計画段階環境配慮書において、市、また市民から受けた意見を、この次の段階であります環境影響評価方法でどのように対応しているのかについて答弁願います。 ○議長平良秀之君) 市民保健部長野底由紀子さん。

うるま市議会 2019-09-27 09月27日-06号

また、ことしの7月には次の段階である環境影響評価方法作成され、公告縦覧及び住民説明会が開催されております。 ○議長幸地政和) 大城 直議員。 ◆24番(大城直議員) 着々と進んでいるようでありますが、今まで住民説明会が何度か開催されておりますが、その回数と参加人数、それと次回また何度開催予定があるのか教えてください。 ○議長幸地政和) 都市建設部参事

名護市議会 2019-09-05 09月19日-09号

要旨(3)沖縄防衛局が示した環境影響評価方法に示された航空機騒音米軍大型ヘリMV-22オスプレイの最大値と名護市が行った航空機騒音測定結果の最大値と、この一年沖縄防衛局が行った騒音測定結果の最大値の比較結果について、議会に提出してください。環境影響評価に示された航空機騒音最大値の比較した結果について、市長の見解を伺います。

宮古島市議会 2017-06-19 06月19日-05号

そして、沖縄県のホームページで公表しており、現在は基本設計業務及び環境影響評価方法作成を行っているということでございます。  同じく今後のスケジュールについて。今後のスケジュールといたしましては、目標とする平成31年度中の事業化に向けて、平成29年度から平成31年度に基本設計環境影響評価方法、加えて準備書、それから評価書作成を行い、都市計画決定を目指す予定となっております。  

那覇市議会 2016-02-18 平成 28年(2016年) 2月定例会-02月18日-02号

知念博 議員   今経済損失が示されたけれども、それが一応満杯という状況で計算していただきましたが、3年間で17年まで含めると約89億円の経済損失が出てくる可能性があるということでございますので、那覇浦添ふ頭地区計画においては、沖縄21世紀ビジョン基本計画、また沖縄県のアジア経済戦略構想及び那覇長期構想検討委員会での検討内容を踏まえて、また環境影響評価方法に対する知事意見への対応等浦添市の

那覇市議会 2015-02-24 平成 27年(2015年) 2月定例会-02月24日-04号

そこで、環境影響評価方法及び準備書に対する市長意見で再検討を申し述べております。それを受けて、事業者が再度シミュレーションを行った結果、通水路の幅に比例して海水の流量が効果的に大きくなることはなく、10mの幅でも10日後にはほぼ全体の海水が入れ替わり、十分な効果が期待できると評価されておりました。以上でございます。 ○金城徹 議長   上原快佐議員

那覇市議会 2013-12-09 平成 25年(2013年)12月定例会-12月09日-03号

本市では、那覇空港滑走路増設事業に伴う航空機騒音に関し、環境影響評価方法及び同準備書に対する市長意見として、新たな騒音評価の指標であるLden(エルデン)による予測評価測定箇所の追加、増設滑走路を主として運用するケースの予測評価の実施などを申し述べてまいりました。当該意見環境影響評価書に反映されております。  

名護市議会 2013-09-05 09月12日-05号

わんさか大浦パーク前の作業ヤードにつきましては、平成19年8月の環境影響評価方法段階では計画されていましたが、平成21年4月の準備書段階では、環境調査の結果、トカゲハゼ、クビレミドロ、ユビエダハマサンゴなどの貴重な動植物の生息が確認されており、当該動植物に対する影響の低減や保全対策を講じることが困難なことから、計画を取りやめております。

那覇市議会 2010-12-07 平成 22年(2010年)12月定例会−12月07日-02号

最初に、環境アセスメント進捗状況でございますが、現在、事業者である内閣沖縄総合事務局長及び国土交通省大阪航空局長が、環境影響評価法に基づき、沖縄県知事に対して環境影響評価方法に関する意見を求めているところでございます。  県知事は、意見提出にあたって市町村長意見を聞くことになっており、本市環境保全の見地から、評価方法に関する意見を求めております。  

那覇市議会 2010-09-30 平成 22年(2010年) 9月定例会−09月30日-付録

       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │8│平 良 識 子 │1 那覇空港滑│(1) 内閣沖縄総合事務局は、「那覇空港滑走│ │ │(社社連合)  │ 走路増設計画│  路増設事業に係る環境影響評価方法

那覇市議会 2010-09-17 平成 22年(2010年) 9月定例会-09月17日-05号

これは、内閣府の沖縄総合事務局国土交通省大阪航空局が先月の8月2日から9月1日までの間に、那覇空港滑走路増設事業に係る環境影響評価方法公告縦覧をしました。  ご承知のとおり、この那覇空港滑走路増設計画は、2030年の夏場等のピーク時に予約が取りにくくなる、将来需要に対応できなくなるというのが理由でございます。