34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

平和行政に│(1) 辺野古新基地建設の強行について    │ │ │( ニ ラ イ )│ ついて   │   辺野古の新基地建設を巡り、県の埋め立て│ │ │       │       │  承認撤回を取り消した国土交通省裁決は違│ │ │       │       │  法として、県が国を訴えた「抗告訴訟」の口│ │ │       │       │  頭弁論が11月26日那覇地裁であり玉城

那覇市議会 2019-12-11 令和 01年(2019年)11月定例会−12月11日-07号

現在、玉城デニー県政は、誰一人取り残さない沖縄らしいやさしい社会づくりを掲げています。  那覇市においても、県と連携をし、子どもの貧困をなくすための対策が進められています。  そこで、就学援助制度の充実について質問をいたします。  日本共産党那覇市議団は、これまでにも子育て世帯教育費の負担軽減を図り、就学援助の拡充を求めてまいりました。

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

(4)新基地建設ノー、誰一人取り残さない沖縄らしい優しい社会づくりを掲げたオール沖縄玉城デニー県政が発足1年を経過しました。玉城デニー県政への評価と見解を伺います。  (5)2015年9月の国連サミットで採択された持続可能な開発のための2030アジェンダにて記載された2016年から2030年間での国際目標であるSDGs(持続可能な開発目標)に対する本市の取り組みを伺います。  

那覇市議会 2019-10-04 令和 01年(2019年) 9月定例会−10月04日-付録

玉城デニー知│ │ │       │       │  事は、8月31日に、公有水面埋立承認取り消│ │ │       │       │  しから1年を迎えてのコメントを発表し、 │ │ │       │       │  「多くの県民の負託を受けた知事として、ぶ│ │ │       │       │  れることなく、辺野古新基地建設に反対する│ │ │       │       │  

那覇市議会 2019-09-13 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月13日-07号

6月の県議会で我が党の玉城武光県議の質問に答えて、玉城デニー知事が明らかにしておりますが、沖縄県漁業算出額は7年連続で増加し、11年ぶりに200億円を超える実績となっていること。マグロ類の算出額は77億円であります。7年間の伸びは53.3%と、全国平均の1.9%を大きく上回っています。  

那覇市議会 2019-09-12 令和 01年(2019年) 9月定例会-09月12日-06号

玉城デニー県知事も比嘉瑞己県議の質問に対し、現代においては、いわゆる戦後十分な教育が受けられなかった方以外にも、やはり、人生の途中で一時期学校に行かなかった方、しかし、もう一度学び直したい方々が社会にはたくさんいらっしゃると思います。そういう方々のための夜間中学の設置は、これは議員のおっしゃるとおり、私も非常に共感を持っているところでありますと前向きな答弁をしています。

那覇市議会 2019-09-06 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月06日-02号

玉城デニー知事は、8月31日に、公有水面埋立承認取り消しから1年を迎えてのコメントを発表し、「多くの県民の負託を受けた知事として、ぶれることなく、辺野古新基地建設に反対するという県民の強い民意に沿い、全身全霊で応えてまいります」と新基地建設を許さない断固たる決意を表明しています。見解を伺います。  3.核兵器廃絶、核兵器禁止条約について質問いたします。  

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会−07月01日-付録

  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │2│湧 川 朝 渉 │1 モノレール│ 4月25日、玉城

那覇市議会 2019-07-01 令和 01年(2019年) 6月定例会-07月01日-09号

玉城デニー知事におかれては、6月5日に訪露するなどロシアとの関係強化に努められた。  しかし、本事案で知事の訪露の成果を損なうことにつながるのは間違いないところだ。  以上に鑑みて本市議会は、ロシア軍のTU-95(ツポレフ95)爆撃機が沖縄県南大東島周辺領空侵犯したことに対し強く抗議の意を表する。  あわせて那覇市民と沖縄県民の生命財産及び環境を守る立場から、下記事項を強く要望する。

那覇市議会 2019-06-14 令和 01年(2019年) 6月定例会-06月14日-03号

護岸での海上搬入は当初の計画になく、玉城デニー県知事は、工事中止を求めるなどの行政指導文書3件を防衛局に出しております。この玉城知事に対して岩屋防衛大臣は、「県の立場と国の立場がある。国の立場を理解してほしい」と話し、法に基づく県の承認も必要ないと開き直っています。  沖縄の民意と民主主義沖縄県と県民を愚弄する岩屋防衛大臣政府防衛省の許しがたい姿勢に対して、見解を伺います。

那覇市議会 2019-03-15 平成 31年(2019年) 2月定例会-03月15日-付録

直接民主 │ │ │       │       │  主義・県民投票の意義と本市での投票を高 │ │ │       │       │  める取り組みについて問う        │ │ │       │       │(2) 昨年9月30日の知事選挙では、8万票の大│ │ │       │       │  差で玉城デニー知事が誕生し、辺野古新 基│ │ │       │       │  

那覇市議会 2019-03-07 平成 31年(2019年) 3月 7日総務常任委員会(総務分科会)−03月07日-01号

◆委員(清水磨男)  一応、調べてきてはいるけれども、確認で那覇市からということで確認したかったので聞いているのですが、一つ、今知事になった玉城デニーさんに関しては、施政方針も含めて日米地位協定の抜本的な見直しに全力で取り組んでいくと語られていて、それと同じぐらい票を取られた佐喜眞候補に関しては、政府と対等な交渉により日米地位協定の改定を具体的に提言と、日米地位協定の見直しを強力に求めますということを

那覇市議会 2019-02-25 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月25日-07号

そういったような不思議な民意があるわけなんですが、そういうことであれば、じゃ県知事選挙玉城デニーさん39万票ぐらい、佐喜眞候補が31万票ぐらいでしょうか。じゃ投票しなかった40万票が勝って、今知事は不在なのかなと、そんな不思議なことを県民投票に関してはおっしゃられる方がいるというのは、まこと不思議なことかと思っております。  

那覇市議会 2019-02-22 平成 31年(2019年) 2月定例会-02月22日-06号

翁長雄志前知事と同様に、玉城デニー知事が圧倒的に勝利いたしましたが、それでも安倍自公政権は新基地建設を強行しております。反対の民意を踏みにじって、新基地建設を強行する正当性はどこにもありません。  土地を奪ってつくった基地が、古くなって危険になったから新しい基地をつくって提供しろというのはあまりにも理不尽であります。普天間基地の閉鎖撤去は、県民投票で問うまでもなく、私たち県民の総意です。

那覇市議会 2019-02-21 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月21日-05号

それと、沖縄県のほうで今回の玉城デニー知事の所信表明の中で、新聞にも大きく取り上げられていましたけれども、歯科口腔条例、今定例会に提案される予定であります。  私が注目したいのは、このフッ化物洗口、この条例、私の手元にありますけれども、この条例の中に「フッ化物洗口」という言葉が入ってないんですね。これは文教厚生委員会の中で、文教厚生委員長は県議狩俣信子さんです。

那覇市議会 2019-02-18 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月18日-02号

(2)昨年9月30日の知事選挙では、8万票の大差をつけ玉城デニー知事が誕生し、新基地建設反対の圧倒的な民意が示されました。  しかし、安倍自公政権は、昨年12月14日、辺野古の海を埋め立てる土砂投入を不法・違法を重ね強行しました。  沖縄の民意、法治主義民主主義地方自治を踏みつける無法な暴挙に、県民の怒りが広がっています。  

那覇市議会 2019-01-17 平成 31年(2019年) 1月臨時会−01月17日-01号

ただいま現状は、玉城デニー知事が撤回という法的な手続をとっているにもかかわらず、安倍政権は問答無用で土砂投入を強行しているわけですよ。  そういう中にあって、話し合って協力をしてくださいと。個々の議員さんが考えてくださいと言われたらどうでしょうか。相手は一方的に玉城デニー知事の権限を踏みつけているわけですよ。

  • 1
  • 2