71件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

嘉手納町議会 2020-12-10 12月10日-01号

令和元年11月7日に外務省沖縄事務所及び米国総領事に、また令和元年11月12日に沖縄防衛局に対し、嘉手納飛行場におけるパラシュート降下訓練及び第353特殊作戦群所属MC130Jの部品落下について、抗議要請を行いました。 比謝川行政事務組合議会関係について申し上げます。令和元年10月23日に定例会が開催され、平成30年度、比謝川行政事務所一般会計歳入歳出決算補正予算等の議案が可決されています。 

嘉手納町議会 2020-09-06 09月06日-03号

米軍横田基地配備特殊作戦機CV22オスプレイ3機が7月22日の飛来から1カ月もたたず8月17日に嘉手納基地飛来訓練している。CV22オスプレイは初飛来から5回目を数え、常態化の様相を帯び配備を狙っております。本町議会周辺自治体、三連協の飛来中止配備反対の声を無視した米軍日米政府の対応に厳しく抗議します。CV22は米軍機の中でも事故率が極めて高く、事故多発爆音激増欠陥機であります。

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

見解を伺う            │ │ │       │       │(2) 10月18日午前、米軍嘉手納基地拠点とす│ │ │       │       │  米軍第353特殊作戦群の所属機MC130J特│ │ │       │       │  殊作戦機から部品が落下する深刻な事故がま│ │ │       │       │  たもや発生した。

北谷町議会 2019-12-10 12月10日-01号

また同日、嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)では、「嘉手納飛行場におけるパラシュート降下訓練」及び「第353特殊作戦群所属MC-130Jによる部品落下」について、沖縄防衛局に対し抗議要請を行いました。 11月14日から15日まで東京都へ出張し、外務省及び防衛省を訪問して、駐留軍用地跡地利用推進に係る進捗説明状況確認を行いました。 

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

(2)10月18日午前、米軍嘉手納基地拠点とする米軍第353特殊作戦群の所属機MC130J特殊作戦機から部品が落下する深刻な事故がまたもや発生しました。  本市議会は、今議会開会日冒頭に、米軍の相次ぐ事故事件事故事実の非公表、規律違反安全軽視の横行に厳重に抗議する意見書決議全会一致で採択しました。  市民・県民の生命と財産を脅かす米軍の相次ぐ事故事件などに対する見解を伺います。  

与那原町議会 2019-03-25 03月25日-03号

米軍嘉手納基地MC130特殊作戦軍増設嘉手納駐機場拡張工着工ということでありまして、これは住民地から60メートルしか離れていないそうです。騒音悪臭住民の生活に入り込み、非常に危険だと言われています。嘉手納町の基地健康被害調査では、騒音での心疾患推計51人、嘉手納悪臭強烈、また騒音被害で年間10人の死亡が推定されたということであります。

嘉手納町議会 2019-03-22 03月22日-07号

④基地機能強化に繋がる第353特殊作戦群駐機場等拡張整備工事を中止すること。また、MC-130特殊作戦機のパパループ地区への一時駐機を早急に中止し、住民居住地から距離を置く場所早期移転を図ること。⑤CV-22オスプレイ嘉手納基地拠点化を危惧している。同基地での運用を一切行わないこと。⑥嘉手納基地でのパラシュート降下訓練を実施しないこと。日米合同委員会で確認された「例外的措置」を撤廃すること。

嘉手納町議会 2019-03-20 03月20日-06号

現在、嘉手納基地においては第353特殊作戦群のMC130特殊作戦機が、一時的ではあるが屋良の民間地域に近いパパループに移駐し、昼夜を問わず騒音排気ガス悪臭を出しております。2月末に、議長と基地対策特別委員会が国や政党、県選出国会議員全員と面談を行い、嘉手納基地から発生する騒音悪臭被害駐機場の移設などの問題解決に向けた対策を取るよう強く要請をしております。

嘉手納町議会 2019-03-06 03月06日-03号

昨日の参議院予算委員会において、儀間光男参議院議員が、私ども議会が先日要請した嘉手納基地負担軽減についてを取り上げていただき、特に第353特殊作戦群駐機場等拡張整備計画に伴い、現在MC130特殊作戦機が住宅地側への駐機している実態を住宅地から離れた場所に移動するよう政府に求めておりました。政府見解は、負担軽減に向け米軍と協議するとのことでありました。 以上、御報告でございます。 

那覇市議会 2019-02-18 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月18日-02号

(6)昨年10月に米軍横田基地に正式配備された米空軍特殊作戦軍が運用する特殊作戦機CV22オスプレイ4機が4日、米軍嘉手納基地飛来。  米第18航空団は、定期的な現地訓練の実施を目的とし横田基地への配備後初めて嘉手納基地へ暫定配備されると発表しています。嘉手納町議会抗議決議全会一致で採択し、訓練国外移転を求めています。  

那覇市議会 2018-10-04 平成 30年(2018年) 9月定例会-10月04日-付録

防衛省は8月22日│ │ │       │       │  、米空軍特殊作戦機CV22オスプレイ5機│ │ │       │       │  が10月1日、米空軍横田基地に正式配備され│ │ │       │       │  ると発表した。本土でのオスプレイ配備は初│ │ │       │       │  めて。

嘉手納町議会 2018-06-14 06月14日-03号

まず第353特殊作戦群区域での埋蔵文化財調査について、米軍によりますと平成29年6月ごろより発掘調査が開始されており、継続して調査が実施されていると聞いております。現在に至るまで、事業計画変更が必要な遺物等は発見されておらず、発掘調査が完了した後、記録保存をすることとなっております。また発掘調査終了後の開発工事の開始時期については、文化財係では掌握しておりません。

嘉手納町議会 2018-06-12 06月12日-01号

◆12番(當山均議員)  今回、飛来してきた空軍CV22オスプレイは、特殊作戦群に配備されている機体であると認識をしております。沖縄には嘉手納基地に353特殊作戦群、そしてトリイにも特殊作戦部隊がいることから、その特殊作戦の中で連携をして、訓練をしていく。そのためにやはり弾薬も詰める、この嘉手納基地訓練拠点化になるのではないかと。そのような懸念を我々は認識として持っております。