115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-20 令和 01年(2019年)11月定例会-12月20日-付録

沖縄│ │ │       │       │  県が欧州を調査し、米軍に国内法が適用され│ │ │       │       │  ない、米軍基地への立ち入り権がない、訓練│ │ │       │       │  ・演習の規制ができない、航空機事故の際の│ │ │       │       │  捜索権を行使しないなどの日本の実態は、欧│ │ │       │       │  州諸国にはないことが

那覇市議会 2019-12-05 令和 01年(2019年)11月定例会-12月05日-03号

沖縄県ヨーロッパを調査し、米軍に国内法が適用されない、米軍基地への立ち入り権がない、訓練・演習の規制ができない、航空機事故の際の捜索権を行使しないなどの日本の実態は、ヨーロッパ諸国にはないことが明らかになっています。  米軍に特権を与えている不平等日米地位協定が1960年の締結以来、一度も改正されていないのは、主権国家とは到底いえない異常なことではないでしょうか。  

那覇市議会 2019-02-25 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月25日-07号

具体的には、食品等事業所に対し負担のない実務演習を伴ったワークショップ形式による講習会を年間を通じて開催し、食品営業施設のHACCP普及状況の調査を実施することとしております。  また、食品衛生監視員による実地指導を行うとともに、沖縄県食品衛生協会と連携し、市内事業者の育成支援を行ってまいります。  以上でございます。 ○翁長俊英 議長   奥間綾乃議員

那覇市議会 2019-02-18 平成 31年(2019年) 2月定例会−02月18日-02号

主な内容としましては、米軍施設内で事故が発生した際に地元自治体の速やかな立ち入りが実現していないこと、米軍の訓練・演習に関する情報がない中、住民が不安を抱えていること、刑事裁判権に関する部分など、米軍側に裁量が委ねられている点について、地元の意見や考えを尊重していただけるよう明記するなど、抜本的な改定を求めているところです。  

名護市議会 2018-09-28 10月19日-10号

それから演習のあるときは立ち入り禁止ということで、長島周辺は地元の人たちも出入りをしている場所であります。特に辺野古、久辺3区の方々もあそこは利用している場所でありますので、許可を得たかということなのですが、普段の生活では許可を得ていない場所です。ただし今回、日本自然保護協会が許可を得たかということのお尋ねですが、私はそこまで把握しておりません。新聞に載っていたとおりのことだと思います。

那覇市議会 2017-09-13 平成 29年(2017年) 9月定例会-09月13日-06号

世界を破壊するほどの大量の核が持ち込まれ、演習で住民が殺され、婦女子が辱めを受ける、イノシシに間違えられて射殺される、青信号で渡っている住民が米兵車両にひき殺されても米兵は無罪になるなど、住民は虫けらのように扱われてきました。  その基地の島沖縄の実態を極秘文書や当時の関係者の証言であらわにした10日のNHKスペシャル「沖縄と核」は本当に衝撃でした。  

那覇市議会 2016-12-22 平成 28年(2016年)12月定例会-12月22日-付録

4 民間地上空での米軍航空機の飛行と演習の中止など、抜本的再発防止策を講ずること。 5 海上保安庁、関係機関自治体事故現場への立ち入り調査、事故原因の徹底究明、関連情報の公開を速やかに実施すること。 6 米軍優遇の日米地位協定を抜本的に改定すること。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。  

那覇市議会 2016-12-22 平成 28年(2016年)12月定例会-12月22日-07号

4 民間地上空での米軍航空機の飛行と演習の中止など、抜本的再発防止策を講ずること。  5 海上保安庁、関係機関自治体事故現場への立ち入り調査、事故原因の徹底究明、関連情報の公開を速やかに実施すること。  6 米軍優遇の日米地位協定を抜本的に改定すること。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。  平成28年(2016年)12月22日、那覇市議会。  

那覇市議会 2014-08-22 平成 26年(2014年) 8月臨時会-08月22日-01号

米軍占領下の1970年12月31日の大晦日、私が高校3年生の時、国頭村の山中で、米軍の実弾射撃演習の実施計画がありました。  私は、故郷安田区の住民と着弾地点である伊部岳に座り込み、のろしをあげました。  発射地点では、保守国頭村長であった山川武夫さんを先頭に、多くの村民、支援の県民らが米軍と対峙し、米軍の実弾射撃演習を阻止しました。  

那覇市議会 2014-02-25 平成 26年(2014年) 2月定例会-02月25日-03号

次に、(2)日本経済と景気という項目の中で、きょうも米韓の軍事演習がありまして、北朝鮮を刺激しておりますね。そういう意味では非常に緊張感のある東アジアの中におきまして、尖閣列島の問題もありますが、「中国や韓国との間でくすぶる外交的な対立が気がかりです」とあります。  具体的に市長はどう気がかりなのか、対中国、対韓国への外交的見解を伺います。  

那覇市議会 2013-09-12 平成 25年(2013年) 9月定例会−09月12日-03号

ハワイでの演習中止は、ハワイ初代国王カメハメハ国王のお墓があるということなんですね。歴史遺産がある、環境問題にも引っかかるということで訓練計画を中止した経緯があります。  皆さんも御存じかと思いますけれども、2004年に沖国大にヘリが墜落いたしました。これは元宜野湾市長の伊波洋一さんが、訪米の報告会をしている真っ最中にヘリが墜落したんです。

那覇市議会 2013-08-14 平成 25年(2013年) 8月臨時会−08月14日-付録

記 1.民間地上空での米軍航空機の飛行と演習の中止など、抜本的な再発防止策を講ずること。 2.自治体、関係機関事故現場への立ち入り調査、事故原因の徹底究明、関連情報の公開を速やかに実施すること。 3.日米地位協定の抜本的改定を図ること。 4.オスプレイの追加配備を中止し、直ちに全機撤収すること。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    

那覇市議会 2013-08-13 平成 25年(2013年) 8月臨時会-08月13日-01号

1.民間地上空での米軍航空機の飛行と演習の中止など、抜本的な再発防止策を講ずること。  2.自治体、関係機関事故現場への立ち入り調査、事故原因の徹底究明、関連情報の公開を速やかに実施すること。  3.日米地位協定の抜本的改定を図ること。  4.オスプレイの追加配備を中止し、直ちに全機撤収すること。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。  

那覇市議会 2012-09-14 平成 24年(2012年) 9月定例会-09月14日-06号

国頭村では、復帰前の1970年12月31日、おおみそかに、米軍が強行しようとした実弾演習を着弾地点に座り込み、発射地点では当時の山川武夫村長を先頭に、多数の村民が体を張って米軍と対峙し、阻止しました。国頭村民は、あの米軍占領下で米軍に勝利したこの闘いを大変誇りに思っています。伊部岳の入り口には、米軍実弾演習阻止闘争の記念碑を建立しています。

那覇市議会 2012-06-25 平成 24年(2012年) 6月定例会-06月25日-付録

空軍のオスプレイは、14日(日本時間)に米国フロリダ州演習場で墜落したばかりで、4月には、米海兵隊のオスプレイが北アフリカモロッコで墜落し乗員2人が死亡している。このように、2カ月間で2度も墜落するのは極めて異常で、オスプレイが最も危険な欠陥機であることは明らかである。