782件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那覇市議会 2019-12-12 令和 01年(2019年)12月12日総務常任委員会(総務分科会)−12月12日-01号

この市道は業務系の車両とか大型車両の交通量が多い港湾地区の主要道路となっておりますけども、経年変化によって舗装面の損傷であるとか、劣化が進行しておりまして、走行の安全性や快適性に支障をきたしている状況で、平29年度から路面補修事業に着手しているところなんですけども、今年度の工事予定箇所につきましては、残念ながら国庫補助金の対象外となったことから、歳入減額のア 国庫支出金のa.社会資本整備総合交付金、

那覇市議会 2019-10-16 令和 01年(2019年)10月16日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−10月16日-01号

その翌18ページの1つ目のところは、「那覇港湾施設組合」じゃなくて「那覇港管理組合」なので、用語が間違っているので、ここは那覇新港周辺に那覇港管理組合自体があるのにそこのことが抜けているのはおかしいという指摘だったと思うので、そこについてはお願いします。  先に一旦、そこは明らかにちょっとあれだったので、以上です。 ○委員長(前泊美紀)  ありがとうございます。  

那覇市議会 2019-10-03 令和 01年(2019年)10月 3日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−10月03日-01号

A那覇港湾施設の跡地利用の検討が進められているという記述。  B空港南地区の新たなまちづくりが始まっていますという記述がございます。  次のページ、174ページに地域の将来像ということで、空港港湾地区と隣接する地域の特性を活かし、物流・流通・商業観光情報機能の集積する地域の形成を進めますということであります。  

那覇市議会 2019-09-30 令和 01年(2019年) 9月30日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月30日-01号

公園広場・緑・水辺の部分でも、天久緑地、あるいは安謝川、港湾などの水辺の親水プロムナードの創出を促進するとか、豊かな湧き水によって育まれた坂中樋川などの地域に残る水辺空間は、水辺周辺の緑地の保全を促進しますという記述をしております。  次に、■景観・眺望につきましては、夕陽が美しく映え、魅力を感じるウォーターフロントの景観形成を図りますなどを記述しております。  

那覇市議会 2019-09-27 令和 01年(2019年) 9月27日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)−09月27日-01号

例えば下から3行目のほうで、「末吉から望む首里杜一帯、がじゃんびら公園から望む港湾エリア」といった眺望景観に関する記述をしております。  続きまして48ページは、5−2地域の個性を活かした多様な空間が織り成す景観づくりということで、多様な空間の景観づくりを記述しております。  

那覇市議会 2019-09-25 令和 01年(2019年) 9月25日都市建設環境常任委員会(都市建設環境分科会)-09月25日-01号

次に、第21款市債、第4節港湾債。これは那覇港管理組合への補助金の一般財源分に充当する市債であり、充当率100%となっております。  次のページをお開きください。  3ページからは歳出でございます。  第2款総務費、那覇市都市モノレール整備基金積立金。これは沖縄都市モノレール株式会社が行うモノレール建設事業に対する貸付金、補助金などの財源充当のための基金積み立てであります。  

那覇市議会 2019-09-10 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月10日-04号

観光客や外国人に係る危機管理対策を推進するにあたっては、情報多言語化の環境整備やボランティア・NPO等との連携体制の構築などに取り組む必要があり、また、空港港湾、大規模集客施設では、施設避難確保計画に基づく環境整備や避難訓練の実施など、施設利用者の安全確保に向けた自発的な取り組みを促進していく必要があります。

那覇市議会 2019-09-09 令和 01年(2019年) 9月定例会−09月09日-03号

那覇軍港の浦添移設については、平成13(2001)年11月に、当時の浦添市長が新たな造成地をつくることによる経済的発展、財政的発展、政策的な実現を図るため受け入れを表明し、同年11月に国、県、浦添市、本市などを構成員とする那覇港湾施設移設に関する協議会が設置され、これまで25回にわたり開催されております。  

那覇市議会 2019-09-02 令和 01年(2019年) 9月定例会-09月02日-01号

那覇港港湾管理者から、令和元年7月12日那覇港管理組合諮問第1号により、那覇港(新港ふ頭地区)の公有水面埋立について意見が求められています。  公有水面埋立免許願書に関する意見については、公有水面埋立法第3条第1項の規定及び港湾法第58条第2項により、那覇港港湾管理者は、埋立区域に係る市町村長である那覇市長の意見を求めることとなっております。  

那覇市議会 2019-08-30 令和 01年(2019年) 8月30日総務常任委員会(総務分科会)−08月30日-01号

平和交流・男女参画課長(濱川毅)  私のほうからは、那覇港湾移設に関する協議会につきましてご説明させていただきたいと思います。手元のほうに、那覇港湾移設に関する協議会の開催状況という形で資料を配付しております。  こちらの開催状況の中で、移設に関する協議会につきましては左側の部分になります。

那覇市議会 2019-06-24 令和 01年(2019年) 6月24日建設常任委員会(建設分科会)−06月24日-01号

陳情の内容としましては、この小舟だまり場にトイレがなくて、現状では300メートル離れた公園のトイレや、500メートル離れた港湾のトイレを使用している状況であり、小舟だまりへの公衆トイレや足洗い場の設置を要望するという内容でございます。  現地の状況を写真を撮ってまいりました。このA3の資料の、左のほうが拡大した図面で、ちょうど真ん中あたり、新港小舟だまりとあります。

那覇市議会 2019-03-15 平成 31年(2019年) 2月定例会-03月15日-付録

────────┐ │順│  氏  名  │       │                      │ │ │       │発 言 事 項│     発   言   要   旨     │ │位│ (会 派 名) │       │                      │ ├─┼───────┼───────┼──────────────────────┤ │1│桑 江  豊 │ 那覇港湾施設

那覇市議会 2019-03-13 平成 31年(2019年) 3月13日予算決算常任委員会-03月13日-01号

とん税は国庫に入り、特別とん税は港湾施設が設置される市町村へ譲与されるもので、外国貿易船ということで承知している。経済の動きが活発化し、外国からの貿易船の入港がふえているという実績からの見込みや、対前年度比率の伸び率などについて勘案して約4,200万円を計上し、対前年度比で2,200万円の増を見込んだとの説明がありました。  

那覇市議会 2019-03-08 平成 31年(2019年) 3月 8日建設常任委員会(建設分科会)-03月08日-01号

3ページ目に戻りまして、8款土木費の港湾費6億1,734万1,000円で、対前年度比較で5億5,144万2,000円の減となっております。これは主に那覇港総合物流センター整備事業の完了に伴い、減となっております。  次に、8款土木費の都市計画総務費は2億2,618万2,000円で、対前年度比較で12億1,986万1,000円の減となっております。